酒タバコ肥満撲滅委員会

市民マラソンを楽しみながら、酒とタバコと肥満は嫌いだ、と呟く日常をうだうだと。

Rradikaで録音ができなくなった場合の対処

2016-10-15 17:44:30 | Weblog
ラジコがタイムフリーになって仕様が変わったようで、Radikaでエラーが出て録音不能になった場合は、次を試してみると直るかもしれません。
Radika1.71、Windows7の場合です。


まず、こちら。
http://wispblog.tree-web.net/data/1/page_1_3035.html


続いて、こちら。
http://www.lifewithunix.jp/notes/2016/10/11/radiko-time-free-function-make-down-radika-play-record/



どうしてもうまくいかない場合は、逆転の発想はいかがでしょう?。
Radikoのタイムフリーを使って、過去の番組をPCで再生しながら録音するのです。

まずMoo0 ボイス録音器 1.43をダウンロードしてインストールします。
http://freesoft-100.com/review/moo0-voice-recorder.html

次にRadiko公式サイトでタイムフリー機能で再生させながらMoo0で録音するのです。
Moo0の設定パネルで終了時刻パネルを表示させ番組の長さを指定してやれば、番組再生終了とほぼ同時にMoo0も止まってくれます。

ただし、タイムフリー機能は1番組に3時間しか使えないそうですので、3時間以上の番組は3時間までしか録音できないと思います。
また、3時間未満の番組でもその番組を再生し始めてから3時間経つと再生できなくなるようですので、途中で止めたりして3時間が経過したらもう聴けないようです。
(これは録音しなくても同じで、要するに1番組を再生し始めてから3時間以内しかその番組は再生できないそうです。休み休み聴いているうちに3時間けいかしたら、そこで終わりだそうです)

また、Moo0はPCから出る音すべてを録音します。
スピーカー音量を0にしてやれば無音で録音できますが、録音中にPCで音楽や動画再生などをすると、当然ですがそれの音もかぶって録音されます。
ビープ音も同じですので、録音中は気をつけて下さい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 消防乙6,試験結果 | トップ | 高島平ロードレース、今年で終了 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。