ホラ吹き!?褐色脂肪細胞に多く含まれているミトコンドリアを寒冷刺激して活性化。脂肪を燃やし体重を減らすのを発見。日本初!

恒常性の体温調節を促し交感神経が「体温上げて」「体温下げて」と指令を出し脂肪を燃焼して痩せる。気化熱で冷ます効果が!

エッ! 着る衣服でメラメラ脂肪の燃え方が違うの?

2016-01-25 | 「背中クールタイ」ブログ

「背中ハッピー」です。 

日本に一つしかない「背中クールタイ」を愛用して散歩していると

背中から体の内部が見えてきます。

細胞学者の研究は電子顕微鏡とマウスが欠かせないと思いますが

「背中ハッピー」は運動して肩甲骨周りの褐色脂肪組織を

「背中クールタイ」で寒冷刺激を負荷して細胞を促し活性化させる方法を

体感することで直感的に温度湿度の数値を記録して

増減を比較実験することで効果を確認しています。

ですから

スタートして季節風の強い今は手袋していても冷たさが指先に伝わってきます。

足の指先にもです。

こんな時は頭部、胴体の体温を保温するので命優先で手足は後回しにされます。

交感神経の命令で活動しているなと思いを走らせます。

放置してしておれば霜焼けになります。なるとこるはそう思ってください。

比較実験するのに最初は散歩をする前に用を済ませて出たのでしたが

60分持たないでので45分に短縮しました。

これも保温の為に排尿を交感神経が速めていると勝手に想像しています。

歩き始めて20~30分(外気温度により)で体が温まってきます。

痛っ痒い指先が痒みに変わり背中が汗ばんできます。

寒さから身を守る為に脂肪を燃焼していたのが温まると

体温調節で気化熱で冷まし始めます。

 

運動中のホメオスタシスが背中の温度湿度で分かるのです。

 

運動後の大きな違いは

汗で濡れないのでスッキリしていること、、

いつもハラハラして体重計に乗ってメモリにくぎ付けになりますが、

毎回着けないより体重が減るのが確認できワクワクすることです。

運動中に寒さで脂肪を燃焼した熱を運ぶのは血液です。

血流でするのですから血液はサラサラでないとできません 。

チャッカリゴルフの練習も兼ねます。

道路の側溝、U字溝の規格寸法は60㎝ですので

一歩で1ヤード(約90㎝)ですので目地1.5本に合わせて歩きます。

スコアをまとめるのは寄せです。

こうして実験は終わりますが、

その日の天候、着ている衣服、時間帯、摂取食べ物、体の調子により変わります。

早速、

前回の実験での痩身差が出ない課題がありましたので

衣類に工夫をして午後の実験をした結果が

下記の合成グラフです。

衣服の着こなしで痩身差がありました。

20日が午前26日が午後です。

 

「背中ハッピー」くんの実験データをグラフにしているのですが 

「背中クールタイ」を着けての効果は個人差が出ると思ってください。

たとえば、

「背中ハッピー」くんの場合は発汗が背中から始まるのですが、

頭部に多い人がいます。気化熱で体を冷ますのは差し引いて考えてください。

また、基礎代謝の低い人は痩せる体質にするのに時間がかかりますので、

カテゴリーの「簡単、着けるだけで生活習慣病に一役」に詳細をご覧ください。

一つでカテゴリーに書いてあるような効果が出ますので

衣服の脇役で皆様をハッピーに出来ればと思っています。

  

まだ「背中クールタイ」は世に出ていません。

「背中ハッピー」自信の実験結果をブログで書いて載せています。

ホームページも作成中です。

準備出来次第予約販売します。

もう少しお待ちください。 

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハッピーなダイエット、脂肪... | トップ | エアコンで痩せる?ミトコン... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL