テリー・イシダの『独酌酔言』。

夜な夜な酒場で一人飲み、酔った勢いであれこれ、一言、申し上げます。

またまた言葉の話題です、「秋田犬」、これなんて読みます?まさかの読み方にビックリです~今日のお店:エッジの刺身が美味しい、新梅田食道街「奴」。

2017年01月11日 | 世の中

ちょっと時間早いですが、ここで一杯飲んでいきましょか、

いつも混んでますけどね、

ちわ、

大将がちゃんと差配して、入れてもらえます、

スイマセンな、ここ、ちょっと詰めてもらって、はい、こっち側へ、はい、

で、ここへお二人、入ってください、

ほな、ワタシは「はまち」と「鯛」ください、



ほら、立ち飲みとは思えないエッジの効いた刺身ですわ、

こら値打ちありますわな、

燗酒に刺身、今の季節はやっぱりこれですな、

ほんでね、今日もまた“言葉は移り変わる”ちゅう話なんですけどね、

聴いてもらえます、

いや、ワタシももう古い人間ですからね、

若い人の言葉遣いが気になるんですけどね、

そらまあ、しゃあない、言葉遣いちゅうのはどんどん移ろうもんですからね、

そやけどね、単語が変るのは結構気になりますわ、

それもね、この前話した“ジャンパー”が“ブルゾン”に変る、みたいな話ではなく、

字が一緒で読みがいつのまにか変ってる、ちゅうのが、ワタシ、最近とっても多いんですわ、

こらもう、ワタシの常識がおかしいんとちゃうかな、と生きていく自信無くしてますねん、

え!?そないたいそうな、って?

いやいや、それくらいワタシとしいぇは受け入れられへん“読み”があるんですわ、

最初はね、あんまり気になってなかったんですけどね、「世論」の読みですわ、

これ、なんと読みます、“ヨロン”、そうでっか~、

いや、ワタシはね、絶対にね、昔はね、NHKもね、“セロン”と読んでたような気がするんですが、、、

違いますかね、

まあ、これはエエんですわ、まあ、そうなんかな、という感じやったんでね、、、



最近、よく聞いて違和感アリアリなんが「茶道」、これなんと読みます?

ワタシはね、間違いなく、数十年前は“サドウ”って読みました、はい!

高校にあったのは「茶道部」=“サドウブ”でしたわ、

これがね、最近の放送では“チャドウ”って読むんですわ、これはおかしい!

なんでもね、本来“チャドウ”が正しいらしいんですが、、、ワタシはやっぱり“サドウ”やなあ、

まあ、これもワタシの勘違いかもしれんし、ちゃんと説明があるので許すとしてもね、

どうしても許せんのが、、、「秋田犬」ですわ、

これ、ワタシはずっと“アキタケン”と読んでいたのですが、

この前、別の立ち飲み屋でね、隣りのお客さんに教えてもらたんですが、

最近はね、「秋田犬」をね“アキタイヌ”と読むそうです、ほんまでっか?

それはないですよね、

「柴犬」は“シバケン”やけど、“シバイヌ”も、まあありましたな、たしかに、

しかし、“アキタイヌ”とは、、、これはないわ、、、そう読んだことない、

と、憤慨してたら、この前TVでね、なんと「松坂牛」をね“マツザカウシ”と読んでたんです、

アカン、こえはもうアキません、ワタシの常識はもうまったく崩壊です、

日本語はどないなってるんや、ホンマに、、、

え!?

アンタ、云うたらなんやけど、もともと常識おませんやん!!ってか、

ほっといとくれ!!

大将、燗酒、お代わり!!

【今日のお店:新梅田食道街「奴」】

大阪梅田の新梅田食道街、闇市の名残の狭い通路もガード下の食堂街ですが、

エエ店がいくつもあります、

その中で一番よく立ち寄るのがここ、立ち飲みの「奴」、



両側鈍角のコの字カウンターはパッと見10人ほどで満員ですが、、、

ダークに詰めたら15人くらい飲んでる時もあります^^)

ほんで、おすすめは刺身、とにかく刺身のクオリティが高いです、

エッジの効いた「はまち」や、





「鯛」、



「鰤」なんかが、



リーズナブルです、



前はね、刺身に醤油ぶっかけスタイルでしたが、

最近は醤油の小皿も出るようになりました、



他にも料理一品がカウンターにずらりと並んでます、

美味しい料理でちょっと一杯、

とっても幸せな気分になれるお店です、

ぜひ、一回入ってみてください、

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« またまた擬態語の話、「ドタ... | トップ | 過剰なサービスに慣れっこに... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。