しっとう?岩田亜矢那

神戸で活躍するタレント「あやにゃ」こと岩田亜矢那さんを勝手に応援する非公認ファンサイトですか?

意味がわかると怖い話2492 「なかなおり」

2017年05月14日 20時20分24秒 | 意味がわかると怖いコピペ

ある日の帰り道。 

俺は右側に野口のいない事に少々物足りなさを感じていたが、今はあいつなんていないほうがいい。清々する。 

野口は俺の幼なじみで 
家も近所なのでどこにいっても大抵は一緒に帰路につくのだが 


今日は2人で山奥のひみつ基地に遊びに行っていた時 
ちょっとした些細な事で 
あいつと大喧嘩をしてしまった。 
そして頭にきたおれは 
あいつのコンプレックスなことや、両親がいない事とかとにかく自分でもちょっとやり過ぎかなって思うくらいに暴言を吐き捨てた。 

するとあいつは俺を睨みながらひみつ基地を飛び出していった。 

俺はもしかしたらと思って少しの間そこで待っていたが 
あいつは戻ってこなかった。 

最初はいらいらして、何も思わなかったが 
今になってちょっとやり過ぎたかなと自分でも思えてきた。 

いや 
けどダメだ。 
あいつが悪いんだから 
俺から謝る必要なんて 
なにもないんだから。 

それに 
こういう時はいつも 
あいつから謝ってくる。 

多分今回も・・・ 


と 
そんな事を考えていると 

俺の右ポケットが 
静かに振動した。 

ほら。―やっぱりきた。 

携帯を右ポケットから取り出し 
開いてみると案の定新着メールが一件。 

そのメールはもちろん 
野口からだった。 


――――――――――――― 

件:野口 

SUb:今日はごめんな 

本文: 

今日はすまなかった。 
俺が悪かったんだ。 

いきなりひみつ基地をでていったりしてごめん。 

ところで 
ひみつ基地で俺の携帯みなかったか? 

END 


――――――――――――――― 


やっぱりあいつはいいやつだ。 

俺は心のそこから親友だと思った。 

まぁいつもの事だが。 

俺はひみつ基地をでてからそう時間も立っていなかったし 

距離もそう遠くはなかったので 
俺は仕方なく探しに行くことにした。 


ひみつ基地につくと 
俺はおもむろにその周辺を探し始めた。 

しかし 
携帯は一向に見当たらない。 
サイレントマナーにしているのか 
電話をしても鳴る気配すらない。 

何かがおかしい。 


しばらくして 
俺はあることに気がついた。 

途端に俺は出口へと走りだした。 

逃げなきゃ。 














逃げなきゃ殺される。 

『小説』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 〔旧阪神タイガース〕藤浪晋... | トップ | 〔NHK大河ドラマ〕おんな... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL