背中に痩せる褐色脂肪脂肪細胞が有り脂肪燃焼効果を魔法の「背中クールタイ」で研究しています。

学会に発表された学者の動物実験をヒントに実践。脂肪を燃やす効果がスゴイ!一日30分ウォーキングで生活習慣病、癌予防も

寒さを感じさせ褐色脂肪細胞内のミトコンドリアを増やす「背中クールタイ」の使い方のお知らせです

2017-04-26 | お知らせ

おしらせ

ご案内です。

背中クールタイは温熱環境により使い分けができますので

カテゴリーも参考にして下さい。

1人でも多くの人に役に立ち貢献できればと思っています。

更新されたページもご覧ください。

3月から動画も始めましたのでご覧ください。

気化熱で体を冷まし体を森の中にいるような爽やかさを呼ぶクールビズグッズ、を動画で見る。

「褐色脂肪細胞を寒冷刺激」して活性化する動画はYAHOO!もGoogleも上位を独占

褐色脂肪細胞を寒冷刺激する開発商品で褐色脂肪細胞が活性化して増やします。動画で見られます。

衣服内気候の概念を覆すと、こんな効果が期待できます。

学会に発表された褐色脂肪細胞に関する参考文献集

30分ウォーキングに魔法の「背中クールタイ」!医学会も注目。癌予防も!

着物を着ると冬太りしにくい

 寒冷刺激ダイエットが四季を通して出来るk動画 

 

背中クールタイの着け方動画で見る 

 

寒さを感じさせ褐色脂肪細胞内のミトコンドリアを増やす「背中クールタイ」の使い方のお知らせです。

 

健康になる「背中クールタイ」のページにようこそ!

そして、お買い求め頂いたお客様有難うございます。

使い方、着け方など下記に記載ししてありますのでご覧ください。

 

このブログは背中ハッピー(本人のブログ名)が膝の炎症を和らげるのに筋力をつけて

体重を落とすことを目的に始めました。

続けているある日、干してある下着の背中部位に着いた汗の黄ばみにビックリして

この汗なんとかならないの?と考えたのです。

そして、汗の悩みを解消しようと思って考案したのが「背中クールタイ」です。

散歩して汗を掻くのが当たり前だと思っていたのが

汗の悩みを解消してくれました。(*^。^*)  

世の中便利になりにネットでいろいろ調べられます。

背中に関係することを調べているうちにドキッ! ドキッ! とすることがありました。

そう、脂肪を燃やす褐色脂肪細胞があることを知り「背中クールタイ」で比較実験をして

偶然に痩身差を確認したのです。目から鱗でした。

しばらくぶりに会う人には「どこか具合でも悪いのですか?」って聞かれます。

5Kg落とすと変わりますね。本人は至って健康ですが誤解される時もあります。

 

「背中クールタイ」ってなんでしょう。

 

「背中クールタイ」は魔法の力を持っています。

寒い環境では脂肪を燃やし、熱い環境では体を冷ましてくれるのです。

細胞学者のO教授からは「簡単な器具だね」

もう一人のK教授からは「おもしろい現象に良く気が付いたね」

「研究してください」ってエールを頂いております。よくテレビに出ていらっしゃいます。 

Dr、 S様にはアパレルを薦められてから衣服内気候の比較実験はブログに書いてある通りです。

 

「衣服内気候改革」ってホームページ、ブログで言っているのは

脊髄の周りに褐色脂肪細胞があり「背中クールタイ」が寒い環境にして

運動して最初から脂肪を燃やすことができ

皆様の健康に役立つと思うからです。

着けるだけで簡単に褐色脂肪細胞(ミトコンドリア)を増やすことが

出来るような方法は他に見当たりません。

あるとすれば背中丸出しで歩くか冷たい思いをして寒中水泳です。

 

NHK 大河ファンタジー 「精霊の守り人」 の原作者と医師との対談です。

 

「健康」って、なんだろう? 上橋菜穂子x津田篤太郎

両氏の対談からも気になる「運動をしましょうとか」「コレステロールのお薬飲んで」に

の対話を抜粋しました。健康の考え方が客観的に見えてくるものがあります。

 

技術が幸せを生み出しているわけではない

・・・・・「略」・・・・・ 

上橋 : 先ほど「お客様としての患者」のお話が出ましたが、患者がずっとお客様視点だというのは

いけないんじゃないかと思っているんですね。学ばないといけないことも、たくさんあると思う。

たとえば「患者さんがこれをしたらいいのにな」と思うことは、お医者さんからするといかがでしょうか?

 

津田 : 塩を少なめにとか、運動をしましょうとか、そういうことはいくらでもあるんですけどね。

でもそういうことだけではなくて、「病気を治すとはどういうことなのか」を考えることが

必要な時代になってきていると思います。

 ・・・・・

津田 : コレステロールのお薬を飲んで 、脳梗塞や心筋梗塞のリスクを減らす。10年から20年先のことを考えて、

今はなんの症状もない人にお薬を飲ませているわけです。

なので、「エンドポイント」をどこに定めるかで、何が理想の解決なのか、

そのためには何をしないといけないのかがずいぶんと変わってしまうんですね。

(文中敬称略)参考文献みんなのミシマガジン

 

津田先生との対談もそうですが、

健康に関しては背中ハッピーもアンテナを張っていますから

特に「運動をしましょう」とか「有酸素運動しましょう」は

ドクターからテレビ、雑誌でよく聞かれるのですが、運動の詳細については触れていません。

皆さんも運動さえすれば健康だと思っている方がほとんどです。が、

それも良いのですが脂肪を燃焼するのは実際には違うのです。

同じ運動をしてコレステロールを減らすのに寒い環境にして減ることは

まだマウスの実験の段階で世間にはあまり知られていません。

私個人の体感実験からの意見では

脂肪を燃焼させるのには運動に最初から寒さを感じさせることで

優先的に溜まっている脂肪を燃やすことです。

比較実験グラフにも記載していますので見て下さい。

血流を良くすることにもつながり健康になれます。

 

「健康」って、なんだろう?

自分の細胞の中にいるミトコンドリアを増やすことです。

 

 目的に合わせてご利用ください

 

使い方です。

  

通気層の出入り口になる通気口の開閉はご自身の感覚でお使いください。

通気を必要とするときは開けてください。

 

 カテゴリーも覗いてください。

比較実験が見られます。

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気化熱で体を冷まし体を森の... | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL