青空と紙風船

就労サポートセンター紙風船の日常をBlogでお伝えいたします

野鳥観察 今年度最後?!~北大苫小牧研究林~

2017年03月26日 | 就労訓練

春になると木々が芽吹き、そして虫も出てきますので鳥たちも餌がとれるようになります。

冬の間は餌をくれると思っているようで(…こちらでは、過去に餌付けしていたことがあるようです)、人に近づいてきます。

 

 

この日はお天気がよく、きれいな青空。

鳥の数は…やはり前回(→2017年2月24日)、前々回(→2017年2月3日)よりは激減していました。

今年度最後のチャンスかと思い、やってまいりました。

 

初めてのメンバーと、そして前にも来たけれど、鳥が指にとまることなく終了したメンバーが中心。

 

私が後ろを振り向いたら、この光景。

もうすでに、指を出しています。

しかも3人並んでいます。

 

ちょっと場所を変えて…

今年になって3回目の野鳥観察のリフレッシュ講座。

毎回来ていて気づいたのは、皆、指を引っ込めるのが早いこと。

「あ、もう無理かな~」と、あっさり諦めてしまうのです。

 

ほら、みんな。

鳥の立場になって考えてみてください。

「あ、とまることができる木(=指)発見」と思って近づいては離れて、離れては近づいて様子をみていたら…さっと手を引っ込められてしまいました。

驚きますよ、きっと。

あれ?なんだ?

消えた!

あんなにもかわいらしい鳥たちの心臓にこれ以上の「バクバク」は与えないでください。

 

…と、余計な会話をしつつ皆で待ってみました。

じーっとね。

 

 

じーっとね。

 

 

…すると、メンバーが驚きの声!

「あ、いずみさん!見ました?」

まあ、本当に申し訳ございません。

ちょっとまぶしくて、自分の目をこすっていて見そびれました。

(指に止まってくれたんですって!!シジュウカラが!!)

 

ひゅんっ!と体の間をすり抜ける鳥に、思わずびくっと驚いて動いてしまうメンバー。

(左の彼の表情に注目)

 

この日は、私たちがこうして散策をしていると、市役所水道課の車が通過したりして…せっかく集まってきた鳥が再度見当たらなくなってしまいました。

とても残念。

(でも、じつはこの車、私たちが指を出しながらじーっと佇んでいたので、しばらく遠くで停車して待ってくれていたようです。ご迷惑おかけしました。)


 

そろそろタイムアウト。

あ~、だんだん春が近づいてくるこの空。

「鳥は本当にかわいいですね~。萌えますね~。」とメンバー。

どんなことがあろうとも、日は、一日一日過ぎてゆきます。

私たちも、自分たちの確かな歩みを進めていきましょう。

いずみまさこ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お久しぶりです♪ ~面談で来所したメンバー~

2017年03月25日 | その他

紙風船には、就職して働いているメンバー、就職ではなく、他事業所への通所や療養のため対処したメンバーが面談にいらっしゃることがあります。

できるだけその人に必要な事情を鑑みて…週3回~2か月に1回等頻度も様々です。

 

面談でお話しするスタッフは決めているので、それ以外のスタッフはもちろん他の仕事をしているためにお会いできないことも多いです。

 

玄関先で靴だけ見かけて

「あ、○○さん、元気にしているかな?」と想像したり…

スタッフの面談の報告を聞いて

「ご家族の体調がよくないと言っていたけれど、その後何かおっしゃっていましたか?」と確認したり…

 

本日来所はYSDさん。

いつも就労先で働いている姿をお見かけするものの、お話できるチャンスがなくて久しぶりにご挨拶できました!

とても綺麗な色のネクタイをしていらっしゃったので聞くと、大切な方に選んでいただいたのだとか…。

お願いして、写真を撮らせていただきました。

 

正面を向いていないのは、YSDさんに声をかけたくて私たち紙風船スタッフが集まっていたからです。

笑顔でおしゃべりに夢中。

はい、いまからネクタイが見えるようにジャンバーのチャックをおろして…

 

真顔。

パープル色が光っています。

 

やっぱりおしゃべり再開!

 

 

帰り間際の最後の一枚。

ブログに掲載するためにお電話したところ、快く了承していただきました。

笑顔が似合うYSDさん。

これからもどうぞよろしく。

いずみまさこ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お手洗い清掃もしっかり! ~緑ヶ丘展望台清掃実習~

2017年03月22日 | 就労訓練

お手洗いが綺麗なところって、とても気持ちが良いですよね。

私たち紙風船は、苫小牧緑ヶ丘公園展望台で清掃実習をおこなっております。

 

そろそろ雪も融けて、展望台へのお客様が増えてきます。

清掃中の看板でご迷惑をおかけすることもあるかもしれませんが、どうぞ遠慮なくお声かけください。

すぐにご利用いただけるお手洗いへご案内いたします。

(もちろん、メンバーが、ね。)

 

2017年3月、緑ヶ丘公園展望台の女性用トイレにウォシュレットが導入されました!

 

もちろん、しっかり清掃しておりますよ~。

 

他、1階から3階まで全フロアを清掃しています。

 

 

 

 

室内の展示品も、また増えました。

景色を眺めるだけではなく、どうぞみなさん展望台に遊びに来てくださいね。

いずみまさこ

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

柵のこちらがわ。2017年3月14日

2017年03月15日 | その他

いくらなんでも、鹿ちゃん居すぎ。

(金太郎池と日軽金の間の道です。)

 

走り出したら、鹿ちゃんにひかれそうで…怖くてたまりませんでした。

いずみまさこ

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

青白い光 ~生活力アップ講座2017年3月8日~

2017年03月09日 | 就労訓練

さて、おおむね1年に1度、紙風船ではこの「青白い光」を使用した生活力アップ講座をおこなっています。

テーマは手を洗うこと。

 

あ、「ふふん」と笑った方、あなどるなかれ。

みなさんの中で、幼稚園や小学校時代から言われ続けている「手洗いとうがいをする」という言葉、実践していらっしゃいますか?

 

 

就労訓練事業所である紙風船。

手洗いは、集団での訓練場所であることの感染予防という意味合いもございますが、やはり仕事をする生活の中でも気を付けることだと考えているからです。

最近では、相撲選手や野球選手が「インフルエンザで欠場」という報道もございます。

以前よりも周知されていますし、学級閉鎖、学校閉鎖のみの問題ではないことは明らかです。

また、清潔感や衛生管理という視点からも大切だと考えております。

 

本日、青白い光で試す前に少々説明を。

紙風船建物内でみんなの手が触れる箇所をあげてもらったり…(ホワイトボード右上)

汚れが付着しそうな体の部分をあげてもらったり…(ホワイトボード左下)

 

はい、では実践!

ボトルのクリームを手に塗り、青いライトにあててみました。

最初は気味が悪いくらいの真っ白さ!

 

さて、普段自分が手を洗っている通りにあらってみました。

 

チェック!

「え~!!爪のあたりの(白いの)がぜんぜん取れいていない…。」

 

はい、次は念入りに手洗い…。


 

実はこの2回目でもあまりかわらないという現実が…。

「え~!」の声も、大きさで表すと→「え~!!」 ←こんな感じです。

 

はい、では諦めずに3回目。しっかりしっかり洗ってきてください。

念入り念入りに洗う方と…

ちょっと諦めがちな方と…

反応は皆それぞれ。

 

さて、どうでしょう!

「さっきよりはいいけれど…やはり爪のところが白いまま…。」

「あ、あとここも。」と、掌の小指側側面を白く光らせていました。

洗っているようで、洗えていないものですね…。

 

また人によっては、「右手はいいけれど左手に白いのが残っている」と、左右差を教えてくれた人もいました。

 

それでね、最初のホワイトボードに付け足しました。(ホワイトボード左下)

洗い残しが多かった箇所。

◇指の背

◇掌 小指側

◇爪 (あら、ホワイトボードは「うり(瓜)」になっていますね。お恥ずかしい。お許しを。)

◇手首

◇手の甲

 

今日は白いクリームだけれど、これが汚れや雑菌と考えたら怖いものですね。

日頃の手洗いしっかりお願いします!

 

何度も手を洗いちょっと気持ちが疲れた皆さんでしたが、最後にハンドクリームを選んでもらって丁寧に塗りこみました。

甘い香り、フレッシュな香りさまざまでしたが…

とっても良い香りに包まれていて心地よかったです。

みなさんお疲れ様でした!

(汗と雑菌君との物語は、また体臭対策の時にお話ししましょう。)

いずみまさこ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ココトマカフェ&ラウンジ 清掃中

2017年03月06日 | メンバーの就労先にて

2017年3月5日、メンバーが働く職場に行ってまいりました。

ココトマラウンジ内のガラス拭きをおこなっております。

前日にイベントがあったからか…子供たちの手のひらの跡が多数。

自然とメンバーの手の動きもすばやくなっています…。

見ていたら、お客様がガラス越しに「ここ、まだ指紋があるよ」と教えてくださるではありませんか!

 

また、この日の午後は宮澤賢治の小説の朗読会があるとのこと。

その会場がわからずにお困りのお客様から声がかかります。

「あの~、スタジオ1って、どこですか?」

 

すっくと立ち上がり、「はい、こちらです。」とご案内するメンバー。

 

がんばっている姿に思わずニンマリ。

ふぁいと!

いずみまさこ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加