○○のまじめなブログ

福岡在住の若手士業が思いのままに書き綴るブログ

特例法に「陛下」という文字を入れる意味

2017年04月21日 | 日記
現在法案を作成中の

(仮称)天皇陛下の退位に関する皇室典範特例法

について、民進党が「天皇陛下」から「天皇」に変更するように要求していると

報道があったようです



まるで民進党は陛下に対して不遜ですよ、と言いたげな報道ですが

実際は違うようです


「天皇陛下」という表現には「現在の天皇陛下だけ!」という意味合いが含まれており

法律の対象となる人を今上天皇に固定し、

次世代以降の前例にはしません!という意図があるようです



法律上は「天皇」という表現が使われています

憲法も「天皇」を使っています

民進党の要求は、法律の対象を、今上陛下に限定しないために、

とても大切なことなのです


不遜なのは自民党ですよ




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天皇陛下のお言葉を受けて安... | トップ | 前川喜平氏 前文科事務次官... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。