しっとう?岩田亜矢那

神戸で活躍するタレント「あやにゃ」こと岩田亜矢那さんを勝手に応援する非公認ファンサイトですか?

〔NHK大河ドラマ〕八重の桜 第30回「再起への道」 萱野権兵衛は山一證券・野澤正平社長か?!

2013年07月28日 18時50分12秒 | テレビのつぼ
これは第二次世界大戦後にも似てますな。
本当の戦争首謀者は適当なダミーを祀り上げて、己はのうのうと生き残り、
ほとぼりが冷めた頃に、また

綺麗事で描いているが、
結局、萱野権兵衛に全部おっかぶせて自分らは維新後上手く立ち回っている。

会社に不祥事が起こった時に、
最高責任者の社長・会長が責任逃れして
何の権限も無かった取締役を代取にして責任をおっかぶせて、会社更生法申請
と思ったらそれさえ許されず、自主廃業に
なんて山一證券とダブってしまう。

会津藩は、斗南藩として辛うじて存続するものの
廃藩置県により藩制度自体が無くなってしまうという皮肉な結果に。

山一證券は、証券業界自体は残っているだけ、まだましか?
山一社員の受け皿となったメリルリンチ日本証券は結局リテール営業部門は日本から撤退してしまったけど。
『ドラマ』 ジャンルのランキング
トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山口県・島根県に「これまで... | トップ | 〔阪神タイガース〕DeNA相手... »
最近の画像もっと見る

テレビのつぼ」カテゴリの最新記事

7 トラックバック

大河ドラマ「八重の桜」第30回 (日々“是”精進! ver.F)
新しい藩名は、斗南… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201307280003/ 【送料無料】NHK大河ドラマ「八重の桜」オリジナル・サウンドトラック II [ 坂本龍一 | 中島ノ...価格:3,150円(税込、送料込)
大河ドラマ「八重の桜」 #30 再起への道 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
会津戦争が終わって、番組のPR方法もちょっと変わってきました。 久々に新島襄の登場です。 一方米沢で反物を売る八重。 時代の動きは止まりません。
八重の桜 第30回 再起への道 (レベル999のgoo部屋)
『再起への道』 内容 八重(綾瀬はるか)は、米沢城下にいた。 米沢藩士・内藤の厚意で、屋敷の離れを借り、 母・佐久(風吹ジュン)義姉・うら(長谷川京子)みねらと暮らしていた。 日々の生活のため反物を売る毎日を送るが、未だに心は癒えず。 そんななか、御家断....
大河ドラマ「八重の桜」信念の人30亡くなった人たちの分も生きねば!八重は生きていく事が闘いだ!と悟るも鉄砲を再び持つ事には躊... (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「八重の桜」第30話は会津戦争から半年が過ぎ八重たちは米沢藩の知人宅に身を寄せる日々を送っていた。その頃江戸から東京となった中会津藩は家老・萱野権兵衛の斬首 ...
「八重の桜」 第30回、再起への道 (センゴク雑記)
大河ドラマ「八重の桜」。第30回、再起への道。 会津藩は斗南藩へ。 米沢藩で新しい生活を始めた八重。
【八重の桜】第30回 「再起への道」感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
尚之助(長谷川博己)は捕虜となり、八重(綾瀬はるか)たちは、米沢藩の知人の家に 身を寄せる。 八重は食いぶちを稼ぐため、反物の行商に励むが、やせ衰えていく佐久(風吹ジュン)のことが 気にかかる...
大河ドラマ「八重の桜」 第30話 あらす... (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
会津戦争から半年----------。時間が一気に動きましたね。公式サイトもトップが変わり『京都編』へと、八重も装いを新たに、銃を置き、近代的な服装へ。日本は明治へ突入。恨み、悲し...