ゴルフの裏ワザ

ゴルフの情報番組です

【ゴルフの裏ワザ】初心者のドライバースイング

2017-04-05 13:01:55 | ゴルフ
アドレスの構えはアイアンと大きくは変わらないが、ボールはスタンスの中央ではなく、左足かかとの内側線上に置くのが基本。
手の位置は顎の下辺りに来るようにし、体重は左右の足に 50/50 か 40/60 の比率で乗るようセット・アップするのが一般的。

ひざを若干まげ、股関節から前傾する13時ぐらい、お尻を突き出し 手はだらんと降ろした状態で
クラブを握る。


背骨を中心に 、肩の回転と同時に腕を引くように スイングを始動させる。ここではクラブヘッドを飛球線の後方に真っ直ぐ引くイメージだが、クラブをインサイドに、腕をフラットに引き過ぎないこと。
タテふりのイメージで、肩を回転させていく。

バック・スイングでは肩の回転が腕の振りをリードするように肩を確り回転させ、腕の振りを押さえ気味にしてクラブを引き上げていく。

バック・スイングで 体重は 通常 右足により乗ることになるが、体重移動は あまり大きくせずに 重心移動が最小限になるようなスイングにすることが望ましい。


背中がターゲットの方を向くような感覚で、 肩が確り回転すれば 、腕は然程振り上げなくとも 手の位置は 十分な高さまで上がる。


ダウンスイングでは腰がリードするようにして腕をゆっくり落として行くが、クラブヘッドが手よりも遅れて落ちるように 腕と手の力を抜く。
この時、右腕は体をこするようにインサイドに落ちてきて、インパクトを迎える

手が先行するイメージであれば、スライスとなり、ヘッドが先行するイメージであればフックとなる。

インパクトの直前まで 上半身の重心を右側に残すことがポイント
フォロースルーは、下半身で右足で蹴るような動きになり、左足1本で立つ



【ゴルフの裏ワザ】初心者のドライバースイング
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ゴルフの裏ワザ】レイトヒ... | トップ | 【ゴルフの裏ワザ】ベストス... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。