しっとう?岩田亜矢那

神戸で活躍するタレント「あやにゃ」こと岩田亜矢那さんを勝手に応援する非公認ファンサイトですか?

〔NHK大河ドラマ〕軍師官兵衛 第31回「天下人への道」 お市の方が内田恭子て。。。

2014年08月03日 20時08分05秒 | テレビのつぼ
オープニングだけで「清洲会議」が終わってしまったのは残念無念。
三谷幸喜が「清須会議」として映画化したくらい面白い場面、
ホントはこれだけで4週くらい放送しても良かったくらいだけど
そんなんしてたら関ヶ原が来年の5月くらいになって、
安倍ポチの息がかかった「花燃ゆ」が放送出来なくなりネトウヨ共がまた騒ぎ出す。

しっかしお市の方が内田恭子て、、、
これでは秀吉の複雑な心境が醸し出せない。
ただ茶々の二階堂ふみはクリーンヒット。
彼女が出てくるだけで「絶対この役の人物はまともな死に方せんな」とイメージ出来るもん。
NHKのHPのキャスト欄でも二階堂ふみの名前があってもウッチーは無いもんな、
出てきて一瞬で賤ヶ岳で死ぬお市の方、
何をどう期待してるか、ようわかるけど、
ならもっと美形だけのモデル系の人でも良かったような。

「秀吉」の時の官兵衛役の伊武雅刀が千利休ってのも面白い。
村重と官兵衛の再会を真上から撮るカット
茶室の狭さ、その圧迫感と緊張感を良く表していた。
利休の奥に秘めた勘違い具合もね。
『ドラマ』 ジャンルのランキング
トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 〔阪神タイガース〕雨天中止... | トップ | 《解説編》意味がわかると怖... »
最近の画像もっと見る

テレビのつぼ」カテゴリの最新記事

12 トラックバック

大河ドラマ「軍師官兵衛」第31回 (日々“是”精進! ver.F)
茶々、秀吉を襲撃… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201408030000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】義風堂々!!疾風の軍師ー黒田官兵衛ー(1) [ 山田俊明 ]価格:626円(税込、送料込)
軍師官兵衛 第31回「天下人への道」 (みはいる・BのB)
大河ドラマ『軍師官兵衛』のお時間です。 あらすじ・・・・
軍師官兵衛 第三十一回 (レベル999のgoo部屋)
「天下人への道」 内容 光秀の討伐に成功した秀吉(竹中直人)官兵衛(岡田准一) 後継者争いで優位に立つ秀吉に一矢を報いようと、 勝家(近藤芳正)は行く末を決める会議において主導権を握ろうとする。 だが秀吉は、勝家を押しとどめることに成功し、圧倒的な優位に...
【 軍師官兵衛 】第31回 「天下人への道」感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
信長のあだ討ちを果たした秀吉(竹中直人)は、織田家の後継者を決める 清洲会議で…
軍師官兵衛 第31回「天下人への道」 (あしたまにあーな)
前回恐ろしいほど速いスピードで明智光秀を破ってしまった秀吉。この物語はあくまで官兵衛を主人公とするものなので、秀吉の周りの出来事はある程度割愛するのは仕方ないことなのかもしれません。そういう意味で今回の賤ヶ岳の戦いでは、官兵衛は軍師らしく兵の進め方を必...
大河ドラマ「軍師官兵衛」生き抜く為に勝つ術31官兵衛見事な采配で勝家に勝利し秀吉は名実ともに信長の後継者となった (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「軍師官兵衛」第31話は光秀に勝利し天下へと大きく近づいた秀吉は清須会議で三法師を担ぎ出して勝家を追い込んだ。しかし勝家は市と婚姻し、織田家を守ろうと必死に ...
軍師官兵衛第31話(8.3) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
清洲会議で信長の孫三法師を織田家の後継者に擁立することに 成功した羽柴秀吉@竹中直人と黒田官兵衛@岡田准一は 賤ヶ岳の戦いで柴田勝家@近藤芳正を撃破、天下取りにまた一歩前進したと 前田利家も佐久間盛政も賤ヶ岳七本槍も語られることがないまま、 賤ヶ岳の戦い...
大河ドラマ「軍師官兵衛」 #31 天下人への道 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
今日は清洲会議です。 一気に秀吉が天下人へと上り詰めます。
軍師官兵衛~第三十一話「天下人への道」 (事務職員へのこの1冊)
第三十話「中国大返し」はこちら。 前回の視聴率は15.6%とズゴーンと落ちている
「軍師官兵衛」 第31回、天下人への道 (センゴク雑記)
大河ドラマ「軍師官兵衛」。第31回、天下人への道。 清洲会議~賤ヶ岳の戦い。 羽柴秀吉と柴田勝家の争い。
【軍師官兵衛】第31回感想と視聴率「天下人への道」  (ショコラの日記帳・別館)
「天下人への道」 第31回の関東の視聴率は、前回の15.6%から上がって、18.
軍師官兵衛 第31回「天下人への道」 (あしたまにあーな)
前回恐ろしいほど速いスピードで明智光秀を破ってしまった秀吉。この物語はあくまで官兵衛を主人公とするものなので、秀吉の周りの出来事はある程度割愛するのは仕方ないことなのかもしれません。そういう意味で今回の賤ヶ岳の戦いでは、官兵衛は軍師らしく兵の進め方を必...