知的障害者について考えよう

知的障害者施設職員をしていて思うこと考えることをいろいろと・・。同時に世間の理解を深めていきたいと思います。

社会の底辺を支えているのは誰・・・?

2017年06月19日 | Weblog
小学生に社会の仕組みを教える際、「世の中にはどんな仕事があるのでしょう?」という質問をします。(元小学校講師経験者です)


そして、いろいろ調べてみると、確かに様々な仕事が存在し、大人でも知らなかった世間の社会構造が、垣間見られます。




最近、今の仕事をしていて、そんなことを、ふと思いました。



今年度に入り、今勤務している共同作業所の納品の係になり、毎日様々な会社や工場等へ完成した品物を納品に行き、また新たな品物をもらってきます。(これが、今パートの仕事なのか?と、同じ作業所のメンバーさんに言われた部分でもありますが・・・非常に大事な仕事ですよね。)



その際に、各工場や会社等でその場所の責任者の方とも話するのですが、いろいろな部品や材料、基本的な製品等を見ながら、これが完成品になればどんな感じなのかな?と、メンバーさんとも話が盛り上がります。

例えば、電気製品の基本的な部品の組み立て(それ以前のものも多いです)や各お土産品のパッケージの組み立て(箱が主ですが)、最近では神社等のお守りの袋入れもしています。


最終的には、その品物の価格は決められるんでしょうが、ここで行っている作業の工賃は、ほんのわずかです。(1円に満たないものもあります)



私たちがこうして組み立てたものを、さらに次の工場や会社で仕上げて、最終的に完成品として、世の中に出回る訳です。


そう考えると、この工程での私たちの工賃は、適切なのか?と疑問は感じます。この基本作業がなかったら、この商品は世の中に出て行かない可能性もあります。誰かがこの工程をやる必要があるのですから・・・。



以前に、IT系の有名な方が、「底辺の仕事はコンピューターか海外の移民者に・・・」なんて、世間知らずの意見を言っていた人がいました。


それは、小学生でも考える仕事の多様さを知らないバカですが、納品から帰ると、その入っている箱が中国製(中国語で書いてある)のものが増えてきました。
過去には、中国製の品物が多くなった・・・と感じていたのですが、逆に私たちが、今中国の下請け的な仕事をしているのかな・・・という気がしました。


労働力という意味では、確かに中国の方や東南アジア系の方が多くおられると思いますが、むしろ障害者は、そのもっと下の部分で(低賃金で)働いていたのかも・・・という疑問を感じました。

現在の仕事内容や、工賃の安さ、障害者の得ている地位等、すべてが底辺層なのか・・・と。


そういう支援している私たち職員も、(福祉職は)底辺層の仕事とも言われます。
だから労働は厳しくても、給与は安い・・・



社会を支えているのは、政治家ではなく、こういった労働者(障害者も含めた)であることを、実感します。



・・・かといって、社会主義がいいかというと、それも問題ですが・・・。(若い頃はそれがいいと考えていた時期もありましたね。)



いろいろ考えてしまいます。さて、今日も朝から納品に行ってきます。パートですが・・・(笑)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福祉系施設の就職フェア | トップ | 台風が来ました。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。