ゴルフの裏ワザ

ゴルフの情報番組です

【ゴルフの裏ワザ】こうスイングすれば レイトヒットができる

2017-06-15 21:03:31 | ゴルフ
左脇を締め挙げろ

「左脇を締め挙げろ」はスウィングの敵,チキンウィングを撲滅します

「これまでのゴルフ理論は誤った前提の上に築かれて来た。それは両方の腕が同じスピードでボールに向かって動くと思われていたことだ。@

上手いゴルファーはインパクト前の最後の最後までコックをほどかない。
右手首は折られたままインパクト・ゾーンに入って来る。
この場合、右手首は見事にインパクトで伸び切り、自然に右腕は左腕の上に覆いかぶさりながらフォロースルーへと進む。@


並のゴルファーは早めに右手首のコックを解いてしまう。
すると左腕だけが余りにも早くインパクト・ゾーンに突入してしまうことになり、右腕が追いつけず伸び切れない。
そこで並のゴルファーが本能的にやるのは左腕の動きをストップさせ右腕の到着を待つということだ。
左肘を折って左腕の進行を遅らす。これがチキンウィングの正体である。@



クラブ無しで手と腕だけでスウィング動作をしてみられたい。
アドレスし、左腕だけをターゲット方向に真っ直ぐ伸ばす。これがパワーを解き放った時のポジションである。

次に、右腕を同じ方向に精一杯伸ばしてみる。ゴルファーの左腕が奇妙なほど短いか、右腕が奇妙なほど長くない限り、右腕は左前腕部の半ばぐらいまでしか届かない。つまり、右腕が左腕に追いつくには左腕を“短くする”必要があるのだ。ただし、チキンウィングという解決策ではなく、別な方法で…」@

左腕をストップさせるチキンウィングがヘッドスピードを落とすことは明らかです。
では、どうやってチキンウィングを回避し、両腕が共に伸び切ったインパクトを迎えことが出来るか?ここからが、この項の“秘密”の核心になるわけです。

「ダウンスウィングで両腕が右腰の上に近づく頃、左脇を締める。
インパクト直前に左肩を挙げ(写真の赤矢印)、インパクト後すぐさま飛行線後方に引く(写真の青矢印)。
左腕は右腕が,かぶされるだけ“短く”なり、両腕は伸び切る。
伸ばすことが左腕を引っ込ませるという逆説的な動きである。

高速で走っている車がレンガ塀に激突すれば、ベルトを締めていない運転者はカタパルトで発射されたかのようにフロント・ガラスをぶち破って飛び出すだろう。
チャンピオンシップ・ゴルフにおいては、左腕がレンガ塀である。
左脇を締め挙げると、車の運転者を弾き飛ばしたような前方への勢いがボールを弾き飛ばす」@

インパクト時も締め上げられた左脇は、その後のフォローも絞められたまま、クラブが上がってくるのを見ているだろう

【ゴルフの裏ワザ】こうスイングすれば レイトヒットができる
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ゴルフの裏ワザ】クラブや... | トップ | 【ゴルフの裏ワザ】上級者へ... »

コメントを投稿

ゴルフ」カテゴリの最新記事