緑の館のマギー

嬉しい事も悲しい事も、
緑の館の落ちこぼれ妖精、
マギーのきらきら愛千パーセントの日々を綴ります。

肝腎要

2016-08-31 19:14:24 | 日記
檜が入れてくれた有線放送のアプリ。
マギーが青春時代に好きだった(今も)歌手のチャンネルがあって、
家の中、iPadを何処でも持ち歩いて聴いている。
懐かしさと同時に人生の衰退をも感じる。

人生の衰退が嫌だって言うんじゃないのよ。
よくぞここまで諦めずに生きて来たなって苦笑いしてる。
世間に背中を向けたり、物事を斜めに見たり、可愛くないマギーだったよ。

昨日、二ヶ月ぶりの肝臓の診察に行った。
これまでよりずっと長いエコー検査。
それも、途中で人が変わって、また最初から。
後のいつもの主治医の話から察して、肝臓の他に腎臓の専門医もエコーを見たのね。
正に、肝腎(あえてこの字)要に不都合がマギーの体内で起きてる。
今年は台風も妙な動きをしているし、あなたも充分体に注意してね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月30日(火)のつぶやき

2016-08-31 04:29:36 | 日記
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月29日(月)のつぶやき

2016-08-30 04:27:41 | 日記
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月28日(日)のつぶやき

2016-08-29 05:06:00 | 日記
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月27日(土)のつぶやき

2016-08-28 04:31:27 | 日記
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月25日(木)のつぶやき

2016-08-26 04:25:37 | 日記
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月24日(水)のつぶやき

2016-08-25 04:31:43 | 日記
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月23日(火)のつぶやき

2016-08-24 04:29:52 | 日記
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月22日(月)のつぶやき

2016-08-23 04:33:28 | 日記
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

An Amazing Maze

2016-08-22 11:23:02 | 日記
小学校の修学旅行で訪れた県で、そこの県立盲学校と交流会をしました。
そこの盲学校の先生とマギー達を引率した先生とが友達だったんですね。
そう言う機会に恵まれたのは、後にも先にもマギーのクラスだけだった様です。
子供達はお互いの暮らしぶりを発表し合い、
その後幾つかの小グループに分かれて、ゲームなどしました。

文通(懐かしい響きでしょ?)を始めてしたのも彼等とでした。
マギーの相手は男子2人、女子1人でしたが、
学校を卒業する二十歳過ぎまで続いたのは、その中の女子だけとでした。
それでもお互い社会人になってからも、年賀状だけは交換していました。
それも何時しか途絶え、お互いこの年になりました。

マギーは12年前、生まれ育った近畿地方から、
当時のペンフレンドのいた県の隣のこの地に嫁いで来ました。
ペンフレンドの女子とは、点字図書館の新年会で偶然再会。
彼女はあれから、お姉さんと一緒にこの県で暮らしていました。

そして、また新たな偶然がありました。
先々月、檜の後輩とその後輩の友達とでコンサートに行きました。
後輩の友達の名字がマギーの耳には懐かしかったんだけど、まさか。
コンサートの後、4人で食事したテーブルで、
昔のペンフレンドの話をしてみました。
そしたら彼が、もしかしたらそれは彼の父親かも知れないって。

昨日、檜の携帯に彼と彼のお父さんとで電話して来ました。
そうなんです。 その通りです。
マギーの時代には学齢より数年遅れて盲学校に入学する人が当たり前にいて、
ペンフレンドの男子もそんな1人で、マギーより年上だったんですね。
マギーより16歳下の檜の、数年後輩の友達だから、
その父親があのときの小学生でも不思議はありません。
おまけに、そのペンフレンドは今、この市の隣の市に住んでいるそうなんです。
目の見えない人達の特殊な狭い環境とは言え、縁(えにし)ですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月21日(日)のつぶやき

2016-08-22 04:34:57 | 日記
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今朝6時20分前のマギー

2016-08-21 06:39:29 | 日記
朝です。
起きて来ました。
殆ど無風。
窓全開して暫く経ってから、のろのろと部屋の空気が動く。
忍び寄る外気が、昨日より心なしか涼しく匂いも違う。
秋なんですね。

見た目はけっして美しくないかも知れないけど、
ヘアブラシを1回上から下へ下ろしただけで、
睡眠中の縺れた髪が真っ直ぐ背中へ垂れるこの感じが好き。
洗面所の小さな窓に鳥や車を聞きながら、
ブラシを静かに何度も上下させる。
何も思い煩う事のない優しい朝です。
この後何が起きるか、何も考えたくない朝です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月20日(土)のつぶやき

2016-08-21 04:33:43 | 日記
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月17日(水)のつぶやき

2016-08-18 04:34:33 | 日記
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月16日(火)のつぶやき

2016-08-17 04:34:56 | 日記
コメント
この記事をはてなブックマークに追加