屋上の観覧車

気の向くままに綴ります

信州 紅葉&カフェ巡り その3

2016年11月02日 | Touring
10月22日

聖高原からR403を下り、麻績村→筑北村→県道303会田西条停車場線で松本市の四賀に入ります。R143を数キロ松本市方面へ。お目当てのカフェが開店するまでまだ時間があったので、最初のコンビニで一服休憩。伊勢崎から下道でやって来たという隼乗りの方と防寒対策についてバイク談義。いやいや、色々と参考になりました。またどこかでお会いしたいものです。


コンビニから数十秒で「ペレファカフェ」に到着しました。食事が出るまでの間、いわきから氷見へ向かうというハーレー乗りの方と先月訪れたいわきのマニアックな話題で盛り上がります。





店内にあった83年のMr.Bike誌を手にとって見ると、多くの懐かし過ぎる広告が。一気に昭和へタイムスリップ(笑)。



地元の素材をタップリ使った目玉焼きそばが到着。期間限定の松茸のスライスがトッピングされていましたよ。肉の代わりが油揚げだったり工夫されてますね。卵の黄身と麺を絡めると非常に美味!ご馳走さまでした。


カフェのオーナーはご存知、三好礼子さんです。今から遡ること三十数年前、雑誌で拝見していたご本人にやっとお会いできました(涙)。横内悦夫氏のサインを見た礼子さんが「この方、スズキの・・・・」と話が弾み、パリダカ絡みの興味深い「大人の話」も伺えました。


サインを頂いております。



お忙しいところ、ありがとうございました。



そしてその場に居合わせたお客さんたちとお約束の「ヤギポー」!

ゴリゴリのライダーズカフェではないので当方にとっては居心地抜群^^ 礼子さんの笑顔全開で楽しいカフェでした。またお邪魔しますね!

お店を出てからは佐久方面へ向かう予定だったのですが、突発的アクシデント解消のため松本市街地へ突入。その後はR254で佐久方面へ向かいます。


R254の三才山トンネルは二輪の通行料が410円ですが、トンネル前後のコンビニで割引通行券(二輪370円)を購入出来ます。この通行券の存在は礼子さんに教えて頂きました。


R254→R142→県道44経由で次なるカフェに到着。小諸市(限りなく佐久市に近い)のベーカリーカフェパティオです。こちらの女性オーナーさんは林道マニア。二輪&四輪で近場の知る人ぞ知るダートを走っているそうです。カレーパンとコーヒーを頂き一休み。


佐久ICから高速に上がり、往路と同じルートで帰宅となりました。カフェ巡りといっても今回は二軒だけでしたが、マニア高原での紅葉狩りも楽しめ、内容の濃いツーリングでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 信州 紅葉&カフェ巡り その2 | トップ | クラシックカー・フェスティ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Touring」カテゴリの最新記事