THE GREATEST LOVE OF ALL  この感覚はツインソウル・ツインレイ?!

ある日突然ツインらしき存在に気付いて愕然
一体なんだこの感覚は!とスピな世界へ…内観し日々の気づきを綴ります

ツインの瞳 ひとつの意識

2017年05月03日 21時29分57秒 | ツインの特徴
最近のツインは 自分でも吹き出してしまうくらい 同じ瞳のエネルギー
レイ友と有名人のお相手も ビックリするくらい 同じ瞳をしている

マンガの「風の谷のナウシカ」第3巻87ページ 
セルムと初対面で『この少年のまなざしはナウシカにそっくりだ』と目を見張る
ユパみたいな気分 

思わず二度見してしまう
本当に ふたごみたいだ!!

目を見たときに感じる その人独特の雰囲気 バイブレーション 

ふたごのように同じ周波数 同じ波動 ひとつの意識なのだと思う

「目は口ほどにものを言う」という諺があるけれど
目はその人の意識をウソ偽りなく伝える 
言葉はなくても目をみることで なんとなく心情や体調を察したり 
アイコンタクトで様々な情報伝達が出来る

嘘をついているとき 後ろめたいことがあるとき 人は無意識に目を逸らす
まっすぐに見ちゃったら 隠したいウソがばれちゃうから(笑)

ペットや赤ちゃんや 心身の病気・障害で言葉や文字が使えない人とも
お互い違う言語を話す 外国人どうしでも
ノンバーバルなコミニュケーションができる「瞳」

何の根拠をもってツインレイだと言い切れるのか?と聞かれたら
「おなじ周波数の時空を超えてひとつの意識だから そうだと分かる」としか答えようがない

三次元ですでに出会っているツインレイ
まだ三次元で出会っていないが 相手の存在に気づいているツインレイ
片方が肉体を持った人間で 相方は肉体を持たない光の存在のツインレイ

人それぞれ いろいろな状況 設定があるけど

当事者の本人は ぎゃーーーー!っていうくらい 思い知らされる
疑っていても 気のせいじゃね?妄想じゃね?と思って忘れようとしても
何度も何度も何度も これでもかというほど 喰らわされる
もう降伏です…ありません…と認めるまで 続く 終わってくれない

そして尽きることなく内側から溢れる温もり 愛に満たされている 
切なさや寂しさで流れる涙も 愛おしく懐かしい 呆れるほどに ひとつの存在
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桜色 | トップ | 新年度だよ おかあさん業 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同じ瞳? (mar)
2017-09-15 08:52:54
おはようございます!

レイらしき人と出逢ってからなのか
自分の瞳が変なのです!
多分、ニアミスですれ違っていたであろう場所で
出逢っているんですが
相手もそうなのかわかりません←瞳のエネルギー
顔見知りになったのも、(私が気づくのが遅い)
何か月か後だろうと思います
あんなに大きい声で(私の事)同僚と話しているのに気づかない私
瞳のエネルギー同じだったらいいなぁって思いました♪

有難うございます、また教えてください

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ツインの特徴」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。