テリー・イシダの『独酌酔言』。

夜な夜な酒場で一人飲み、酔った勢いであれこれ、一言、申し上げます。

関西でよう使う“必死のパッチ”、なんか、その様が浮かぶような言葉ですな~今日のお店:京橋の老舗立ち呑み「岡室酒店」。

2017年01月31日 | 世の中

このところ、また、よう来てるんですわ、

ええ、京橋ならね、ここが多いですな、

『きむらや』がね、なかなか入れない、ちゅうのもあるんですけどね^^)、

似た名前の店が2軒ありますけど、国道沿いの方の店ですわ、

随分昔からの立ち呑み、

ワタシもね、こういう立ち呑み巡りを趣味にする随分前にね、

ここに連れて来てもらったんです、



なんちゅうか、老舗、王道の角打ちですわな、

ほなまあ、カンパ~イ、ちゅうことで、、、

ところでね、またしょうもない話ですけど、ちょっと聞いてもらえます?

この前ね、たまたま本読んでたらね、英語で“脱帽”の事をね、

なんと“hat off to you
”とも云うんですわ、



そのままですやん!

は~、言葉が違ってもね、異国の人も考えることは一緒か、と感心したんですわ、



でね、よう考えるとね、、、

日本人が帽子を被るようになったんは明治以降、

そうすると“脱帽”と云う表現も、英語が先で、日本語は明治以降に出来たんか!!

って、閃いたんですわ、

これは発見とちゃいますか!!ねえ、

けどね、、、ちょっと調べると、これがまたややこしいですわ、


どうも、、、“脱帽”の語源は、中国から来てるようなんですわ、英語語源ではないようです、

一瞬、新発見かと思いましたけどね、

でね、他にこう、なんというか、身につけるもので、似た例え表現はないかと思いましてね、

調べてみたんです、

すぐ思いつくのが“袖の下”ですわ、

これは英語で“under the table”、やっぱりやましい金は隠すんですな、



ほかにはあんまりなかったですな、

“勝負は下駄をはくまで分からない”、

これは囲碁関係が語源みたいですが、英語には下駄に似た例え表現はないですわ、



“帯に短し襷に長し”、これも英語には似た例えはない、



ちゅうか、もう日本人でもこの感覚、若い人には分からへんのとちがうかな、

襷は駅伝で知ってるかもしれんけど、

帯に長さを知ってる若い人って、少ないですわな、



で、思い付いたんですけどね、

どう考えても面白いのが“必死のパッチ”、



これ、関西ではよう使いますよね、

君、東京出身やったね、関東ではどう?、、、

あんまり使わない、、、やはり、そうらしいですな、

この“必死のパッチ”の語源、

もっともらしいのは将棋関係の隠語という説、桂馬の両取りのパッチね、

これがまあイチ押しみたいですけどね、



他にも諸説いろいろありましてね、

ええ、いろいろあるんですわ、諸説、、、



ワタシが好きなんはね、こういうなんです、

着物を着てる時にね、『パッチが見えるくらい必死で走る』、

『尻からげをしてパッチ姿で必死で走る』ちゅう説なんですわ、



これこそ明治以降でしょう、パッチやからね、江戸時代にはありませわな、パッチ、

なんか、こう~、その必死さが伝わってくる、情景がこう浮かぶでしょ、



え?“尻からげ”ってなんですか??ってか、



そうかあ、それも分からんのやね、

あれやがな、見たことあるでしょう、着物をこうね、まくり上げて帯に差し込む姿、

あれが“尻からげ”ですやんか、



そうそう、吉本新喜劇で間寛平がやってるアブナイお爺さん、あの人が尻からげしてますわ、

あの爺さんこそ必死のパッチでしょ、

こう、尻からげして、ね、こう、ステッキを振り回して、

こう、バン!バン!とこうね!!バン!バン!



え!?お客さん、店内で暴れんといてください!!ってか、、、

ああ、ちょっとこう、興奮してしまいました、

必死のパッチでね、こう、、、バン!バン!と、、、スンマセン~





【今日のお店:京橋立ち飲み「岡室酒店」】

初めて行ったのが2001年頃、ある仕事でお世話になった方に連れてっていただきました、



京橋の国道1号線沿いの店です、

俗にいう“立ち呑みストリート”には「岡室直売所」がありますが、

それとは違う店、ルーツは同じみたいですけどね、



こちら「岡室酒店」は老舗感満載、王道の角打ちです、



料理も豊富であれこれ楽しめます、





日本酒はコップ酒、



キャパもそこそこある、女性客も多いので安心です、



そうそう、もう10年以上前になるかな、

サントリーの焼酎「それから」のCMで木村クンと大西ユカリさんが共演した時も、

この店でロケやってましたね、

ちらっと、知ってる顔が写ってましたわ、



とにかく、気分穏やかにゆっくり飲めるエエ店です、

1回、行ってみてください、

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« だんだん年賀状を作るモチベ... | トップ | 昔からこういう言葉遊びは盛... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。