酒タバコ肥満撲滅委員会

市民マラソンを楽しみながら、酒とタバコと肥満は嫌いだ、と呟く日常をうだうだと。

便利すぎるネット通販が怖い

2017-08-05 20:03:00 | Weblog
ネット通販が便利になりすぎています。

先日、ヨドバシカメラである商品を取り寄せてもらったのですが、店舗に出向いて手続きして配送してもらいました。
電車賃と配送料がかかるので、お店の人はネットで注文したほうがお得ですよと言っていましたが、事情があってそうせざるをえなかったのです。

それはそれでいいのですが、送料無料という今のヨドバシのネット通販はすごく便利ですけど、配送料などが削られてこの安さになっているんだろうと思うと恐ろしい。
配送の人などに無理を押し付けているそのツケは、やがて私たちに戻ってくる気がするのです。
もちろん、それを使って便利さを享受している私に何かを言う資格はないのですが。

最近は歳のせいか胃薬を服用することが多いのですが、近所のドラッグストアよりヨドバシのほうが安いんですよ。
個人営業の薬やならともかく、チェーン店の薬屋よりもヨドバシのほうが安い。

洗濯洗剤だってアマゾンで買ったほうが安い。
定期お届けにすれば2000円以下でも送料無料になったりします。

安くて便利なのは本当に助かります。
でも、これじゃ小売店は生き残るのが難しくなるのは素人目にも明らか。
お惣菜のようなものはともかく、それ以外のほとんどのもの(急いで買いたい物や手にとって選びたいもの以外)は、アマゾンかヨドバシで買っちゃう生活がすでに始まっているのです。

使っておいて勝手な言い分ですが、この便利さのツケは自分に戻ってくる気がして怖い。
近所から小売店がどんどん消えていく日が来るのかもしれない。

「ならネット通販を使うな」と言われそうですが、近所で1900円の胃薬が1500円で買えるのなら、やっぱりネット通販を使っちゃいます。
めったにないことならともかく、日常的なものだと積み重ねると大きいですからね。


ただ、私はバイクの車検だけは高くても近所のバイク屋さんにお願いしています。
たぶん安い店と比べたら1.5倍以上は高いはず。
しかもカードも使えないという不便さ。
おまけに時間もかかったりします。
でも、いざという時に相談できるお店が近所にあったほうがいいことと、少しでも売り上げに協力しないと小規模なバイク屋さんは潰れて無くなってしまうのでは。

私の中では洗剤や薬は安けりゃ安いほうがいい、でも趣味のバイクはバイク業界のためにも(大げさだけど)安さだけを追求するのは避けたいのです。
町からバイク屋さんがなくなったら、ライダー人口はますます減る一方。
中古車を買うときは専門の大きな店に行かないと希望するバイクが手に入らないから仕方がないけど、買ってからのメンテは町のバイク屋さんを使うようにしています。


私は高校生の頃、配達のバイトをしていました。
郵便局やデパートのお中元類の配達です。
雨の日も風の日も配達、クリスマスの夜遅くまで配達したこともあります。
昔は不在なら隣に預けるなんてのが普通に行われていましたし、時間指定配達などなかった。
今よりも単身世帯が少なかったから不在ということも少なかった。
それが今は・・・。

安さ優先でネット通販を使うたびに、この便利さのツケは先々自分に返ってきそうな気がするのです。
この便利さは、低賃金や過酷な労働によって成り立っているのでしょうから。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 建て替え計画再燃の兆し | トップ | 貯金額で負担が変わる・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。