しっとう?岩田亜矢那

神戸で活躍するタレント「あやにゃ」こと岩田亜矢那さんを勝手に応援する非公認ファンサイトですか?

佐久間象山、大村益次郎遭難之碑

2016年10月18日 18時28分07秒 | 近くに行きたい
「遭難」と言っても「八甲田山死の彷徨」のように大雪が降って、
と言う訳ではない、京都の街の真ん中だし。

この碑が建ってるのは知ってたけど、
よく考えると、立て続けに同じ場所でまた。
幕末の暗殺の名所やったんやろか?
当時でもこの辺りは決して寂れた、真っ暗な場所じゃないと思うけどなぁ、
「池田屋事件」跡の居酒屋も直ぐ傍だし。

と思ってちょっと調べてみると、
確かに佐久間象山はこの道端で襲われたんだけど、
大村益次郎はこの地の東側にあった旅館の二階で襲われたそう。
「花神」でもそうやった、そうやった!
池田屋と言い、当時この辺りはかなり治安の悪い場所だったと推察される。
「自称御用改めの強盗団」「幕末のIS」新撰組がでかい面して闊歩していたくらいだし。

しかし
佐久間象山は「先生」
なのに
大村益次郎は「郷」
なのはどうして?

と思ったら
大村益次郎卿
やった。

『京都府』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 瑞泉寺 豊臣秀次公墓所 | トップ | 《解説編》意味がわかると怖... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL