緑の館のマギー

嬉しい事も悲しい事も、
緑の館の落ちこぼれ妖精、
マギーのきらきら愛千パーセントの日々を綴ります。

ノッペルガー?

2017-07-12 18:23:19 | 日記
その女性の事は随分前から知っていました。
盲人界ではそれなりに名の通った歌手でした。
その澄んだ歌声で視覚障害への理解を求める啓蒙活動をしていました。

彼女が神戸のボランティア団体に呼ばれた時の話です。
「あれ?! 実はマギーちゃんだったの?!」
と数人が囁くほど彼女はマギーにそっくりなんです。
それを聞いて、彼女に会ってみたいなとこっそり思っていました。

ここに引っ越して来て、初めてこの地域の盲人会に参加したとき、
「百合(仮名)さん?」って、桜が駆け寄って来ました。
同窓生で仲良しの桜が見間違うほどだから、本当にそっくりなんですね。
百合さんとマギーとで舞台に立たせたいってのが、桜の夢なんですて。
それができないのは、生活環境と心の病気の為に、今は活動してないからですって。

昨日、大学病院に付き添ってくれたブーゲンビリアが、
家族と滋賀に遊びに行った時に偶然見掛けたのが、もしかしたら…。
マギーよりは短めの髪で、マギーと同じ白い鞄と白杖で。
「こんなとこまで来て、何しとんだろう?」
と一瞬、ブーゲンビリアは声を掛けそうになったとか。

あなたのそっくりさんが三人いるとか七人いるとか、よく言われますが、
我こそはマギーにそっくりと思うあなた、手を挙げてくれませんか?
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月11日(火)のつぶやき | トップ | 判官贔屓 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。