StarBooks管理人の気ままなBlog! スタッフKの一人聴牌(こんな考え私だけ・・・?)

秋田市内2店舗、宮城県古川1店舗のセルDVDショップです!
気ままなブログにつき反論はご遠慮ください。

G1クライマックス27をYouTubeで探していたら・・・

2017年08月05日 | 日記

5か月ぶりに投稿します。スターブックスのKどす。

さて最近の私のマイブーム(死語)ですが、新日本プロレスのG1クライマックス27でございます。

最近はCS朝日放送で生中継が楽しめるんですな、いい時代になったものだ、ケンシロウ・・・。

ですが、放送予定がない場合は親日プロの有料サイトで全試合が見れるらしい。

でもそこまでして観たい訳ではないので、親日プロが小分けにアップするYouTubeを拾って

見ておる次第でごわす。

つい先日も検索していたところ、格闘技関係で引っかかったと思いますが、

パチスロYouTuberの「シバターさん」の「もうマ〇〇ンには行かない」という動画が

アップされておりました。

この「シバターさん」とは、格闘家でありプロレスラーであり、YouTuberだそうです。

去年あたりからパチスロYouTuberとしてかなり有名な方だそうで、

それが何故かというとシバターさんがイベント来店するお店には、

シバターさんからお店に最低10割営業をお願いしているそうなんです。

そんでもってシバターさんが来店する日はお店側が赤字営業をする、

シバターさんはSNSなどで来店を告知して朝の並びのお客を集めて稼働をあげるという

画期的な活気的案を実践している方なのだそうです。

そんなシバターさんがとうとう業界最大手のチェーンMに呼ばれ意気込んでおりました。

「業界最大手だろうがダメであればダメと言う」とオープニングで言った言葉が、

「もうマ〇〇ンには行かない」というタイトルになったと言えばご察知いただけるのでは?

動画でシバターさんは、自分を信じて来店された方々に深々とお詫び申し上げておられました。

それと最大手Mに対して自身のイベントを抜きに利用されたと悲しそうでした。

その動画の中で非常におもしろい発言をしてました。

ここからが私が思う本題でございます。

その発言とは、シバターさんの知り合いで最大手Mの元店長から連絡があったそうで、

「Mには気を付けてください。Mは設定5・6を入れる、赤字営業をするときはエリア長と本部

の稟議というか許可が必要なんです・・・だから設定入れないんですよ。」

これを聞いてビックラこきましたよ!

シバターさん自身のMに対しての感想は、上を使わない代わりに下も使わないイメージとのことでした。

この動画を見ての私めの感想は、

①売上のいいお店の店長は上司に設定を入れる申請はしやすいだろう。

②売上の悪いお店の店長は設定を入れる申請はしないだろう。

③テコ入れとして申請することはあるのか?

問題は②で、売上が悪い店の店長は常に上からなんだかんだ言われてると思うんです。ですから

わざわざ申請するという自分から上と接触する行為はしなくなるもんですよ。これは世の常人の常

だと思います。

それと③ですが、最大手Mのこともパチンコ店のことも知らないのでなんとも言えませんが、

なんの業種でも下っ端がテコ入れを唄って失敗することは自殺行為ですよ。

テコ入れとは失敗してもクビにならない立場以上の人間がやるべきもんです。

これを踏まえてみなさんが行っている最大手Mのお店は売上が良さそうなお店ですか?

私の意見で申せば、売上の悪そうなお店に設定5・6は有りませんよ。

いや、お前が知らないだけでMには設定はあるという方は私を貶さず自分を褒めてあげてください。

だってあなたが掴んだ6は、店長が申請してエリア長と本部の稟議が通った6ですよ。

ちなみに私は秋田自体に設定6は無いと思ってますので関係ない話なんですがね・・・

動画で実践を終えたシバターさんがお店の前でMに呪いをかけておりました。

「潰れてイオンになってしまえ~!」

思わず笑っちゃいました!

 

 

 

『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« VR元年・・・だんねん! | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。