ゴルフの裏ワザ

ゴルフの情報番組です

【ゴルフの裏ワザ】SWよりもPWを選ぶ理由

2017-07-29 22:40:12 | ゴルフ
ピンまで25ヤード、SWで寄せたくなる距離だ
アマにはPWのほうが寄せやすい、理由はスピン量のばらつきです

シングルのスピン量の変化

SW:1500~5000回転
PW:2000~3500回転

SWで距離が合いにくいのは、スピン量がばらつくからです
PWはその点、ころがしが前提なので、スピン量が安定し、ばらつきが少ないことになります。

46度のPWは58度のSWに比べたら、エッジが出ていないから、フェースの下に当たって、ミスヒットが少ない。

単品PWの場合は、バンスで打つように設計されているので、バンスが大きく、エッジも丸いからより安定します。

寄せでSWのミスで、一番多いのがエッジが突き刺さるミスです
これは、構える時エッジを地面につけて構えると、エッジを意識しますから
バンスを使えず、ザックリとしてしまいます。

シャフトをハンドファーストにせず、まっすぐにして、バンスを意識します
バンスが地面についているから、ボールの下半球にエッジが入ることになります、
つまりバンスが使えるわけです。

手首をロックして、パターと同じように打つ
ショットのグリップは下半身が動きやすいので
グリップもパターと同じグリップにしておく

【ゴルフの裏ワザ】SWよりもPWを選ぶ理由
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【松居一代パニック!】 松... | トップ | 【松居一代パニック!】松居... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。