ゴルフの裏ワザ

ゴルフの情報番組です

【ゴルフの裏ワザ】リッキーファウラーのドライバー マイナーチエンジ

2017-04-29 21:33:04 | ゴルフ
リッキーファウラーは、ブッチ・ハーモンと組んでスイングのマイナーチェンジをしてきたそうです
2月のホンダクラシックでの優勝を目指すために、彼はドライバーシャフトを1インチを切って、43.5インチのモデルを使っていた。

途中で、シャフトとファウラーの左腕が形成する直角に注意してください。
「彼がここからやらなければならないことは、彼の肩を回すことです。
いったん屈曲した膝は安定性の証拠です。
「彼のベルトラインをチェックしてください。レベルは変わっていません」とハーモン氏は言います。「これは、ヒップのターンが後ろを回っていることだ」




43.5インチと1インチ短くしたドライバーは、コブラ『キング F7だ。昨年、ドライバーの方向性に苦しんでいたファウラーだが、ホンダ・クラシックの週はフェアウェイキープ率が67.86%と全体の17位と好調だった。
短くしたドライバーによって、方向性が向上したわけだ。

 面白いのは、飛距離が落ちていないことだ。
この週のドライビングディスタンスは、平均303.9ヤード。
最長で340ヤードを超えるロングドライブもあった。43.5インチのドライバーというと、30年前に一般的だった長さで、現在なら3番ウッドでもおかしくない。
一般的に言って、長くて重いクラブは振り遅れが出やすくなる。プロならそれを嫌って、左に出るミスもあり得る。

短くなれば、ヘッドスピードが落ちる可能性が高いが、何よりも振り切れることが重要なのかもしれない。
ファウラーのように、切り返しからスイングスピードが非常に速い、キレのあるスイングは、短めのシャフトと相性がいいだろう。





【ゴルフの裏ワザ】リッキーファウラーのドライバー マイナーチエンジ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ゴルフの裏ワザ】ベストゴ... | トップ | 【ゴルフの裏ワザ】プロのア... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。