ゴルフの裏ワザ

ゴルフの情報番組です

【ゴルフの裏ワザ】インパクトゾーンを長く使う

2017-07-15 21:33:15 | ゴルフ
やや高度なテクニックになるが、 インパクトゾーンで 手の甲の角度は 、そのままに 、前腕を 少し 回旋させ 、シャフトも ちょっと ターンさせて ロフトを殺すように 、フェースを低く 押し出すという技である。@

イメージ的にも さらに 低くボールを出す感じになる。

腕とクラブの両方が落ちてくる時は 手がクラブをリードし フェースも ロフトが 少し 殺されるような形になるが、腕の動きが止まって クラブヘッドだけが動くような状態になると フェースは その時点から 上を向いて行くことになる。

回旋という言葉を使ったが 要するに スーピネート させるのである。

プロネーションとスーピネーションとは

バック・スイング時に 右利きの場合 、左手の甲が上を向くように腕を 回転させる
この動きをプロネーションと言う、@
世界ナンバーワンの、ダックジョンソンや松山英樹の左手の甲は、バックスイングのトップで、上を向いています。

それを フォワード・スイングで 戻してきて、 インパクトでは左手の甲がターゲットを指すようにし、さらに、そこから フィニッシュにかけて その甲が下を向くように回転させる、この動きがスーピネーションと呼ばれています、@

このような回旋をすることによって、クラブ・ヘッドを 効率良く走らせることが出来る


その動きを 少し取り入れることで ボールを ソリッドに 芯で捉えられます 、インパクト・ゾーンは 何倍にも 長くなる。

インパクトゾーンが点ではなく、面でとらえられるのは非常に安心感と安定をもたらす

上手く コツを掴めば、 ボールを 芯で 確り捉える確率は 圧倒的に 高くなるだろう。

間違えたやり方をすると 逆効果になり兼ねないテクニックなので 上手く出来ないと感じた人は 、やめた方が良いかも知れないが、研究してみる価値のあるテクニックのはずだ。

右手首の「く」の字 をキープし 同時に 前腕をスーピネートさせて 、ロフトを殺すように フェースを低く 押し出すテクニックは 、 全てのショットに 応用可能な コンセプトである。

【ゴルフの裏ワザ】インパクトゾーンを長く使う
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【松居一代パニック!】大宮... | トップ | 【松居一代パニック!】ノー... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。