ゴルフの裏ワザ

ゴルフの情報番組です

【ゴルフの裏ワザ】上級者の飛距離を伸ばすトレーニング

2017-06-10 21:05:49 | ゴルフ

これは練習場のトレーニングに勝ると言われています
朝、歯を磨きながらスクワットするのと同じように、空いた時間に
行える飛ばすトレーニングです。

この一本の腕だけで振るスイングは、右腕と左腕の役割の理解に役立ちます
片手スイングの練習で脇を締め、体の回転で打つ事が出来るようになります
練習法 その1
 左手の最後の二本指でゴルフボールを握り締め、そしてリラックスさせる。これを出来るだけ繰り返す。これは手の力を強化するいい方法である。

練習法 その2
 左手だけでグリップし、身体の前で腕とシャフトが地面と平行になるように伸ばす。コックし、クラブが地面と直角になるようにする。左腕は真っ直ぐ、下方の三本指でしっかりクラブを握るように。これを20回繰り返す。20回終えたら、腕を垂らしてブラブラさせ、筋肉をリラックスさせる。繰り返しに慣れたら、5回を単位として回数を増やして行く。これは左腕と手首の強さを増す素晴らしい方法である。最初は難しいかも知れないが、この筋肉の鍛錬は何篭も練習ボールを打つのと同じように重要なことなのだ。

練習法 その3
 左手だけでグリップし、トップの形を作る。左腕は伸ばしたまま、手首は90°コックするように。40cmだけダウンスウィングの軌道でクラブを下ろし、またトップへと戻す。これを出来るだけ多く繰り返す。最後にフィニッシュまで行き、緊張を解き放つ。左腕を伸ばすことが正しく筋肉を鍛えることなので、完全に伸ばすように。この鍛錬は容易ではない。少ない繰り返しから始めて、徐々に増やして行くべきだ。最後に筋肉をリラックスさせることを忘れないように。

練習法 その4
 これはツァー・プロがショットの合間に行なっている方法である。左手だけでクラブを振る。左手だけで振ると、正しい肩の回転をしなければならず、手首のレイト・アンコックをもたらしてくれる。

練習法 その5
 右手だけで通常のグリップをする。親指と小指を外す。その三本指グリップでバックスウィングし、フィニッシュへと振り抜く。グリップが正しくないと、トップでクラブが滑り落ちてしまう。この練習をする際、右腕が出しゃばらないように訓練すること。右腕主導は手打ちの因だからだ」

【ゴルフの裏ワザ】上級者の飛距離を伸ばすトレーニング
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ゴルフの裏ワザ】プロのパ... | トップ | 【ゴルフの裏ワザ】ライン出... »

コメントを投稿

ゴルフ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。