しっとう?岩田亜矢那

神戸で活躍するタレント「あやにゃ」こと岩田亜矢那さんを勝手に応援する非公認ファンサイトですか?

《解説編》意味がわかると怖い話2462 「代用品」

2017年03月13日 09時43分48秒 | 意味がわかると怖いコピペ

元ネタは「鬼子母神」伝説。

鬼子母神は元々、人の子を食べていたんだけれど、
ある日自分の子を隠され、子を失う悲しみを知り、
子を守る神様になったとされる。

その時、人の子の代わりに食べるようになったのが柘榴で、
そこから「柘榴は人肉の味がする」と言い伝えられる。

さて、語り手が言った最後の台詞。
これは柘榴を食べた感想である。

つまり、語り手は人肉を食べたことがあり、
「もっと手軽に人肉を食べれないか?」
と考え、鬼子母神の伝説から柘榴を食べてみた。

『小説』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 〔WBC2017〕侍ジャパン、延長... | トップ | 大阪オートメッセ2017 ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL