Ru アールユー

 北海道の観光・グルメ・イベントの紹介、
 テレビで紹介された商品も掲載しています。

【マツコの知らない世界】マツコの知らないケータイ充電器の世界 5月16日放送

2017年05月16日 | マツコの知らない世界

2017.5.16のマツコの知らない世界では、
外出先で使える!ケータイ充電器の世界>を徹底解説しました。
気になる商品があるのでこのブログでも紹介します。





-------------------------------------------
RAVPower RP-PB060
-------------------------------------------

コンパクト型なのに、6,700mAhの大容量スマートフォン用モバイルバッテリー




-------------------------------------------
MIPOW Power Tube 2600 m
-------------------------------------------

iphone約1回分の充電が可能。女性に大人気のスティック型モバイルバッテリー。
スマホにつなぐコードが一体化になっているのが◎




-------------------------------------------
Anker PowerCore 20100
-------------------------------------------




-------------------------------------------
スマホ冷却ファン
-------------------------------------------




-------------------------------------------
BioLite キャンプストーブ2
-------------------------------------------

たき火で発生した熱を電気に変換してファンをまわし、燃焼効率を上げるキャンプストーブ。ガスやガソリンなどを使わず小枝などの自然燃料を活用して、強力で安定したたき火や調理を楽しめます。
前モデルに比べ発電量が1.5倍になり、より安定した蓄電が可能になりました。発電した電気は本体に蓄電され、たき火をしていない時にも電子機器に充電できます。4段階の風力調節機能と発電量、風力蓄電量が一目でわかるLEDのインジケータと、USBポートにつなげて手元を照らせるフレックスライトつき。



-------------------------------------------
THANKO スマホ無くさない!探せるモバイルバッテリー
-------------------------------------------

「忘れ物防止アラーム」「呼び出しコール」「モバイルバッテリー」「リモートシャッター」4つの機能が1つになった便利アイテムです。専用アプリ(iOS、Android)をお使いのスマートフォンにインストール後、本体とBluetoothでペアリングしてご利用いただけます。




-------------------------------------------
JBL CHARGE3
-------------------------------------------

JBLブランド初のIPX7に対応し、万が一の水没にも耐える高音質Bluetoothスピーカー。
大容量バッテリーは、モバイルバッテリーとしても利用できるので、外出先でバッテリーを気にすることなく音楽を楽しめます。




こちらのバナーから過去の記事が見られます。



最後までお読みいただきありがとうございます。
クリックしていただけると嬉しいです。
テレビ番組 ブログランキングへ
『テレビ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【まちかど情報室】フィンガ... | トップ | 【WBS トレンドたまご】on... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。