メルマガ「startv」の情報交換

メルマガ「startv天文TVと天文情報」の作者(ホシマル)と
読者をつなぐBLOGです

地球温暖化はただしい!? 陸

2017-05-17 14:23:58 | Weblog
江守 正多さんの反論はつづきます...

指摘3「過去の自然の気候変動を無視している」
懐疑派のこの指摘に対して、
気候モデルを用いて過去1000年の気候変動を再現する研究が世界中で行われている。
現在の温暖化が過去の自然変動の延長ではないか,という素朴
な問に対しては,根拠を持って否ということができる

意見3
とまとめていますが、これも「気候モデル」という不思議なものですね
どんなデータや計算式なのか?まあ太陽は赤外線を出していないという
データでできているのでしょうが...
ちなみにTVでも有名な元NHKの某池上さんは「温暖化」については曖昧
にしていますね。気象現象についてはどれも「温暖化でも起きること」
としていますが「寒冷化でも同じ現象(集中豪雨・巨大台風など)」は
起こると説明しています



指摘4「クライメートゲート事件」
なぜ研究者たちはデータの改ざんや公開拒否などを
行ったのだろうか,と思うかもしれない。実は,彼らは
データの改ざんなど行っていない
他にも『不都合な真実』でも紹介された「クーニー事件」などなど
を、指摘・擁護している

意見4
これは懐疑派が持ち出したあげ足取りだといいたいのだろう
もちろん、私は気にしていないしこの議論自体が温暖化を信じる・信じない
に関係ないところになっている。科学的に論じようではないですか



さらに...
指摘5「議論のまとめ」
最初の方で述べた,筆者が「常識者」対「反常識者」の論争の構図を
好まない。温暖化の科学の真偽をめぐって科学的な議論を深掘りすることは
もちろん重要だが,それが結果的に一部の政治勢力の片棒を担いでしまう
可能性については,十分に自覚的でありたい

意見5
さて、懐疑派が科学的な議論よりも、政治勢力の片棒を担いで...
は科学的検証から逃げてしまっています
地球温暖化も中心的組織のIPCCこそ、政治と経済の都合で成り立っている
国際組織で、一部報告書は書き換えをドイツなどに迫られ、事実よりも
国の威信が重要になっているといえる組織です
(ドイツは「炭素税」でCO2対策にしているのに、2000年以降は気温が上がっていない
という報告書の発行はまずいと拒否権を発動!と聞きます)


総合的な意見
温暖化は理論そのものが事実と異なっており、CO2がどうやら原因ではない
といえる。本当に温暖化していて、それが問題だというなら、真の原因を
突き止めて、対策を取るべきである。その点で言えば、江守 正多さんたちは
地球温暖化を防ごうとはしていない...むしろ真の原因を突き止めようとする
ことを妨害する側である。
そして、温暖化論者は信仰ともいえる状況であり、自分たちを否定する人たちを
地球の敵とみなし、話も聞こうともしない状態。
さて...〇〇〇真理教がサリンを蒔いた後、信者たちを改宗させるのは大変
だったようだが...今でも信じている人たちも居るからね
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地球温暖化はただしい!? 伍 | トップ | p.s.地球温暖化は正しい!? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。