ゴルフの裏ワザ

ゴルフの情報番組です

【ゴルフの裏ワザ】ボールに近くたてば...。

2017-07-11 21:31:17 | ゴルフ
ボールに近く、たってみて、わかること



グレッグノーマンは、全英オープン2008で見事なショットの数々を見せた。
競技生活から長く遠ざかっていた53歳のプレイヤーが、一体どうやって?その秘密は、アドレスで若干ボールに近く立つことだった。

腕と上半身でスウィングしがちなアマは特にそうだが、プロでさえ時としてボールから2~3センチ遠くに立って屈んだアドレスをする傾向がある。

全英オープン2007で12位タイになったタイガーウッズ)がそうであった。
コーチのハンクヘイニィ)との共同作業を経て、
次に登場した時のTigerは、明らかに背を伸ばし、ボールに近く立っていた。
彼はその後13のトーナメントに出場し、10の優勝をもぎとった。

ボールに近く立つことはバランスを改善し、両腕が身体に近くなるせいで身体との結びつきを良くする。

このアドレスはまた、両腕の正しいプレーンを維持しながらヒッティングゾーンに下ろす際に邪魔になる腰部を、早期にターゲット方向に開くことを強制するものでもある。

この下半身のアグレッシヴな回転は、インパクトで全身を振りほどくことに繋がるもので、パワーと正確さの鍵となるものである。


グレッグノーマンは次のように述べている。
『全盛期の頃の私は、常にボールに近く立っていた。

【ゴルフの裏ワザ】ボールに近くたてば...。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ゴルフの裏ワザ】グラスバ... | トップ | 【ゴルフの裏ワザ】シングル... »

コメントを投稿

ゴルフ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。