しっとう?岩田亜矢那

神戸で活躍するタレント「あやにゃ」こと岩田亜矢那さんを勝手に応援する非公認ファンサイトですか?

「ロシアゲート事件」からアメリカ国民の目を逸らす為に、トランプは北朝鮮空爆に走る!

2017年05月13日 17時26分36秒 | 社会問題

「シリア空爆」を北朝鮮への牽制と勝手に深読みをして、
トランプを勝手に評価するお目出度い面々がいるが、
前々から一貫して申し上げているように、
トランプ大統領は単なる「お馬鹿ちゃん」である。

シリア空爆はトランプ政権内の親ロシアvs反ロシアの勢力争いの結末。
反ロシア勢力が勝利した結果、親ロシア代表のフリンは大統領補佐官を解任された。
更には大統領選挙中のロシアとの共謀行為を誤魔化すために、
ロシアがバックについているシリアのアサド政権を空爆、
わざわざ「ロシアとの関係は史上最悪」と白々しくコメントを出した。

これでロシア疑惑は万事解決~とお馬鹿なトランプは甘ち考えを抱いていたのであろうけど、
アメリカのFBIやCIAは日本の官僚のように忖度しない。
「トランプ大統領がんばれ!
 トランプ大統領がんばれ!
 TPP離脱良かったです」
等と幼稚園児に宣誓させたりしない。
ドナルド・トランプ大統領記念小学校に土地をタダ同然で払い下げたりしない。

少々話が逸れてしまった。
アメリカでは「ウォーターゲート事件」の例があるように現職大統領へも平気で挑んでくる。

ましてやFBI長官は10年の任期があり、
コミーFBI長官は前政権下に任命された人物である。

トランプ政権にとって命取りとなる可能性がある証拠を握っている可能性が高い、
じゃあ、コミーFBI長官を解任すりゃあいいじゃん。
後任には自分達の意のままとなる子飼いの人物、
日本で言えば黒田日銀総裁、籾井NHK前会長みたいな輩を就けておけば安全。

トランプは馬鹿だから、これでオールオッケーのつもりでいたんだけど、
全米のマスコミは日本の安倍御用マスコミのような奴ばかりではない、
平気で国家権力に挑んでくる。
特別検察官を任命しろ!って声も挙がっている。

となれば、何らかの方法でマスコミやアメリカ国民の目を逸らさなければならない。
軍事国家アメリカがこういう場面で使う常套手段は、外交に目を逸らす、
他の国に戦争をふっかけてナショナリズムを喚起し、
「USA!USA!」そ叫ばせて、国内問題を無かった事にするのである。

シリアはもう使ってしまった。
しかも「ロシアゲート事件」を誤魔化すだけの深刻さがない。
なら次なるターゲットは「北朝鮮空爆」である。
ましてや北朝鮮の後ろ盾は事実上、中国からロシアに交代している、
「ロシアとの深い関係はない」との主張からもピッタリである。

「北朝鮮と対話する」と言ってた事と矛盾するが、
そんな事トランプは気にしない、なにせお馬鹿ちゃんだから。
先日、ノルウェーで行われた米朝非公式会談の事なんで既に忘れている。
いや多分トランプはノルウェーなんて知らない。

これまた余り賢くない「かりあげくん」こと金正恩はこれまでと同じつもりで
「話し合いを有利に進める為の牽制だ!」と弾道ミサイル発射を敢行するようだが、
トランプは「グッドタイミング」とこれを好機と北朝鮮空爆を強行する、
ときっどさんは懸念している。

完全なる持ち出しだった「シリア空爆」と違って、
「北朝鮮空爆」なら東アジア安定の為との名目で、
日本から数兆円単位の軍事費を引っ張れる可能性が高い、むしろ黒字だ。

安倍政権としても憲法改正へ、朝鮮半島危機は大きなフォローの風となる。
別に自分の懐が痛む訳ではないし、10兆円や20兆円なんて安いもんだろう。
何らかのルートで日本の軍需企業へキックバックがあろうし、
それは政治献金という形で安倍政権に還元される。

なんてこったい!
「ロシアゲート事件」は我らが安倍政権には良い事ずくめ!
勿論、アメリカ様に上納する資金は税金から捻出され、また増税となるんだけど、
一般庶民の事なんて知った事ではない。
なにせ一般庶民は共謀罪の対象にならないんだから、
その分、政治家の皆様の為に、休まず働き、税金を納めるのであーる!!

『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 《解説編》意味がわかると怖... | トップ | ガリガリガリクソンは飲酒運... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL