褐色脂肪細胞を寒冷刺激すると脂肪を燃焼する“おもしろい現象”を発見! 煙突効果で背中の熱溜まりの放出をして冷ます効果も

学者の動物実験をヒントに実践。ホメオスタシスを促進すると効果がスゴイ!寒さを負荷して脂肪燃焼。暑さを感じ体を冷ます。

testo スマートプローブを求めて。スマートフォンを使った新世代の測定器で見えたものは?

2017-06-28 | 今迄に無い商品です。新発想で衣服内気候を変えました。背中に不思議発見!

"信じられない"を信じてもらうのに

夏爽やかで冬暖かく、1階と2階の温度差のない家を理解してもらうのに

温度・湿度で説明しても信じてもらえません。判るのは住んでからです。

良い家に辿り着く人はほんの一握りです。少ないですね。

 

爽やかにする背中クールタイも理解してもらうのに

温度・湿度の比較グラフで説明をしてきました。

さらに衣服内の空気が襟元から排出する気流を測定をしてみました。

吸水速乾のインナーより爽やかにするのははっきりしているのですが

住まいと同じようになかなか信じてもらえません。

いいものは

目にも見えない

けどいいですね。

自然の姿なんだけど

でも、それを判ってもらえることが大変なのです。

 

皆様も五感で感じる空気の温度湿度であり臭いなどです。

ヒトを取り巻く環境、衣類、住まいから始まり、地域まで及びます。

 

その良さを判ってもらう暑い夏を過ごす証の一つを求め昨日は秋葉原へ行ってきました。

 

testoスマートプローブを求めてです。

スマートフォンを使った新世代の測定器です。

購入して日本語に翻訳してあるとはいえ横文字が多いので判りませんが、

スマホも対応する器種に変えて挑戦です。

 

今回の実験の目的は背中クールタイを着けて襟元から流れる温度の測定です。

証明できれば夏爽やかにする一端を担えます。

 

 

testo905in の説明書を見ながら試運転と言ったところでしょうか。

雰囲気温度、風温などの測定用気体温度ブローズ。スマートホンなどに

記録もでき、温度トレンドも把握できるとのことで悪戦苦闘です。

 

 

助手が少なくて・・・・・

 

 

操作も不慣れでスマホから送った表をグラフにしてみました。

14時49分20秒に背中クールタイを入れ51分00前に取りました。

 

まとめると室温26.5℃の室内で少し暑く感じても

背中クールタイから熱気が抜けていくのがよくわかりますね。

通気口の出口は30、8℃です。

(背中の温度は31.7℃)

 

今日の測定時は活動していないので煙突効果での結果です。

活動していれば衣服内に気流も発生してさらに気化熱を促します。

 

背中の熱気を抜けば体は爽やかになる証です。

 

こんなように住まいも夏爽やかな家もありますね。

住んでみて良い家がわかる家です。

いいものは

目にも見えなません

住まいも判ってもらえることが大変なのです。 

 

 

 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スゴイ!煙突効果とふいご作用... | トップ | WBS ワールドビジネスサテラ... »

コメントを投稿

今迄に無い商品です。新発想で衣服内気候を変えました。背中に不思議発見!」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL