ゴルフの裏ワザ

ゴルフの情報番組です

【ゴルフの裏ワザ】ビハインド ザ ボールの教え

2017-07-06 21:31:19 | ゴルフ
ビハインド ザ ボール《ボールの後ろに留まる》ことは、古くから云われている鉄則です。

正確に云うと、「頭をボールの後ろに留める」わけですが。


「『パワーを増加させたければ、下半身をもっと活発に動かせ』と云われたことがある筈だ。
しかし、脚と腰を過度に動かすと、上半身もターゲット方向に動かす結果となり易い。それはまた、ひどいプルか、プル・スライスに繋がる。

そういう副作用を避けるには、スィングの間中ビハインド ザ ボール《ボールの後ろに留まれ》に集中することだ。

これは下半身の暴走を防ぎ、手・腕のフリーなスィングを助けてくれる。
それはまた、飛距離に繋がるドロー系の両手のリリース(振り抜き)も容易にしてくれる。


下半身を動かし、上半身を静止させるというのは矛盾して聞こえるかも知れない。
ドライヴァーを打つ時、ボール位置は左足踵の前方であるべきだ。
となれば、あなたの頭は当然ボールの後ろに位置する。

アドレスでは、頭はボールの右。ダウンスウィングでは、頭を静止させることによってインパクトで両手が顎を通過してターゲット方向に伸ばされるように感じるべきである。

もう一つ役に立つであろうポイントは、身体をボールと左耳を中心に回転させるというものだ。
インパクト前後では左耳を後方に留め、フォロースルーになって自然に頭が上がるまで保持するのがコツ」

ヘッドアップしないよう、視線と頭を維持する。

インパクト後は、頭が自然に上がり、左足1本でターゲット方向を向いて立つ

【ゴルフの裏ワザ】ビハインド ザ ボールの教え
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ゴルフの裏ワザ】クラブに... | トップ | 【ゴルフの裏ワザ】スウィン... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。