After Breath

思いつくまま、気の向くままに

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

パーソナルナンバー

2016-09-15 16:30:28 | 日記


                

                          


衝撃的にそのドラマは終わった!

アガサクリスティーの小説と同名だったから

ちょっとワクワクした! でも

なんだか良く解らない・・・

の連続で、ラストもやっぱり良く解らなかった?

細かい部分をぶっ飛ばして進んでいくから

理解に苦しみながら見た!

結局は、親子の愛憎劇だったんだが

そこに、パーソナルナンバーってやつが入ってきたので

ストーリーを解りにくくした?

そういうものがなければ、もっとシンプルに始まって

静かに終わったのかも?

一人一人に必ず番号が与えられていて

その番号がなければ存在しない人

ってことになって、そういう人々は隠れ暮らすことになる

一生日の目を見ることなく、影の存在として生き続けなければならない

どうしてそういうことが起こるかというと

番号の売買が行われているから・・・

ま~ありそうなことだね

お金のためにそれを売るってこともあるかもだし・・・

番号で支配される人間

そのシステムは危弱で、いとも簡単に消す(削除)ことができる

そもそもそういうものは危ないのだ!

作るのは人間で、壊すのも人間

今、うちらにも番号ついてるよね

まさかそれを売買したからって

今はまだ何も起こらないけど、これから先はどうか?

ってかもう売られてるかも?

免許証や保険証・パスポートの類は

偽造が存在するよね~?

この話はなんだかうすら寒い感じがした

近い将来起こりうるような気がしてね・・・





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ |   

日記」カテゴリの最新記事