ゴルフの裏ワザ

ゴルフの情報番組です

【ゴルフの裏ワザ】フェアウエーウッドの感覚

2017-07-14 21:32:47 | ゴルフ
「フェアウェイ・ウッドは、スウィングを変えるほどではないものの、フラット目の掃くようなスウィング・プレーンが望ましい。そのためにはいいライが必要だ。ボールが芝の上に出ていればいるほど掃くスウィングが可能になる。

いいライでなければ3番ウッドを使ってはならない。これを鉄則にすべきである。ボールがラフの中にある場合は5番ウッドか7番ウッドを使うこと。5番ウッドや7番ウッドはシャフトが短く、ボール位置もスタンス前方ではないので、草の中にあるボールと下降気味に接触して空中に抉り出すことが出来る。間違えてほしくないのだが、スウィングを変える必要はない。クラブのデザインに任せればいいのだ。

フェアウェイ・ウッドは掃くようなスウィングのためにデザインされている。スウィング弧の最低点でボールと接触するわけだから、ディヴォットを取ることはない。インパクトの瞬間、クラブヘッドは地面と水平に動くべきである。これは『浅い攻撃角度』と呼ばれる。それは飛行機の着陸時の角度に似ている。@

フェアウェイ・ウッドのセットアップは、ディヴォットを取るようにデザインされているアイアンとは全く異なるものである。
クラブのソール全体を地面につける。それが正しいシャフトの角度を示してくれるから、それに従ってアドレスする。
右肩を左肩より下げること。
頭の位置をチェック。上の二点が正しく実行されていれば、頭はボールより後方にあるはずだ。

もしダウンスウィングでグリップエンドが地面を指していたら、その角度は急過ぎる。フェアウェイ・ウッドのスウィング軌道はVの字ではなく、Uの字でなくてはならない。フェアウェイ・ウッドをうまく打つには、バックスウィングで体重を右に移し、ダウンスウィングの開始で体重を左に移すことだ。クラブヘッドは最初Uの字の垂直部分のように降下するが、インパクト・ゾーンではUの字の底辺の平らな部分に沿って動くイメージを持つとよい」

【ゴルフの裏ワザ】フェアウエーウッドの感覚
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ゴルフの裏ワザ】ピンは抜... | トップ | 【松居一代パニック!】大宮... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。