ゴルフの裏ワザ

ゴルフの情報番組です

【ゴルフの裏ワザ】クオーターで飛ばす

2017-04-25 21:18:37 | ゴルフ
********************************************************
英国のインストラクター  パースィ・ブーマー、『ゴルフの習得について』は名著として知られています。

パースィ・ブーマー は、欧州の数々のトーナメントで優勝しました。よく引用される彼の教えは「ビア樽の中でスウィングするように身体を廻せ」というものです。

しっかりと地面を踏ん張る足によるスウィングがゴルフの基本。
手と腕ではない。手と腕はゴルフ・ショットのパワーを生み出す要因ではなく、クラブヘッドと下半身の連結点でしかない。
パワーは足、脚、そして腰から来るものである。

クラブヘッドのスピードを上げるのは速いスウィング・スピードではない。
ヘッド・スピードを最大限に上げる秘訣は、クラブヘッドを他の全ての動きよりも遅らすことである。

これを実行するには、手首を緩やかなフリーの状態にしておかねばならない。
何ものにも妨害されないフリーな手首である。
ボールの行方をコントロールしようとする動きは手首を硬直させ、結果としてクラブヘッドのスピードをダウンさせる。

“打つ”のではなく“スウィング”である。
掃くようなスウィングの途中にたまたまボールがあると考えるべきである。
これが最大のヘッド・スピードをもたらす。

ボールの位置がスウィング軌道の中心と考えてはいけない。
ボールの前ではなく、ボールを通過した直後で最大のヘッド・スピードを達成しなくてはならない。
ボールを通過した1ヤード(約90cm)付近で加速のクライマックスを迎えられるのは、スリー・クウォーター・スウィングだけである(オーヴァー・スウィングのパワーは、ボール到達のずっと前に弱まってしまう)。

ごく楽にクラブを振った際に、驚くような距離が得られるのはこのためである。
トップでは戻りのパワーを待たねばならない。右腕で意図的に引っ張るのではなく、身体が引っ張るのを待つ。足と脚の始動を待つ。動きの中で待つ。

ゴルフのリズムはクラブヘッドをぐずぐずと引き摺る感覚である。
これは脚のパワーから得られるもので、脚のパワーは左方向への回転に備えている腰によってコントロールされている。
これらが自由で何ら束縛されない状態で、腕を左半身の外側および周辺へと解き放つ」

『16歳の時に、ゆっくりした動きが腕力を凌ぐ二つの事例を発見した。一つはハンマー投げ、もう一つはクリケットのボールを投げる動作だ。これらを体験してから、私は出来るだけゆっくりスウィングすることにした。パワーは腰の下から得る。その結果、力まないでかなりの距離を稼ぐことが出来るようになった。

【ゴルフの裏ワザ】クオーターで飛ばす
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ゴルフの裏ワザ】ダステイ... | トップ | 【ゴルフの裏ワザ】フィルミ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。