竹清勇の囲碁の宝石箱

普段何気なく囲碁に接している時間。
愛好家の方には上達の宝庫だと思い紹介していこうと思いました。

囲碁未来5月号のコラム

2012-12-23 00:30:59 | 囲碁未来

こんばんは。竹清です。

最近は囲碁サロンのほうでも入門の方がたくさん増えてきました。

自信を持って打てる棋力になるまで、スタッフのほうでしっかりとサポートしていきたいと思います。

 

ひき続き日本棋院出版の月刊誌、囲碁未来シリーズです。

以下、囲碁未来5月号の挨拶文より

 

囲碁ファンの方に囲碁の考え方を分かりやすく説明をする方法を以前より考えるようになりました。これは私にとっても囲碁の本質を見直すよい勉強になっています。

先日お風呂につかりながら、これは良い題材になると思いつき、お風呂上りにすぐメモした事がありました。

良い説明が思い浮かんだ後に碁盤を見ると不思議なことに前よりも状況判断がクリアになっているのです。

このシリーズを通じて皆さんと一緒に私も学んでいきたいと思います。

 

自分が囲碁を覚えたときの事を振り返ってみたいと思います。

ルールを覚えたのは小学4年生の時です。父はアマ高段の打ち手で、私にルールから教えてくれました。ただこのときは外で遊びたいさかりなので、父から囲碁に誘われても逃げてばかりいました。

囲碁に打ち込むようになった転機は小学五年生の時に母が病気で亡くなったことでした。家に帰っても迎えてくれるはずの母がいないのが子供心にとても寂しくて・・・。

そんなこともあり、学校帰りには鎌倉駅前の碁会所に通うようになっていきました。碁会所に行くとやさしい方ばかりで、ジュースをごちそうしてくれたり、夕飯につれていってくれたり。

碁ももちろん楽しかったのですが、そういう優しさにすごく助けられた時期でもあります。

今もその当時お世話になった方達と交流があります。

囲碁は一生かけても極められない奥深い魅力があります。そしてその奥深さが人との縁を長く繋いでくれていることも大きな魅力なのだと思います。

私も現在は横浜で碁会所を開いています。

棋士として技術指導はもちろんのことですが、サロンへお越しくださった方達の気分転換になったり、励みになるような場所にしたいと思っています。そうして出来た繋がりが何十年立っても同じものになれば素敵ですよね。


この記事をはてなブックマークに追加

囲碁未来4月号のコラム

2012-11-10 14:44:25 | 囲碁未来

日本棋院出版の月刊誌、囲碁未来に今年の4月号から毎月連載させていただいております。

テーマは「はじめて学ぶ互先の布石です」9路盤は卒業したけれどまだ19路盤の打ち方は分からないという方が対象です。

この範囲は意外と教科書がまだないので編集の方と良いものを書こうと意気投合しています。このブログでも挨拶部分を紹介していきたいと思います。

以下、囲碁未来4月号より

皆さんはじめまして。棋士の竹清勇です。今月号から「はじめて学ぶ互先布石」をテーマに、講座を担当させていたただきます。一方通行にならないよう自分かがはじめて互先を打った時に分からなかったことや、気になったことを思い出しながら、級位者の方と同じ視点で解説していければと思います。

“受講者の視点を意識する”と言えば、一 番考えさせられたのは、小学校に入門指導 へ行った時の事です。難しいと思われがち な囲碁を、どうやって子どもたちに興味を示してもらえるか悩んでいました。 囲碁を楽しく覚えてもらうにはどうしたら 良いのかと・・・。

まずは、子どもたちが興味の有るものを 思い浮かべてみました。ゲーム、アニメ、 クイズなどなど。私は壇上に上がったとき に、難しい話をしに来たと警戒されないように作戦を立てました。そこでアニメの キャラクター帽子をかぶって子どもたちの 前に登場することにしたのです。

いい大人が変な格好!? をしていますか ら、子ども達にとっては「難しそう」と言うよりも、「何か面白そう」という印象を 持ってくれたようでした。講義でもクイズ や冗談を挟みつつ、子ども達が関心のある 話題を織り込みながら講義を進めることを 心掛けました。

そして、それが後々子どもたちの間 で話題を呼ぶことになり、囲碁部のなかった学校に30人規模の囲碁部ができたのです。受講者と同じ視点で話を進める事できれば、こんな可能性もあるのだと、普及の自信に繋がった出来事として印象深い思い出です。もしあの時独りよがりに難しく碁の話をしていたら、そのあとに囲碁を始めた30人の 子どもたちはいなかったと思います。この時の経験がきっかけとなって、今では教室ごとに世代の関心を考えながら、題材や言葉を良く選ぶようにしています。これからはじめての19路をテーマに楽しく分りやすい講座に出来ればいいなと思っております。どうぞよろしくお願い致します。

(2007年に小学校で行った入門教室、当時の写真です。左は横浜囲碁サロンの席亭・藤森稔樹さん)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加