屋上の観覧車

気の向くままに綴ります

近場で紅葉狩り

2016年11月21日 | Touring
11月20日

先週末が秩父へ遠出だったので、この週末は近場を。2~3時間で帰って来られる安佐エリアで色付く木々を巡って来ました。


県道75から田んぼを隔てた里山。「この季節以外は何の変哲も無い木立が毎年のように色付くのだから、自然は大したもんだ」とひとり感心。

藤坂峠経由で(今回のように雨上がりに走ってはダメ!絶対ダメ!)葛生町仙波の金蔵院(こんぞういん)へ。


日の当る方向に杉だか桧だかが植えられているので全体的に暗い感じですが、逆にしっとりとした印象を与えてくれます。えっ?バイクが邪魔ですか?


参道に並ぶお地蔵さん、その奥の山門、そして紅葉。風情がありますね。



山側から見下ろすとこのように見えます。



すぐ脇の麦生沢林道はジメジメ感8732462%・・・紅葉とは無縁の世界が広がってました(苦笑)。



続いては田沼町の野上のどん詰まり、この辺りではそれなりに有名な紅葉名所、蓬莱山(ほうらいさん)にやって来ました。

旗川の最上流部の渓谷沿いになります。



渓谷に架かる蓬莱橋の上流部



橋から真上を見上げるとこんな具合。



お堂を囲むようにこちらもいい眺めです。



足元はもみじの絨毯。



苔生した渓谷の岩にも・・・


最後は唐沢山城跡公園へ。


田沼町栃本側からミニいろは坂を上がります。



いつもの撮影ポイント。



境内に入ると真っ盛りの木もあり、まだ緑の木もあり・・・




色付きのよさ気な木を狙ってみました。他の木がいい具合になるのは一週間後でしょうか?



犬伏町側に降りる途中の溜池。城跡公園の楓には敵いませんが、水面に映りこむ里山の木々がそれなりに味を出していました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秩父 紅葉ツーリング&軽トレッキング その2

2016年11月17日 | Touring
11月12日

全米の観光客が集まるR-140からマニアックな県道37で旧両神村へUターン。


狭路とダンプに注意しながら県道367を西へ走ります。この県道、ダンプが多いのは途中に採石場があるためです。


県道37の分岐から約11kmで丸神の滝駐車場に到着しました。ここにはトイレが設置されています。バス停もありました。



滝へのルートは二通りありますが、まずは距離の短い東側入口(滝への所要時間は西口からよりも5分短い20分)から入ります。小森川に架かる橋の先には旧滝前分校跡。炊事場が設けられておりキャンプ場っぽい雰囲気です。


橋を渡ると見学者の数を把握するためにカウンターが置かれてました。



思った以上に傾斜の急な山道を歩くこと15分位で滝下に到着。この滝は三段構成ですが、ここから見上げると一段しか見えません。滝の全容を見るために、更にきつい上りを進みます。


急な九十九折れで体も心も折れそうになりますが、こんな木立の中を歩いているとその辛さも薄れます。


10分ほどで滝の全容が拝めるポイントに到着しました。そこからの眺めは・・・・



なかなか見応えのある滝ですね。埼玉県内で唯一、「日本の滝百選」に選ばれるだけのことはあります。流れが三段になっているのが分かるでしょうか?周囲を彩る紅葉もこの季節ならでは。


この場所の回りも見上げると色付く木々に覆われていました。



色付く葉の高さまで斜面を登り、その葉の間近から滝をもう一枚。



暫く滝と紅葉を楽しんだ後、西側入口へ降りました。途中、滑り易い場所が幾つもあるので要注意です。



往路は逆光で気付かなかったのですが、県道367沿いにも美しい楓が佇んでました。



桑の実ジャム&しゃくし菜漬を購入するため、道の駅両神薬師の湯で休憩。会計を担当していた女性スタッフの会話で聴き取れる秩父弁(終助詞?の「~な」)を暫し傾聴してしまいました。



往路と同じマニアルートで児玉町太駄まで。そこから県道13で杉ノ峠を越えて神川町へ。10月にリニューアルされた「おふろcafe白寿の湯」に立ち寄りました。


疲れた身体を解した後、16:00近くなってやっと昼食です。


今回で2016年の紅葉ツーリングも終了でしょうか?否、まだチャンスはあるか?
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

秩父 紅葉ツーリング&軽トレッキング その1

2016年11月13日 | Touring
11月12日

前日までの予報で「朝から晴れ」ということでしたが、目が覚めると自宅周辺は濃い霧に覆われていました。早く晴れないかなとウダウダし、結局出発したのは8時近く。水滴で視界が遮られ四苦八苦しながらR50バイパスで西に進み、幸いにも足利に入った辺りから霧は無くなりました。

早く出発していればR407→R140→マニア県道で小鹿野方面へ・・・と考えていましたが、この時間では花園IC辺りから渋滞に巻きこまれること必至。太田からマニア県道を乗り継ぎ、児玉から山越え。いつものコースを取りました。


小鹿野から県道37をR140方面へ進み、林道御岳山線入口に到着。特に規制されてはいないようなので、久し振りのダートへ突入です。1kmもしないうちに舗装路面が!思わず「えっ!ウソでしょ~?」と叫んでしまいましたが、その距離数十メートル。常にガレガレ状態になるであろう箇所を部分的に補強したのでしょう。あまりの短さにホッとして、画像を残すのを忘れてしまいました。


山側が派手に崩落している個所もありました。四輪はギリギリセーフか?大きさによってはアウトか?二輪は何の問題もありませんでした。


そこそこガレた上りを楽しんで、ほぼピークの御岳山トンネルに到着。



トンネルを抜けるとこの林道のハイライト、トラバース区間が始まります。



時折見下ろせるR140沿線や



聳え立つ武甲国境の山々



薄と紅葉の競演を楽しみつつ、のんびりとレイドを走らせました。



ルートはR140へ向かって下りに。御岳山2号線(未だに開削工事中で進入できず)分岐の手前で一休み。


そこで山側を見上げると・・・・


目の覚めるよう赤!見事に色付いていました。



一服しながら谷側を覗いていると、見かけたことのある葉っぱが・・・・葉を一枚ちぎって揉んでみるとあの香りが・・・。天然モノの山椒でした。


御岳山2号線分岐から下は針葉樹の植林が多くなりますが、まだまだお楽しみは残ってます。



舗装区間を下ると間もなくR140に出られますが、今回は大達原集落へ向かう舗装林道を進みました。



大達原からR140に出て、秩父市方面へ進むと大血川が荒川に合流する辺りに車列と人だかり。ここも有名な見物スポット、金蔵落しの紅葉です。見下ろす渓谷沿いは見事なのですが、どうしても暗くなってしまうので日の当る山側を撮影。ものの数秒で退散しました(苦笑)。 その後、県道37で小鹿野(旧両神村)へ戻ります。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

第11回 クラシックカー・フェスティバル in 桐生

2016年11月08日 | others
11月6日

2016年の模様をお伝えします。


いつもの駐車場にバイクを停めて、理工学部東口から入場。開会式の30分前でこの人出です。


ガレージセールを覗いてみると・・・


いきなりこんなものが並んでいました!これは是非とも手に入れたかったのですが、お値段が・・・。帰り際に覗いてみたらありませんでした。


1/32プラモデルの完成品ですね。手頃な価格だったので思わず購入。


正門の方へ出てみるとボンネットバス。大学周辺の桐生市街地を無料で周遊するというので(15分程度)、乗ってみました。


天井の丸味がレトロですね。なかなか貴重な体験をさせて頂きました。


バスを降りて暫くすると、ラリーがスタート。トライアンフのスピットファイア、フロントのスポイラーがレーシー。 フィアット600はラリー参加車ではないようです。


今回の特別出展は日産から2台。

日本初のプロトタイプレーシングカー、ニッサンR380A-II型・・・直6・DOHC4バルブのGR8を搭載。フロントエンブレムはプリンス自工のそれですね。


当時は「フェアレデー」と表記されていたそうですよ。ダットサンフェアレディ(SPL213) 型式記号のS=スポーツ、P=パワーアップ版、Lがレフトハンドドライブ、左ハンドルの北米専売モデルだそうです。



今年はこの色の432も参加してました。R380のGR8を公道用にデチューンしたS20エンジン・・・いつ見ても惚れ惚れしますなぁ。


2000GTはこの他に一台の合計3台。


エイトスポークを履いたコスモスポーツ。足周りが引き締まって見えますね。



レプリカではなくホンモノのストラトスですよ。テクマグのホイールが純正装着でしょうか?


三菱のシルバーピジョンC25 ノンレストアのオリジナル状態かも。

別会場に行く前に・・・・


天満宮の銀杏


「桐生は日本の機どころ」お馴染みの鋸屋根ですね。


メッサーシュミットやイセッタ、ドイツのバブルカーはかわいいですね。


ピアジオのオート三輪、Ape(アーペ) 角目一灯は不気味です。


スズキCV-1も角目一灯。


昼食は学食?でチキンカツカレーを頂きました。

来年はどんな特別出展があるのか?またマニアックな一般参加車両に出会えるか?今から楽しみです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クラシックカー・フェスティバル in 桐生 ”2015”

2016年11月04日 | others
2015年11月1日

第10回開催から一年以上経過してしまいました(大汗)。間もなく第11回が開催されますので、昨年の模様をダイジェストで振り返ってみたいと思います。




メインはオープントップに改造された2000GT 『007は二度死ぬ』に登場したボンドカーですが、ボンド自身はステアリングを握りませんでしたね。若林映子演じる日本の諜報部員アキが運転していました。ソニー製のテレビ電話が搭載されていましたが、この車両にはありませんでした。



そしてこれもメインキャストのトヨタ7 ヤマハの音叉ロゴも入ってます。



007絡みでアストンマーティン・DB5(『ゴールドフィンガー』や『サンダーボール作戦』)とロータス・エスプリ(『私を愛したスパイ』)



実車を間近で見たのは今回がはじめてかも・・・・のZ432 オーバーフェンダーやGノーズが無くてもエンジンで240Zに圧勝!

このフロントマスク、グリルレスのフロントマスク・・・名鉄のパノラマカーを思い出してしまうんですよね。車高を落とすと迫力ありますね。


「睫毛」が無いのでP400SVでしょうか?


会場到着前、50号バイパスで乗用車に牽引されて桐生に向かうのを目撃しました。キャノピーの開き方が航空機メーカーらしい^^

今年は早めにアップできるように頑張ります^^;
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

信州 紅葉&カフェ巡り その3

2016年11月02日 | Touring
10月22日

聖高原からR403を下り、麻績村→筑北村→県道303会田西条停車場線で松本市の四賀に入ります。R143を数キロ松本市方面へ。お目当てのカフェが開店するまでまだ時間があったので、最初のコンビニで一服休憩。伊勢崎から下道でやって来たという隼乗りの方と防寒対策についてバイク談義。いやいや、色々と参考になりました。またどこかでお会いしたいものです。


コンビニから数十秒で「ペレファカフェ」に到着しました。食事が出るまでの間、いわきから氷見へ向かうというハーレー乗りの方と先月訪れたいわきのマニアックな話題で盛り上がります。





店内にあった83年のMr.Bike誌を手にとって見ると、多くの懐かし過ぎる広告が。一気に昭和へタイムスリップ(笑)。



地元の素材をタップリ使った目玉焼きそばが到着。期間限定の松茸のスライスがトッピングされていましたよ。肉の代わりが油揚げだったり工夫されてますね。卵の黄身と麺を絡めると非常に美味!ご馳走さまでした。


カフェのオーナーはご存知、三好礼子さんです。今から遡ること三十数年前、雑誌で拝見していたご本人にやっとお会いできました(涙)。横内悦夫氏のサインを見た礼子さんが「この方、スズキの・・・・」と話が弾み、パリダカ絡みの興味深い「大人の話」も伺えました。


サインを頂いております。



お忙しいところ、ありがとうございました。



そしてその場に居合わせたお客さんたちとお約束の「ヤギポー」!

ゴリゴリのライダーズカフェではないので当方にとっては居心地抜群^^ 礼子さんの笑顔全開で楽しいカフェでした。またお邪魔しますね!

お店を出てからは佐久方面へ向かう予定だったのですが、突発的アクシデント解消のため松本市街地へ突入。その後はR254で佐久方面へ向かいます。


R254の三才山トンネルは二輪の通行料が410円ですが、トンネル前後のコンビニで割引通行券(二輪370円)を購入出来ます。この通行券の存在は礼子さんに教えて頂きました。


R254→R142→県道44経由で次なるカフェに到着。小諸市(限りなく佐久市に近い)のベーカリーカフェパティオです。こちらの女性オーナーさんは林道マニア。二輪&四輪で近場の知る人ぞ知るダートを走っているそうです。カレーパンとコーヒーを頂き一休み。


佐久ICから高速に上がり、往路と同じルートで帰宅となりました。カフェ巡りといっても今回は二軒だけでしたが、マニア高原での紅葉狩りも楽しめ、内容の濃いツーリングでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

信州 紅葉&カフェ巡り その2

2016年10月30日 | Touring
10月22日

姨捨駅から長野道のガードを潜るとR403に出ました。


久々のワインディングでリヤサスの働き具合に注視しながら(路面の荒れた箇所でもバタバタすることなくスムーズに走れました)10分チョイで聖高原に到着。



へら鮒釣りで有名らしい聖湖。対岸の紅葉がイイ雰囲気を醸し出しています。ツーリングマップルにも「落ち着いた雰囲気の高原」と記載されていますが、確かにその通り。プロ観光客が群れて殺到するという印象はありませんでした。

この辺りは全山紅葉という具合でもなかったので、聖湖脇から長野市大岡地区へ抜ける県道501聖高原瀬口線で奥聖へ進んでみました。


別荘地帯を抜けると色付いた木々が目立ってきました。



R403沿いの麻績村方面には雲海が見えます。




標高1200mの美和峠。このちょい先から長野市に入ります。




白樺平保健休養地への分岐辺りでUターン。来た道を戻ります。その所々では鮮やかに色付いた葉が出迎えてくれました。



樹高18m 胸囲3m20cm 樹齢250~300年(推定)というブナの大木。



遠目には概ね黄色く見えますが、よく見上げてみると、橙色に濃くなった葉も・・・・。



通行量の疎らな道で一服。



振り返るとこちらにも雲海が広がっていました。雲海の先に見えるのは白馬連峰か?



聖湖に戻り、対岸にある聖博物館に立ち寄ってみました。博物館の建物には入りませんでしたが、屋外には興味深い展示物がありました。


  
自衛隊の旧式戦闘機。

 

旧日本海軍の戦艦「陸奥」に搭載されていた41cm主砲身やD51機関車。


時間が早かったせいもあるのでしょうが、ひっそりとした高原を満喫した後、R403を麻績村中心地へ下ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

信州 紅葉&カフェ巡り その1

2016年10月30日 | Touring
10月21日~22日

数年前までは頻繁にお邪魔していた信州。週末に雨の心配が無さそうなので、久し振りに足を伸ばしてみました。

10月21日
これまでどおり、金曜退社後に高速で信州へ。

 

東北道~北関東道~関越道~上信越道と進み、最初の休憩は横川SAで。上下革装備でしたが、この辺りになるとさすがに冷え込んできました。ホットの缶ココアで身体を暖めて再スタート。

 

寒さを紛らわすために千曲川沿いの夜景を楽しみながら東部湯の丸SAで再び休憩&給油。坂城ICで高速を下り、R18に出る前にコンビニで夕食を買い込みました。八十二銀行・・・信州に来たことを実感しましたね。上山田温泉にあるいつものビジネスホテルに到着。道路向かいの系列ホテルで温泉に浸かり、23:00近くにやっと夕食となりました。

10月22日
チエックアウト後、コンビニに寄っておにぎりを購入。10分ちょい走ればここに到着。




現在、駅舎は改装工事中。



手前が松本方面。奥左が姨捨駅、奥右が長野方面です。



ホームに設置されている駅名表示もスイッチバックしています。数分後に長野行きの列車が来るようです。それまでおにぎりを食べながら、絶景を楽しみます。


長野県歌「信濃の国」でも歌われていますね ♪松本 伊那 佐久 善光寺 四つの平は肥沃の地♪ 千曲川の両岸に広がる『善光寺平』 


そして稲刈りの終わった姨捨の棚田。『田毎の月』として夜景でもその名を知られています。長野行きのスイッチバックを観察した後、R403に出て聖高原へ向かいます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

流鏑馬の里へ

2016年10月28日 | others
10月8日

二年ぶりに古殿町の流鏑馬を見学して来ました。



前日の深夜、いつものルートで北上。夜明け前に道の駅ふるどのに到着し、仮眠を取りました。



本日はドライブでお出掛けというKAZUMIさんちのふたごちゃんとひめさゆりミーティング以来の再会。また大きくなりましたね。いつもながら楽しい姉妹です。パパとのお出掛け、楽しんでね~

この後は古殿町内の鎌倉岳に軽登山の予定でしたが、空模様は生憎の雨・・・流鏑馬大会が始まるまでにかなり時間があるので、御斎所街道をいわき方面へ走ります。




小名浜のら・ら・ミュウで魚介類を物色するも、目が利かないと何がお買い得なのか分かりません。海苔の佃煮とかまぼこを購入し、そそくさと退散。


古殿へ戻る前にこちらでひと風呂浴びてきました。地元風の入浴客で狭い風呂場は満員御礼。微かに硫黄の香りがする湯で寝不足気味の頭もスッキリしました。



会場へ向かう前にKAZUMIさんのご友人がオーナーの「桃飯房sone」で昼食。野菜タップリのタンメンとチャーハンの黄金タッグ!ここ数ヶ月ご無沙汰だった中華が五臓六腑に染み渡りました!



時間調整のために道の駅に戻り、家族に頼まれていたマルマン醸造の味噌を購入。これがまた絶妙に美味いんですよね。



八幡神社に到着。ここで郡山からやって来たBANZs'12さんと合流。二年前はお互いバイクだったんですよね(笑)。まぁ、この天気では仕方有馬温泉。



古殿の流鏑馬といえばカケダの揚げパン(と個人的には思っている)。現地で食べると美味しさ824710980%アップ!


そばで見ると迫力満点です。土曜日は宵祭りということもあり、疾走したのは三騎。


二騎が見事命中させました。


厩舎には明日、登場するであろう馬たちがのんびり干草を食んでいました。優しい目をしていますよね。BANZs'12さんと会場を後にして、今日三度目の道の駅へ。バイク談義を楽しんだ後にお別れとなりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月から9月までのまとめ

2016年10月07日 | others
随分サボってしまいました。細かな解説は省略します。

5月末から6月末にかけて
GSF1200が9回目の車検。車検整備本番の前にリアサスリンク周りのオーバーホールと共に、ナイトロンR1シリーズ+油圧プリロードアジャスターを投入。







7月9日
スズキファンRIDEフェスタinお台場
強い雨の中、参加者も疎らで乗り放題。初のハヤブサやGSX-R1000も含め、合計9台に試乗。






7月9日
ファンRIDEフェスタ会場からさほど遠くないMEGAWEBにて『トヨタWRC参戦の系譜』を見学。



















8月15日
久し振りの葛生マニア林道へ。倒木や崖崩れなど、今まで無かったような荒れ具合。



8月21日
鹿沼市で開催された2&4モーターフェスタを見学。今回のテーマは'80&'90だそうな。ナイトロンブースにてリアサスセッティングについてご教授頂く。



















9月10日
レイドのタイヤ交換。前回交換から5年経過。狙っていた銘柄がメーカー欠品のため、D605に戻す。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加