ゴルフの裏ワザ

ゴルフの情報番組です

【ゴルフの裏ワザ】バンカー 完全マスター

2017-04-21 21:09:14 | ゴルフ
完全マスター保存版

バンカーではホームランより、バンカーから出ないケースが多い

プロ達はバンカーに入れる方が、寄せやすいなどと言っています

プロの場バンカー 合は砂質が良好で、足跡がないよう整備されていますから、プロ達にとってバンカーショットはやさしいのは当たり前です。

アマはバンカーからいつでも、問題なく出せるようにしておきたいものです

サンドウエッジはバンスで砂に潜りすぎないよう設計されています

サンドウエッジのクラブ選択は56,58度のロフトで、バンス角が12、14度のモノを選びます、バンスが出張ってくれて砂に用意に潜らないように、設計されているサンドウエッジです、ただしフェアウエーではなるべく使わない方がいいでしょう、バンスではじくかれるかもしれませんので。

構えはピンの方向にスクエアーに構えます、フェアウエーでのアイアンショットと同じです。

ボールの5センチ手前にクラブのリーデイングウエッジを入れたいので、ボールはスタンスの中央より、若干ターゲットよりにセットします、クラブは、ボールから5センチ手前に手とクラブをセットします。

スクエアーに構えた場合は、リーデイングウエッジの入る位置は、手のある位置に必ず入ります

それが、てをボールの後方5センチにセットした理由です

そして、急角度で砂に入らないよう、クラブの手元を5センチほど下げて構えます

ボールを見ないで、できるだけゆっくり、フェアウエーなら、50ヤード打つつもりで、ボール手前を、クラブを開くことなくそのままで振りぬきます。

この練習を何回かやりますと、とる砂の量が一定となってきますから、薄くとりたい場合は、クラブを少し開けば、距離を伸ばすショットが打てます。

20~30ヤード必要なら、ピッチングウエッジ又は9番アイアンで同様のショットをします、これは練習しておかないといけません。


砂が硬い場合は、サンドウエッジのバンスがじゃまになりますから、アプローチウエッジを選びます。

【ゴルフの裏ワザ】バンカー 完全マスター
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ゴルフの裏ワザ】ハンデ別... | トップ | 【ゴルフの裏ワザ】70台のシ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。