ゴルフの裏ワザ

ゴルフの情報番組です

【ゴルフの裏ワザ】うまいゴルファーは腕があごの下を通過する

2017-02-22 09:54:49 | ゴルフ

「頭をじっとさせたまま、下半身でダウンスウィングをリードすべきであるということは、いくら強調しても強調し足りない思いだ。あなたは顎を通過してスウィングする感覚、ターゲット方向に腰と脚が顎を通過しても頭を後方に残す感覚を作り出さねばならない。そのフィーリングを云い表すベストの方法は、《完全に頭の下方でスウィングする》ということだ。あなたの体は顎の突端を通過するが、頭が動く前に腕はフォロースルーへと振り抜かれる。



インパクトの瞬間、多くのゴルファーがあまりにも急速に体と頭を持ち上げ、それに続いて左肩を回転させる。彼らは背を伸ばした体勢でボールを見ることになってしまう。彼らはたまにはいいショットを打てるかも知れないが、プレッシャーがかかると、この左サイドで伸び上がる癖を誇大に行うことになる。これはヒッカケやダフリ、トップなど無数のエラーの原因となり得る。


一方、上手いプレイヤーは膝を曲げ続け、左サイドでリードし、頭を後方に残しながら、インパクト・エリアで低く長く留まる。右サイドは、上がったり身体の周りを廻るのでなく、下方に向かい、クラブヘッドの軌道は可能な限り低く、ショットの後半でボールを追いかける。
アイアンでは、ボールと接触する時になおも下降軌道を辿る。ドライヴァーではボールはスタンスのやや前方でプレイされ、水平の軌道、あるいはインパクトでやや上昇気味の軌道を辿る。こういう風にスウィングするゴルファーは、ボールをよりソリッドによりストレートに打てる筈だ










【ゴルフの裏ワザ】うまいゴルファーは腕があごの下を通過する


[parts:eNozsjJkhAOz1FQjkyTTlLC8

1JyMwAhXD89iJjMTAyZjMwMmAyYEcHBwAAAWCQk3]
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ゴルフの裏ワザ】チッピン... | トップ | 【ゴルフの裏ワザ】50ヤード... »

コメントを投稿

ゴルフ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。