これで脂肪が燃えるの! 衣服内気流を変えた健康ファーストグッズ誕生! 簡単!着けるだけでダイエットが出来ます。

学会に発表された褐色脂肪細胞の寒冷刺激をヒントに実践。恒常性の体熱維持を促進して脂肪を燃焼。体を冷ます背中クールタイ

スゴイ!煙突効果とふいご作用、ポンピング現象で放熱を促進するとこんなに爽やかになる?

2017-06-21 | ブログです。「背中クールタイ」で皆さんを健康に導きます。

 

 スゴイ!煙突効果とふいご作用にポンピング現象で放熱を促進するとこんなに爽やかになる?

衣服内は活動を始めると気流が発生します。

気流が発生するとふいご作用で体感温度が下がります。

外部と背中の熱気を出し入れすることが出来る

背中クールタイはで煙突効果とポンピング現象で気流を促進して

放熱を高めるW効果で温度を下げます。

 

暑い夏が今年もやってくる。地球温暖化対策のため「クールビズ」が行われており、

夏の軽装も日本では定着してきた感がありますが外国人から見ると日本人は

礼儀正しく暑くてもどこでもスーツとネクタイと思っている人もいるようです。

 

夏場、快適な衣服内気候を実現するには、

服の中にこもった熱や湿気を逃がす必要がありますね。

クールビズもノーネクタイ、ノージャケット、開襟シャツなどを推奨しています。

 

「クールシェア汗の気化熱で体を冷ますグッズ」

ここにシュアしている背中クールタイの

衣服内気候を換えるのは?

比較実験を交え分析してみたいと思います。

 

汗の気化熱を促して冷ますのはもちろんのこと

衣服内は活動すると気流が発生します。

背中クールタイの筒状のバイパスが効果を発します。

 

初めての方も背中の襟元に指で隙間をつくり

胸もとを扇げば空気が動き指肌に風を感じます。

このように煙突効果に加えふいご作用で涼しさを促進します。

風を感じると体感温度が変わります。 

カシワ計算機(株)さんの体感温度、不快指数・高精度計算ソフトで

役に立つものがありますね。

早速使わせて頂きました。

背中クールタイを背中に入れると風を感じることから

気流が1秒で5㎝動くことを想定して

体感温度0.05m/sで計算して温度・湿度に体感温度を加え

 

比較実験グラフを作成して見ました。

 

体感温度を計算

出典ke!san

 不快指数・高精度計算ソフトも使いグラフに書き込んであります。

背中から熱だまりを煙突効果で排出すると効果がてきめんです。

不快指数

  

出典( ke!san不快指数・高精度計算サイト

 

もちろん同一運動、で温熱環境もほぼ同じ条件です。

背中クールタイを着けない日と

背中クールタイを着け背中に感じた体感温度に換算して比較してみました。

 

 

 

体感温度は風1m吹けば1℃下がると言われています。

背中にどんな方法であれ1秒間に5㎝の風で不快指数が約5%抑えられ

爽やかになるのが比較グラフにも表れています。

40分の軽い運動で背中クールタイを着けることで

衣服内の温度が抑えられ

汗も蒸発を促すので少なく爽やかに運動が出来ます。

一方着けなければ汗がでて衣類が濡れ暑くてたまりませんね。

 

 

 

    

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気化熱を促し冷ます実験 | トップ | testo スマートプローブを求... »

コメントを投稿

ブログです。「背中クールタイ」で皆さんを健康に導きます。」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL