THE GREATEST LOVE OF ALL  この感覚はツインソウル・ツインレイ?!

ある日突然ツインらしき存在に気付いて愕然
一体なんだこの感覚は!とスピな世界へ…内観し日々の気づきを綴ります

京都ひとり旅 東寺

2017年07月11日 12時42分51秒 | 【パワースポット】神社・仏閣・聖地
いろいろ思うところがあり 京都へ プチ修行ひとり旅

夜行バスを降り 京都駅についたら 必ずまず東寺へ
わたしは 弘法大師の大ファンなのであります 
人間だった時の 生き方が素晴らしすぎるし 仏になってからも 文句なしにすんごい存在
てくてく歩くこと数分


途中 伏見稲荷の御旅所があります とても気持ちのよい波動 最初のお参り


大好きな伏見稲荷の神様と 弘法大師と東寺は深いご縁が


到着
ああ 空海の結界だ・・・ わたしはこの場所の空気がとても好き
かつて京都では数々の戦乱が起き 御所をはじめ政治の場所は転々と変わっても 
平安時代から1200年あまり 不動のまま 超然と「教王護国寺」としてありつづける その姿 

大日堂で 生身供が終わろうとしている時間帯に参拝できた
今回は間に合わなかったけど 前回訪れたときは6時台 お堂に上がって仏舎利のお授けを受けた記憶が蘇る
その時は仕事も家庭もツインも 苦しい苦しい時期で・・・ 
いつも身近に感じていた弘法大師の前で 全てを投げ出すような気持ちで祈った
ハートチャクラがものすごく熱いんだけど 慈愛に満ちたエネルギーで 
思いがけない仏縁もあって 涙が止まらなくて
ものすごく癒され 励まされ 
いつも愛され護られ見守られていることを確信できて ここまでこれた

生かされていることへの感謝の気持ちと これからの決意をこめての お参り

国宝大師堂は 現在保存修理中

 
大日堂左隣の仮のお堂では 国宝の弘法大師像ではなく
江戸時代につくられた弘法大師像がおまつりされていて 

ん! この大師…!! 
2015年葵祭で京都に来た折 霊宝館で展示されていた 割とリアルな造形の空海像!
いろいろな弘法大師像があるけど 私がビジョンで視る限りこの像が一番生前の空海の姿形に近いように思える
(彫り出した江戸時代の仏師はチャネラーだったんだなぁ)
あの日あの時 1人で展示室にいるとき ものすごい力強いエネルギーが宿っていて 鳥肌がたって 
思わず振り返って がっつり目が合って 動けなくなって 無言で語り掛けてくれた大師だ!! 

まさか また こんなかたちでお会いできるとは
思わぬ再会にびっくり&感動

うれしい気持ちいっぱいでお堂に上がると ちょうど他の方が出ていくタイミングで
まさかの1人きり にこにこで読経
連れがいないと 遠慮なく 大好きな神仏を自分のペースで拝める
う~ん 今回の京都 何とも清々しいスタート


三面大黒天にお参りし

大師堂と背中合わせの不動堂へ こちらも修繕中

こちらの不動明王像は国宝・秘仏 弘法大師の作で自念仏と伝えられている
大師がご入定のため高野山に向かわれるとき 蓮華門まで見送ったという伝説があるそう
秘仏とされ 平安末期の東寺長者が像の後背を修繕したところすぐ入寂したため 以来一切御開帳がない

生身の人間が目にしたら いくら厳しい修行を積んだ高僧といえど 肉体にとどまっていられない
そういう存在を 激烈に「燃やし尽くす」不動明王を 自分で作り開眼し自念仏として拝み込んだ 
アカシックレコードを読めた空海なら その後の京都がどういう歴史を辿るか 全て見通したうえで
嵯峨天皇から下賜された東寺に 心と不動明王をとどめ置き 高野山へ向かったんだろうな・・・
不動堂の 重厚・漆黒の扉の前 先人たちの強い決意と祈りに想いを馳せる

東寺と対をなしていた 西寺は 跡形もないけど
高圧電流のような強力な結界 不動明王の紅蓮の炎のようなファイアウォールで
邪なものを寄せ付けないし 戦乱や天災があっても その時代の民が力を合わせ 不死鳥のように蘇るんだろうな

拝観開始を待って 金堂・講堂・五重塔へ 

しゃらの お花がきれい なんてやさしいの


お池のかめさん カモさん アメンボさん(なんか久しぶりに見たわ)
人間じゃない他の生き物が のんびりしている姿に なんかすごい 癒される
子どもたちは学校
仕事は平日に有給取って みんながせわしなく働いている間に なんと贅沢な
 
夢かと思う そんな時間
  
「がんばらねばならない」をかなぐり捨て 辿り着いた翌朝 普通に極楽が存在した

食堂で御朱印をいただき 写経
黒焦げ四天王の真ん前の椅子に座り 背筋も伸びる
ご本尊の十一面観音を先達さんを先頭にお遍路のグループがお参りしている

年配の女性の先達さん ビシッとしていて発声も佇まいも只者じゃないオーラが漂っている

世の中スーパーお婆ちゃんがいるものだ!
凄い人を目撃して 良い刺激をいただく

東寺 その存在に ただ感謝
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水無月 | トップ | 千と千尋の神隠し 「いつも... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

【パワースポット】神社・仏閣・聖地」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。