ゴルフの裏ワザ

ゴルフの情報番組です

【ゴルフの裏ワザ】レイトヒットで両手を落とす

2017-04-04 21:58:06 | ゴルフ
レイトヒットで手を落とすとはどうゆうことか?
マーシャル・スミス



「ダウンスウィングの開始では、肩を廻すより前に両手を落とさなければならない。
しかし、これはゴルフで最も難しい部分だ。
私は息子がクラブを握れるようになってからすぐ、この動きを教え始めたが、彼が習得したのは15歳になった頃だ。それだけ練習が必要ということだ。

両手を落とすには、
1) ダウンスウィングで右手の内側によって右ポケットをこするイメージ。



2) トップで右肘が地面を指していること。
肘を引きつけておくことは自然に両手を落とすばかりでなく、スウィングを正しいプレーン上に保持しトップから打ちにいくことを防止する。

マーシャル・スミス、は「どうしてもうまくいかない人は右脇の下にハンケチを挟み、それを落とさないようにスウィングする」という練習法を薦めます。確かにレイト・ヒットにはなるのですが、スウィング・アークが小さくなりそうな恐れを感じます。



「クラブ無しで鏡の前に立つ。トップまで身体を廻してストップし、ダウンスウィングへの推移をスローモーションで実行する。

体重を左へ移動させた時、両肩が戻るのを許してはいけない。
下半身と、静止した上半身の分離を感じる。
これは、現実的には非常に些細な動きだが、絶対に必要な動きなのだ。
腰と共に戻ってしまう誘惑に抗すること。

同じスローモーションを6番アイアンを手に繰り返す。
両肩を静止させる感じを掴むことから始める。
何度か最後まで通してスウィングする。ここでの目標は、この新しい動きが以前のものと違うことを認識することだ。

ダウンスウィングの開始で、両腕とクラブがインサイドに落ちることに気付くだろう。上半身、下半身の分離によって生み出された、ムチのような感覚も理解し始めるに違いない。
練習場でボールをティーアップし、7番アイアンを使う。ターゲットのやや右へ向うショットを指向する。これは過去のショットと反対のものだ。
練習の最後はメカニカルなことを考えないでアイアンを打つ。アドレスとターゲットだけに集中すること」


【ゴルフの裏ワザ】レイトヒットで両手を落とす
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ゴルフの裏ワザ】ベン・ホ... | トップ | 【ゴルフの裏ワザ】初心者の... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。