ゴルフの裏ワザ

ゴルフの情報番組です

【ゴルフの裏ワザ】英雄になろうと思うな

2017-06-30 21:03:09 | ゴルフ
ゴルフには、一か八かは必要ない、それは失敗した時はっきりとわかる
冒険をしなくとも、向こうからチャンスがやってくるかもしれない

「一般ゴルファーの最も普遍的過ちの一つは、彼らの平均的ショットでなく、ごく希なベスト・ショットに基づいて決定を下すことだ。

もっと自分自身のゲームを虚心に見つめることを学ぶべきである。
自分の傾向を理解することによって、悪い決定を良いものに置き換えることが出来る。良い決定は、ダブル・ボギーを視界から追い出し、常にパーの可能性を残してくれる。

奇跡的ショットを必要とする唯一の場面は、奇跡しか問題解決の途がない場合である。フィル・ミケルソン)がメイジャーと無縁だった頃のプレイは攻撃的で、320ヤードのロング・ドライヴや、他人には真似出来ないようなフロップ・ショット(高あ~く上がってピタリと止まるショット)に自ら陶酔していた。

Mastersでついにメイジャー優勝を果たした時、彼が全く別な戦略を用いていたのは偶然ではない。
彼はドライヴァーによるフックを3番ウッドのフェードに置き換え、60°ウェッジに手を出さないでバンプ&ランを実施し、パターでチップすることさえした。
一言で云えば、フィル・ミケルソンはエゴを捨て、彼の持てる全てのショットを現実的に再評価し、選択肢に含めたのだ。

もちろん、あなたにも木の間を抜く英雄的ショットは可能である。
しかし、今それが必要だろうか?そういうことを試みて木を直撃し、トリプル・ボギーとなった惨事の数を数えてみるべきだ。

次のティーに向って歩く時、あなたの心はそのホールでティー・ショットをどう打つか考えるのではなく、『何故安全なプレイをしてボギーに留めなかったのか?』と前のホールの決定を悔やむことで一杯になる。
それが最後のホールであなたが1ダウン(マッチ・プレイの際、そのホールで勝たないと試合に負ける状態)なら、賭ける価値はあるかも知れない。
それ以外の全ての英雄的ショットは愚かな選択である。
低い確率であることはわかっている、しかし過去に2~3度成功している。
スコアも悪いので、これ以上たたきたくないと考えて、トライする。
案の定失敗してトリプルをたたき、その日のゴルフを台無しにする。

こんな時にはOKバーデイのようなチャンスはやってこない

事実経過から自分の愚かな決断を認識することを学んだら、そういう愚かな決断を避けることが次なる重要なステップだ。
様々なショットを学んで、豊かな選択肢を得るべきである」

【ゴルフの裏ワザ】英雄になろうと思うな
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ゴルフの裏ワザ】足がキー | トップ | 【ゴルフの裏ワザ】左腕を伸... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。