ゴルフの裏ワザ

ゴルフの情報番組です

【ゴルフの裏ワザ】どんなライからでもダフらない

2017-07-16 21:11:50 | ゴルフ
アイアンのダフリの多くの原因は、早めにコックをほどくからです

払い打とうとすると、コックが早めにほどけてダフります

昔のアイアンは、重心が高かったから打ち込んで、わらじのような
ターフを取っていました。

しかし、最近テレビなどでプロのトーナメントを見ていても、
大きなターフは取っていません。

それは、アイアンが低重心となってきたからです
ボールに先にコンタクトし、ボールの先のターフを取りますが、
ボールの先に着地することを重要視しています。

厳しいライの時の構え方は
左手のすぐ右に、クラブヘッドがあるぐらいのハンドファースト
に構える、左手をヘッドが絶対に追い越さないことがポイントです。
左手とヘッドのこの関係を、スイング中変えない、

ヘッドが左手を追い越すと、早めにヘッドが落ちてしまいダフル、
遅くなるとこれまた、遅れて降りてくるためダフりやすい。

両肩をあごの下に持ってきて、左肩が上がらないようにする
左肩が上がると、早めにヘッドが落ちてダフる
逆に左肩が下がると体が開いてしまう

これを確認する方法があります
バックスイングで左肩が、あごの左側にくっつきます
インパクトでは右肩が、右側のあごにくっつきます

胸骨をボールの真上にそろえ、ビハインドザボールの体勢から
、右ひざの位置をキープしてバックスイングに入り、
インパクトでは、両足を一気に伸ばしてターンする。


ダフリ防止のドリル 
クラブが下りてくるのを待たないと打てないドリルです、
どうしても打ちに行って、突っ込んでダフったり、
早く振ってしまおうとして、慌てて打ってダフルのを防ぎます。


ボールは右足前で、左足体重
真っすぐ80%の距離を打てればOK

体が開いて左肩が高くなると、ボールの手前をたたいてしまう
左脚を踏ん張れば、体が開かないので、クラブが下りてくる
来るのを待つ感覚がわかります


難しいが体が開かないから、上から打ち込める
待って打つ感覚が養われる
振りもコンパクトになります

【ゴルフの裏ワザ】どんなライからでもダフらない
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【松居一代パニック!】ノー... | トップ | 【松居一代パニック!】お父... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。