DXing日記

ヘタレアマ無線局・JQ2OULのブログです。

カードが来ました

2016-11-29 22:45:59 | アマチュア無線
きょうは帰ったらビューローからカードが着弾してました。
だんだん少なくなってきました。無線やれてないので仕方がないです。

DXは御覧の通り。最遠はG(M0OXO)でした。
K3LRのカード、何枚もあるんですが、裏を見たら・・・なんか宣伝が刷ってありました(;^_^A
前は刷ってあったかなぁ、、、(笑)

そういえば夏以来カードを刷ってません。
やってないから刷る対象が大してないのも事実なんですが・・・(^^;

刷ってもある程度の量がないと送るのもコスパとして合わないのも事実。
次に送るのはいつになるのかな・・・?(^^;)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

CQWWCW

2016-11-28 22:49:17 | アマチュア無線
週末のWWCWの話です。

今回は土曜が仕事だったので、夜からやろうと思ったのですが気力もなく、日曜の朝からすることにしました。

正直なところ最初にやろうと始めた15mのW方面が全然よろしくない。
土曜日はどうだったのかは知りませんが、Wが稼げないのは正直うーん、という展開です。
聞こえていいはずの南米も聞こえません。
それでも聞こえないわけではないので淡々と数を稼いでいきます。
午後の15mも聞こえていいはずのEu方面が聞こえてきません。20mもあんまりぱっとしなかったような。

よかったのは40m。
夜のそう遅くない時間からEu方面が聞こえて言えて、釣り竿50Wでもそう難しくなく、結構遊べました。下のほうはW,CWの上のほうはEu方面が同時に聞こえていてハイバンドのイマイチさをカバーするには(自分にとっては)十分でした。

月曜の朝の、出勤前の15mが早朝からよくて少し挽回して、結果101Qで終わりました。
新規のエンティティはなし。最遠はアイルランドでした。

今回はIC-7300を初めて実戦投入。
やはり見えているのをハントしていくのは結構新鮮で。
高級機にしかなかったバンドスコープが7300や991クラスまで降りてきた?のはすごいことなんだな??と思った次第で。実質1日もできなかったのに3桁出来たのはリグの貢献度が大きかったのは明白で。2日やれていたら結構いい線行っていたと思います。

これで今年の無線活動は実質終わり。
12月は週末ことごとく予定をハメられたので無線はマジげ無理かな。

今年はコンテストすらまともにできなくて高周波発射はロクにできませんでした。
ロクにできないのに無線機なんか買っちゃって年末なのに財布はスッテンテン状態です。
まったく罪作りな趣味です。。。(笑)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7100用キーパッド

2016-11-26 22:40:19 | アマチュア無線
三重県大会で買ってきた、7100用のキーパッドの作成もまだやってません(笑)
先立つものがないと・・・というところにしたいのですが、ケージングするためのフリスクをかなかなか食べきれなくて(爆)

今回家の中で部品は揃うのですが、いかんせんフリスクを食い切るのには根性がいりました(w

しかし・・・4chメモリーキーヤーは2台作ってしまったし、作っても果たして使うのかな・・・?(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ID-31+自作シガーアダプタ

2016-11-26 22:05:07 | アマチュア無線
きょうはWWCWですが、あすすることにして(笑)

出勤だったので、ついでということで車にID-31と先日作った昇圧モジュールの充電アダプタを持って行って、動作確認をしてみました。

ケンウッドのプラグ・電圧とアイコムのID-31はプラグも極性も電圧もほぼ同一条件なので、問題なくTH-D72と同様に作動しました。

入力電圧も表示できるので、バッテリーチェッカーと兼用ということで・・・(笑

まだID-31は運用に入ってません。
簡易なマグネット基台と短い430のモービルアンテナを組み合わせてなんちゃって運用でやろうかな、と考えています。。。

#自作品なので、良い子は純正品を使ってください。
 似たもの作って壊しても当ブログは一切責任を負いません。。(^^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12年前の話

2016-11-23 01:24:43 | アマチュア無線
きょうは昔の写真とかをPCで何となく見ていました。
無線以外にも写真の趣味を持っているのですが、写真のほうはなんかやってるのかやていないのかわかんない状態で。それでもごみののように撮り溜めた写真を見ていると結構楽しいものです(笑)

その中で・・・
12年前の写真でこの写真を見つけてしまいました。
大昔に上げたかなぁ、まあいいや、探すのが面倒くさい。(爆)

自分が4アマを受けようと思って、「完マル」を買った時の写真!
あとこの時はドットコムマスターを受けてみようと思って、その本も買った。
ドットコムマスターはシングルは受かったけど、ダブルスターは少し足らなくて不合格でそれでやめちゃった記憶があります。あの時もうちょっと頑張ってほかの情報系の資格とか取っていたら転職せざるを得なかったときにちょっと違う道に行っていたかもしれません(笑)

あの時なんで無線の免許なんかとったのかな~、受けようと思ったのかな~、と過去の記憶を辿ってみました。

あの時はなんか仕事環境的にも趣味的にもちょっと行き詰まっていて。
仕事はなんか懇意にしてくれていた上司の人が転勤でいなくなっちゃって、代わりに来た人のころから会社がおかしくなりかけたころだったかな。まあそれは過去の話だしこれ以上は話しません。
趣味的には・・・写真に金かけていたんだけど実家の(モノクロ)暗室は結婚して家を出たのでできなくなっちゃって、ポジリバーサルの写真にもお金をかけられなくなってきてなんかフェードアウト気味になっちゃって。かつマンネリになってきたこともあってやらなくなってしまいました。

BCLも昔はやっていたんだけど実家を新築で引っ越した際にアンテナをうまく張ることができなくて。(これは今思えば知識と情報があればなんかうまくできていたんでしょうね。)あとBCL趣味的なものが廃れちゃって。情報を得られるとかいう優越感的なものがなくなっちゃって。
要は余暇活動的に拠り所にするものがなくなっちゃってた状態で。
けど(短波界を聴いていたこともあって)HFロマン、みたいなものが心の奥深くにはあって。なんかHFで無線やって自分の世界を変えたいなぁ~、みたいなところから写真の書籍類を買ったのだと思います。

カタログ類とかいろいろ見ていたんだけど、僕自身はVUの無線機はほとんど興味がなかったのです。(結局後から買いましたが、順番的にはHFが先。それは最初から決めていました。)

あと、下に書きますが昔からの心の片隅にあった夢というか憧れみたいなものを実現させてみたい、という気持ちに火がついてしまった、ということもあったんだろうと思います。


で、通勤時にあんまり人に見られなさそうな連結器の部分なんかに陣取り、完マルを何度もラウンドするわけです(笑)最初はノートを取ってまとめましたが、あとは完マル一筋!
試験は名古屋まつりの日だった。
その日のことは今でも覚えています。受けたのは20人いたかな、いなかったかな。
小学生のコが一人いた。もう3回目だ、なかなか受からない。
あの子、果たして試験受かったのかな。。。
老人の人も、若い女の子もいた。無線はいろんな人が興味をもって入ってくる趣味なんだな、と試験場で実感した。試験会場だけど和やかな雰囲気だった。結構いろんな人がいた。
今行ったらどんな客層?なんだろう。(笑)

試験はまあ大丈夫でしょうということですぐ合格通知が来た。
もう使うことはないだろうと思った写真の機材はヤフオクで売った。
これで資金は作った。
大須でIC-703と、ありんこ電源と、なぜが薦められるままにサガのZeppのZA-721を買った。
が、ベランダであんなでかい&重い中間コイルがあるもの外に出せんじゃん!落としたら絶体絶命じゃん(爆、ということでほどなく売りました)
けどそのアンテナでなぜか6mが聞こえました。
それからHR50を買いました。下の書き込みにHR50わぁ~、とありますが、このアンテナとはそれ以来の付き合いです。
当時は平成の大合併、新市サービスJCCサービスに沸いていていました。
まだ6mの移動も、北海道シーズン乗り込み移動とかも激しかったかな。
いまはどんなもんなのかな、あのころ稼がせてもらった交信で僕の北海道Wkdは埋まったものであります(笑)
今でもコンテストを6mから始めてしまうのはこの経験があるからに他ならないのです(笑

====

あれから12年が経ちました。
免許は2階級上がりました。
試行錯誤しながらベランダで上から下までHFはできるようになりました。
HFの無線機は4台持ちになりました。
HFロマンはチビチビぼちぼち続け、DXCCは110弱までできるようになりました。
(最近全然進んでいないけど・・・・)
いろいろ誘惑はありましたが、道は踏み外さず続けられました(謎

無線をしたかったのは・・・・上のなんか環境を変えてみたい、ということがあったのと、それ以前に大流行りしていたころ、ラジオ仲間で集まっても自分だけがその環境に入り込めなかった(お金もなかったし、家もやらせてもらえるような環境ではなかった)ということもありました。アマチュア無線そのもの存在はやる20年位前からその段階で知っていたのですが、それを実現させるまでに20年くらいかかってしまったことになります。
かなり遠回りをしました。

やっぱなんていうのかな、憧れってのを実現させる、ってのは結構大事で。
それに向かって少しずつ階段を上っていくとか、そういう部分がないとなぁ、と思います。
最近はなんか「すぐ取ろう絶対1アマ」みたいな雰囲気が強いと思うんだけど、あんまり感心しない。
そう思うのは僕だけかな。
それはそれでいいんだろうけど(ご自由にやってください、的な持論(笑)、実際は2級で事はほとんど足りるのでそれ以上は僕は興味がない。アパマンでは免許相応のことは出来ないし、資格ヒエラルキーみたいなものは僕は嫌い、という事もあります)
今はJARLに1年間ただで若い子とは入れるとか、試験とか講習の代金をすごく安くしてますよ、とかあるけど、僕ははそれはそれでいいと思うんだけど、やっぱ憧れとか、自分を変えてくれるナントカとか、そういうのが結構大事で、お金が問題じゃないと思ってる。今どきの子供はお金そこそこ持ってるし、親はそれなりに子供にお金出しちゃう。自分が親になってそう思うもん(爆)

なんか楽しそうで、今までの自分を変えてくれるとか、そういうのが大事だと思う。


自分もそういうことを考えて振舞いたいと思うのですが、やっぱ業界全体でそういう風に持っていってほしいな、と思います。

ウダウダ書いてしまいましたが、振り返りの話はまた気が向いたら書いてみようと思います(^^)

(コメントはいらないので書けません、悪しからず)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

緊急警報放送

2016-11-22 18:37:54 | ラジオ関連
きょうは朝から地震があって。

上の写真はNHKラジオの「緊急警報放送」の信号です。たまたま聞いてキャプチャしただけなんですが。
きれいに並んでいるのはピロピロ音のFSK信号です。
第2放送で4か国語のアナウンスの繰り返しの間に挿入されてました。

この緊急警報放送、普及しませんね。
上のリンクをみたら、もう30年もやってるようです。
もはやラジオを見つけるのが難しいくらい。(本当だもん・・・)

いまや確実に非常時の情報伝達手段として携帯電話へ直接メールを送るという手段が普及し、時代の流れについていけないものになりつつありますが、法律が実施の根拠になっている以上やめるわけにもいかないし、やめて大災害があればタラレバの話になってしまうでしょうし。

話はそれますが、
うちの子供はポケットラジオを買うまで「ダイヤルを回してラジオを選局する」という行為をすることができませんでした(ナイター中継を聞くために覚えた、という話(笑))。地元の放送局の周波数すら知りません(笑 脱線しますが子供二人ともええ年して公衆電話のかけかたすらつい最近まで知りませんでした(爆)
世代が違うとラジオのダイヤルを回すという行為が未知の行為なのです。大人はそれを自覚するところから始めないといけないのです、、、


難しいですネ(^^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アンテナアナライザーSA-160 の話(2)

2016-11-22 15:53:30 | アマチュア無線


今日は仕事が休み、平日で子守も夜まで不要と言うことでアンテナのテストをしていました。

先日来ベランダでSA-160を使ってのモビホ類いろいろテストをやっていたのですが、正直なことを言うと本来の使い方ではない調査活動?だったので、本来の使い方ではどんな状況下でやっているのか、というテストをしてみました。

テストしたアンテナはいつも使っているHR50、HR21、HR14、HR7、HF80CLのロングタイプのモービルホイップです。
この手のアンテナはアースが取れていることが前提のアンテナ(HR50を除く)ですので、今まで(移動運用で)マグネットアースシートを使ってやっていたのですがどんな感じの物をチューナーマッチさせていたのか、という事が知りたくて。

今回は手持ちのMAT50を2枚、すごい昔にブログに書いた自作アースシートをテストします。
MAT50に関してはモビホでお手軽移動運用なんかに広く使われている物です、チューナーを補助的に使えばほぼ問題なく運用体制に入れる優れ物です。自分も(最近はほとんど移動運用はやれてないんですが)必ず使うアイテムです。




まずHR50を据え付けてみました。このアンテナ、ノンラジアルで使えるのがセールスポイントです。実際少し下(バンド外)に1.00なんていう値が出てきましたが、写真の通りちょっと調整してやれば(勇気のある方はエレメント切るなりしてください(笑)、チューナーで微調整してやれば問題なく使える代物のようです。ちなみにMAT50を1枚咬ませてやったら30KHz、2枚で50KHzほど上になりました。



あと試しに自作のアルミホイル利用のマグネットアースシートだともっと上の常用周波数帯に1.01なんて言う値と広い同調点が現れました。金属で導通がより取れていることなのでしょう、コスト200円位の代物なのでしてやったり、の図?です(笑) 移動運用で忘れ物してもダイソーいけばとりあえずはしのげるものは作れますね(極論を言えばアルミホイル買ってきてマグネット基台の下に敷いてサンドイッチ、でもいいんですが(一度忘れてこれやったことあります(;^_^A)


(写真はHF80CLに自作シート、MAT50をかませたもの)

ほかのアンテナも試してみました。
21、14、7、3R5とやってみましたが、なんかチューナー利用前提、みたいな値でした。結果としてはマグネットシートでは完全な導通は取れてなくて自作のシート(アルミホイルを咬ませてやる)でやる方が結果としては勝りました。
3R5なんかはメーカーでは2枚使用推奨とかありましたがなかなかうまく行かなくて、シート1枚と自作シートをかませる順番を下から自作、既製品、の順にかませたらこんな値が出てきました。

ほか写真外の実験もいろいろ(2枚とか2枚+自作シートとか)しましたが、元々HFモービルアンテナというのは無理をしているアンテナ(1.4mクラスならなおさら)なので同調幅も狭く、結構難しいです。
あと・・・ちゃんと洗車はしましょう!という事も。当然ですがボディーの汚れをよくとってあげましょう。これだけで(マット物を使うときは)差が出ます。最低限ボディーは拭いてからつけるなりしましょう(あたりまえ(笑))

あと、当然の事ながらどっかの車体のネジあたりで導通させてやってやるのがいいんですけど、そこまで気力があるかどうか(爆)。あんまり車を変にいじると家族から文句が出そうだし(笑)、そこはどっかで妥協点を見つけないと、という話でして。
(お気楽運用なら703、817+ATU、891+ATU、CWでQRPってのが実際的でしょうか。それ以上なんかやりたい場合は加工などをするか、7350みたいな同調点を調整できるアンテナ、AH-4などに頼る、ということになるのでしょう)

次は昔作ったペットボトルコイルとかあるので、いわゆるVCHアンテナとか、あの類を再作製とかやってみます。それからRHM7350とかの正当利用とか変則利用とかも(お金が貯まったら買って)やってみたいです。

以上、レポート第2弾でした(^_^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

変更申請が下りてきた

2016-11-20 18:57:52 | アマチュア無線
7100とID-31を買って変更申請を電子申請でしたのですが、17日に終わってました。
平日ベースで所要8日。
結構早かったです。昔TH-D72を変更申請かけたときに1か月くらい電子申請でもかかっていたのですが、営業日ベースで3分の1になったのですからかなりの進化?のようです(笑)

これでWWCWには実戦に投入できそうです。土曜日は仕事なのでコンテストに投入するのは土曜の夜から。今回はスコープ画面を見ながらの初実戦?になります。めっちゃ楽しみです。


ID-31は部屋の中でも弥冨RPTはフルスケでできるくらいの距離にあるので、せいぜい励みます(笑
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アンテナアナライザーSA-160の話

2016-11-15 07:58:34 | アマチュア無線
先週三重県大会で思わず?買ってしまったアナライザーSA-160 の話の続きです。

こちらは7300を触る方に時間をとってしまい、頻繁には触っていません。

でまず確かめたかったのは、一体自分がどれだけ無理してやってるのかな、と言う事の確認。
今までは結構ラフに合えばいいや〜、の部分が大きかったのですが、例え経験値で出来るからいいや、だけではやり続けられない、と言う思いもありまして。。

当たり前なんですが、いかんせんこのアンテナアナライザーと言うのは高い!これを買ってから無線を始めなさい、というのは無理があると思います。
けど自分が買ったコレもあるんですが、海外品には結構安価で手に入れられるものがあるようでして。ハンディ機よりも安いのですがら、1台買うのをこういうものに予算を振り向けるのもいいかと思います。



とりあえず今は自分のやっている環境がどういう状況でやっているのかというのの把握から始めています。
上の写真はHF80CLのベランダ使用はどんなもん?の画像です。
カウンターポイズは10mの線が2本。うまく這わしてこんなところまで落とせます、という話。
このくらいならチューナーは補助的に使えるんかな、です。アンテナはほぼ横の突き出しなのでずれて当然です(笑)
(アパマンベランダでそれなりの高さで、離して、垂直に本来の姿で、中間階で、というのは無理があるのです、斜め出しで、が精いっぱいです。エレメント切れば、という話にでもなるのでしょうが、アンテナは移動運用にも使うので切りません(笑



この前作ったバランかバランもどき?に釣り竿、も試してみました。
エレメントは5mの線を巻いて、同じく10mの線2本or4本で。
作り方が下手だったのかな、けど30mとか20mならATUは補助的な使い方にできそう。
あとはエレメントの長さとか、バランの出来とか、間にコイルをかませてみようかとか、いろんな妄想が湧いてきます(爆)

作るの面倒くさくなってきたら、RHM7350のベランダ使用とかも考えてます。
(コイルの位置だけ事前に図っておけばコンテスト時のクイックQSYも楽だろうし(笑))

しばらくは素人工作人間になりそうです(笑)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

IC-7300 買いました その3

2016-11-13 17:11:58 | アマチュア無線
続きです。

スコープ画面を見られるようになって気づいたこと。




広域帯のレーダーノイズと思われるのも、あーこんな感じで出ているんだ、というのもわかります。スイッチ触ったな?ってのも見えました。きれいだなぁ~、と言ってる場合ではないのですが、僕としてはへぇ・・・というものでした(笑)

★等間隔のノイズ

等間隔、しかも綺麗に70KHz,90KHzとか、110KHz(概ね)で広帯域で出るノイズに出くわしました。
いままでサ~ッ、バリッバリッ、というノイズでしか認識できなかったのですが、スペアナ画面を見れば一目瞭然、という話です。

どうもNetで聞いてみたら、これはソーラー関連ではないという話を貰いました。
(ノイズのパターンの間隔が違うらしいです)
このノイズ、昼間長時間出ている時もあれば、そうでない時もあります。
出る周波数帯もその時によってはまちまち。
先日ME県大会でOMさんにも聞いてみたのですが、家電関連とかそういうものに不要輻射を出す物がある可能性を考えた方がよい(不良品の家電?)、という話も聞きました。

線が1本のしっかりした軌跡の物、綺麗な軌跡(パターン)を描くノイズもあります。
自宅の中でなんかそんなものがあるのかなと思ったのですが、

が・・・・なにが問題なのか、わかりました。
居間にあるVDSLモデムでした。
モデムのコンセントを抜いたら、消えました。
えーっ!っていう結果でした。抜けば消えるのですが、これはどうすればよいのかと・・・

んで、抜いて消えるけどそれでは家族インターネット出来んよな、けどそれが原因だったらそれ以前からVDSLモデムあったし、原因は単純他だよぁ、と思って他の可能性を調べていくと・・

原因はモデムから引き出したLANケーブル。
長いLANケーブルだったのでこれに載って、14MHzのモビホを使うと不要輻射を拾ってしまっている、という話(これが見つけた主たる原因)でありました。現にモデムから抜いたら7300のスペアナ画面から消えました。
要はWifiにPC繋げ、という話かな<解決方法(爆)

#だいたいこれ、という原因が分かったのですが、どうも100%ソレ、という確証が持てないノイズもあるので、断言はちょっと避けます。アンテナを替えれば収まるパターンもあり(いちばん酷いのは14MHzのモビホを使う時です。



そんなものではないものもありました。
安定化電源に挿していたPC用のシガーソケット用アダプター。
(2つスジが立ってるうちの、曲がっている方。周波数が曲がって、というスジのパターン。)

これも等間隔のノイズの原因でした。抜き差ししたら一目瞭然で、違う安定化電源に挿したら消えました。そういうもんなんですねぇ、見えるってのはスゴイですねぇ、という話・・・

IH調理危惧関連も疑った方がいい、ということで、普段使ってないクッキングヒーターを取り出してきました。





こりゃすごいノイズが出てました。うちはIHは殆ど使わないのですが、上下左右でハイパワーでやられたらひとたまりもないのかな。

その他、取り回しなんかで出たり出なかったりとかのノイズがたくさん出てきました。

これはなんか悩ましい機械を買ってしまった・・・と調査するたびに思う次第であります・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加