THE GREATEST LOVE OF ALL  この感覚はツインソウル・ツインレイ?!

ある日突然ツインらしき存在に気付いて愕然
一体なんだこの感覚は!とスピな世界へ…内観し日々の気づきを綴ります

ツイン 宗教?! 

2016年12月20日 17時09分37秒 | 光のみなさんと おはなし
ブログの編集画面でアクセス解析を見ていたら
「ツイン 宗教」ってワードで検索されているみたいで
何じゃそりゃ?!って思わずププッって吹き出してしまったよ

ははは

傍から見たら変な宗教みたいに見えるのかな?
なんか胡散臭ぇ~な みたいな(笑) 

ネット上にはさまざまなツイン情報が氾濫しているし
チャネリングメッセージもたくさんありますからね


たとえば
ツインソウルなのか
ツインフレームなのか
ツインレイなのか
そんでそれがそれぞれ何人いるとか

はたまた何次元の意識なのか とか

ツインの特徴とか
ツインの使命とか

そういう情報を解釈する人の意識によっては
へんな宗教みたいな雰囲気になって
なんだか地に足がついてない あぶなげな感じに見えるのかも

わたしもコメント欄で(非公開だけど)
「ツインは地球のアセンションを使命としている神聖で稀有な存在」
「ツインをお金にするのはおかしい」とか
「ツインの看板を下ろせ」とか言われて えええ?

あはは それは選民思考?

「特別意識」と「お金のブロック」両方あると思う
どうやら そういう人の脳内では ツインレイは特別で希少な存在で
神聖な使命があるゆえに お金を受け取ることは禁止されているっぽいわ
一体いつから 何をもとにそんなツイン教義が出来たのであろうか・・・謎

あと「あなたはツインではない ツインに出会うレベルにすら至っていない」とか
勝手にコメント欄でツイン鑑定されて めっちゃウケたよ(笑)
いや、ツイン鑑定とか頼んでねぇ~から!っていうか・・・誰?(無記名)
宇宙意識だからか 社会人の常識とかどうでもいいらしい 
そしてたぶん暇なんだと思う

あいさつしない 名乗らない 連絡先も顔も出さないで そうするわけね 

世の中 いろんなひとがいるもんだな~ 
ブログやってるとほんと勉強になる
他のツインブロガーさん コメント欄閉じている方が多い理由が分かる
おかしな人はごく僅かで 大多数の方は良識的だってことはもちろん分かってるよ

普通のブロガーが 無料カウンセリングとか無料お悩みメール相談とか 物理的に無理
私は天使じゃない 生身のふつうの人間 ふつうの地球人
ご飯も食べるし 車にも乗る 家賃も払うし 子どもも養育してる
不死身じゃないし 医者にかかるときもある 
宗教団体とかNPOでもないから 税金も払ってるしね 

気安く誰かに相談できないことは 専門の人に有料で依頼するのが普通だと思ってる
「餅は餅屋」「刀は刀屋」「病は医者 歌は公家」って諺もあるけど
ツインのことは ツインが分かる人じゃないと意味分からないと思う

身近なリアルの家族とか友人とか無料のお悩み相談窓口にツインの件を相談しても 
相談相手になってくれる方は おそらくかなり理解に苦しむだろうし
受け止めきれなくて 第三者に相談内容を喋ってしまうことも考えられる
守秘義務もないから
私は顔も連絡先も公表して活動してるプロ 「この人は」と思った方に頼んできたし 
思い切ってお金を払って相談して ほんと良かったと思う進むから!
ひとりでモヤモヤ悩んで 誰にも言えない…って溜め込むと 心身共に落ちてくる
誰かに話すことによってすごいスッキリするし 
自分自身の中がクリアになって 進むべき道が見えてくるから

カウンセリングやヒーリング以外でも 何のサービスにしたってそうだけど 
自分のために 相手の時間と労力を割いてもらうことに対し 
感謝の気持ちとしてお礼を渡すのは普通の感覚だなぁ・・・
たとえそれが仲良しの友達や身内だったとしても 
親しき中にも礼儀ありだと思うから 何らかの形でお礼はする
「タダでやってもらって当然」「自分は特別」と思ってる人とは 付き合えないな

こたえはいつも 自分の中にあるし 自分の中にしかない

こたえを誰かに求めてすがったり 従ったりしてしまうと プチ教祖様と信者になってしまうし
商魂たくましいスピリチュアルビジネスのいいリピータ客になってしまう可能性もある
こたえを 外に求めると ツインの定義や使命を探して ふわふわ彷徨うことになる
そうなると 大切な時間と労力とお金の浪費になってしまうかなぁと個人的には思ってるよ

こたえは いつも 今も 自分が知ってる

それに気づくことが大事だと思う

天(宇宙)からの気づきのサインは いつもみんなに降り注いでいるよ
太陽のひかりが 分け隔てなくすべての存在を 照らすように





★コメントは返信なしの承認後公開となりますので 予めご了承ください
★RAYとコンタクトを取りたい方は
 メールフォームからどうぞ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奈良 長谷寺  | トップ | 初春 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

光のみなさんと おはなし」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。