知的障害者について考えよう

知的障害者施設職員をしていて思うこと考えることをいろいろと・・。同時に世間の理解を深めていきたいと思います。

福祉系施設の就職フェア

2017年06月17日 | Weblog
今日、京都市内で「FUKUSHI就職フェア・福祉職場リレートーク」が開催されました。


いわゆる、基本は来季新卒大学生に対する福祉系施設の就職説明会ですね。今年は40施設が参加したようです。



元、勤務していた施設が参加していませんが、確かに新卒学生にとって魅力ある施設とは言えないですね(笑)。 
それは、私のような事件があったからと理由ではなく、福祉系の施設である本来の志もなく、ただ単に毎日を無駄に過ごしている施設だからです。周りの施設は、ほとんどが様々な方向性を模索し、前向きに取り組んでいる中、何も考えない怠慢な施設長や、自分の立場だけを守ることに専念しているような部長職が、のさばっている施設だからです。

まあ、悪口になっているので、これ以上はやめますが、グループホーム・ケアホーム、新たな仕事の模索、外部業者との連携、他の施設との連携、福祉業界の発展のための努力、職員の資質向上の努力・・・等々、各施設は様々な取り組みをされています。


しかし・・・
何の苦労もしていない施設長は、バカな管理職の助言で、下手な行動を起こしません。

すでに入所されている方々は、それでも現在の生活が充実していれば、それで問題ありませんが・・・


福祉業界は、日々変化しています。それを感じられずに、うちにこもっていれば、世間の流れにのらずに、確かに平々凡々の生活は出来るでしょうが・・・




この就職フェアに参加された学生さんは、口を揃えて「目的を持って進まれている施設には興味があります。」等言っています。


実際には、新規学生は、ほとんどが他の業種に流れていきますね。


未だに、労働の厳しさ、給与の安さ、時間的な制約等、他の業種にはない、マイナス点が多々あります。本当にこの業界(福祉)に燃えて、こういった人たちのために・・・といった志がない限り、こういう業種に就職するのは難しいですね。




前の職場も、以前なら元実習生や、地元との交流で知った(地元の若い方・・・小学生等)方々が、数年後にこの施設がいいと言って、勤務してくれるパターンが多くありました。
私たち職員も、それが本来の福祉施設への理解の深まり・・・と信じ、行ってきたわけですが、現在の施設長は、そんな歴史は知りませんし、気持ちもありません。

だから未だに、職員不足でなかなか新たに若い方が勤務してくれません(むしろ、中堅クラスが退職していきます)。


リストラされた方や、定年を迎えられた方が、ハローワークにて就職口を探して見つけた・・・という感じですね。


多くの友人から、未だに「求人広告」出してるね・・・と、笑われます。(私は全く関係ありませんが・・・)



福祉業界、今後も困難が待っていますね。余計に人材は大切にしなくては・・・と思うのですが。





先日、私の勤務している施設(共同作業所)で、メンバーの方と話していて、精神障害の方が多いので、元正規勤務されていた方も多く、現在の工賃の安さは嘆いておられますが、今回私の給与の話をすると、あまりの安さに驚かれました(同情されました)。

「あんなに走り回って(納品等?)、仕事頑張っていられるのに、こんだけなんですか?・・・」と。

「まあ、年齢も高い(すでに還暦)し、正規職員じゃあないし、あくまでもパートなんでね・・・」と、話をにごしておきましたが・・・。



私は、長年この業界に勤務してきたため、特にそういった感覚はありませんが(そんなもんだと思ってます)、一般的な業種に携わってきた方には、この業界の給与の安さは驚くことらしいですね。私も、長年の間に、感覚がマヒしてきたのかもしれません。















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サツマイモ作り・・・作業所... | トップ | 社会の底辺を支えているのは... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。