SSSUUUの囲碁日記

広島県呉市のアマ三大棋戦広島県代表を夢見る碁打ちの日記(戯言)です


投了が敗着

2017年05月30日 11時46分53秒 | 実戦詰碁
昨日、幽玄で打った碁です。




白番でした。

序盤で打ちにくくしてしまい、中盤以降もなんだかんだ黒が厚く、劣勢から敗勢へ。

白2でも、黒は超安全運転のマイナス1目の手で(大石をわかりやすく2眼にする)、形勢は全然良いでしょう。

ですが、実戦心理的には、黒3を打ってしまいそうです。

黒3に対して、白4、6を決めて、白8とヤケクソの五目中手!

ここで、黒は秒読みに追われていたのもありますが、投了されました。

僕も、割り込みの筋も見えるし、「意外にも繋がってない」と思い込んでいて、相手の投了に納得しました。

興味深い局面でしたので、調子に乗ってtwitterでつぶやきました。

ところが、すぐにダメ出しを喰らいました(笑)。




黒1も頭には入っていましたが、冷静に考えると、2の割り込みは、右からアテられてダメ詰まりである。

つまり、この碁は投了が敗着だったのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6連覇

2017年05月29日 00時26分45秒 | 囲碁
僕のことではありません(笑)。

この土日、中国本因坊戦の3番勝負がありました。

山口のO野さんと、岡山のI井(真)さん。

中国地区の頂点を決める戦いに、広島が出てないのが悔しいですが、全国区同士の3番勝負なので、楽しみなカードでした。




土曜日は、例年通りなら山本プロの大盤解説なのですが、今回はモニターのみで、ちょっと残念><

碁は、序盤O野さんが打ちやすそうでしたが、明らかに失敗して、I井さんが先勝しました。




日曜日は、第2局と第3局。

この日は、例年通りI城先生が大盤解説。聞き手には、尾道のF島さん。

第2局は、O野さんがとてもマズイ碁。新聞に書いてた通り、本当に不調みたい。

3局目には、もつれそうにないなと思ったら、まさかのコウからチャンスが。
怒涛の追撃で、逆転。本当に強いなと思った。

解説会場では、ヨセの段階で、それでも白のI井さんが残るという人が多かったし、先生もそんな口ぶりでしたが、僕は上辺を黒地化したら、O野さんが勝つと思っていた。

うっかり「黒が良いと思います」と会場で発言して、白が良かったら恥ずかしいので、口にはしませんでしたが^^

第3局は、接戦。
大雑把計算では、白のI井さんがコミガカリかと思ってたのですが、終局したら、黒が良かった。

疑問に思い、じっくり数えてみた。
あ!たしかにO野さんの地が多い!

僕の形勢判断は、まだまだのようです。

O野さんは、これで6連覇。
来年も勝てば、I城先生の記録に並びます。

来年は、更に注目の3番勝負になることでしょう。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

2017/5/21 研究会

2017年05月21日 21時05分22秒 | 棋譜
今日は、5月の研究会でした。

リーグを更新しました。
朝日アマで県準優勝した、江田島のT島君の点数を、大幅アップ。

あと、I城先生の指示で、全然来ない人の名前を消すことになりました。

7名の参加。
僕の今日の対局は、I城先生と、T島君。それぞれ1局ずつ打ちました。



補足:黒28(53)、白55(58)

開幕戦は、I城先生との3子局(黒3目コミ出し)。

記憶が曖昧なので、白35、41、43の打ったタイミングが、正しいかどうかわかりません。
すみません。

左上を黒地にしつつ、中央も楽をしました。

普通なら黒ペースなのですが、黒98に、白99から噛み付かれました><

黒98では、隅に鉄柱くらいだったでしょうか。

白103では、104ハネと迷ったみたい。

いずれにせよ、黒ピンチ。98が敗着になるコースかと思われましたが...。

安全に黒を仕留めたはずの、白115、117が敗着となりました。

黒126、128、130を見落とし、生きてしまいました^^

白115で、126なら、隅の眼を取っても、気が遠くなる手数の攻め合い。黒ダメだったでしょう。

下辺で生きて以降は、チャンスを与えず、黒中押し勝ち。




2局目は、朝日アマ県準優勝のT島君と。

僕の白番(黒1目コミ出し)。
朝日アマでの活躍を考えると、どちらが上手なのやら、わかりませんな。

布石早々、定石通りの黒31と33が問題だったと思う。
この程度のことで勝負が決まったりはしませんが、白32、34と打たせてもらえると、配石から考えて、白を持ちたくない人はいないのではないでしょうか?

右上もあっさりと打たせてもらい、厚みを消しつつ、地も稼ぎ、白のペースだと思います。



補足:黒5(8の下、コウ取り)

ところが、この碁は中盤で噛み付かれてしまい、難しい碁形に。

なんと酷いことに、中央の大石はセキにしておけばいいのに、頭に血が上った僕は、コウに勝てると判断して白4。完全に力んでしまった><

黒9の特大のコウ立てを軽視していた。もう、こうなったら左辺を抜くしかないのだが、流石に碁は逆転。

左辺は、セキの場合と比べると、出入り33目だが、右上は50目を超えてると思います。

碁は、一応並べて、10目以上の差になりましたから、酷い判断だったということがわかる。

あと、セキを選べば、中央から下辺にノビてる黒2子を捨てられなくなりますので、下辺のヨセも違ってくるでしょう。

なんとまあ、酷い負け方です。

朝日アマで失った自信を、復活させるはずだった碁形だったのに、肝心なところで、激しい弱さが出ました(笑)。


点数低めだと思われるT島君も、無敵ではないようで、その後にM田さんに敗戦。

今回の研究会は、初日だというのに、全勝者も全敗者もいない、混戦スタートです。


さて、来週は中国本因坊戦の3番勝負の解説会を見に行く予定。

いつも通りなら、土曜日が山本プロの大盤解説。日曜日が、I城先生の大盤解説になるはずです。

準夜勤の週だから、土曜日も見に行けるかもしれない。楽しみだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボウシからの攻防

2017年05月20日 20時40分14秒 | 布石
朝まで仕事をして、今週の夜勤が終わりました。

夜の、幽玄での1局です。




僕の黒番。

布石早々ですが、白16に感心しました。

置き碁で、I城先生がこういう手をよく打ちますが、互先の碁だと、僕はほぼ打たれてないと思う。




右辺黒を上側にケイマで受けるか、右下黒をコスミかケイマで受けるか、悩みました。

しかし、善悪は別ですが、僕の一手は黒1からのツケノビ。

打ちすぎかもしれませんが、黒21と頑張ってみました。

中央黒はツライ形ですが、右下白も部分的には眼がありません。

実戦は、黒55で、白が投了されました。

右下の損は、下辺で寄りを戻せるかもしれませんが、右辺黒の好形(39、45)や、中央白の断点残りなどで、打つ気が失せたのかもしれませんね。




対局後に思いましたが、実戦の黒1とタケフにした局面。
白2と打たれたら、黒の雰囲気が良くなかったかもしれない。




黒1とダメを詰めるほうが良かったかな?

勝手読みかもしれませんが、例えば、こういうワカレになったりすると、黒がかったるいかなと思って、実戦のタケフにしたのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハメ手?の後の配石

2017年05月15日 16時15分51秒 | 布石
今週は、夜勤の週です。

昼に打った、幽玄での自戦譜。



僕の黒番でした。

左上白14は、久々に打たれました。

以前、同地区のM上さんに同じ手を打たれて、知識の無かった僕が、大ハマリを喰らったことがあります(笑)。

ただ、この手は「ハメ手」なのか、「定石」なのか、実はよくわかりません。

実戦は、白30までのワカレになりました。

josekipediaには載ってないワカレだけど、部分的に黒良しでしょうか?

後、黒の1と5の位置、白4の位置を考えると、配石的にも黒打ちやすいような気がします。

白は、18のときに、17の右にツケる変化のほうが良かったかもしれませんね。

この碁は、久しぶりに気分良く打ち切りました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フレンチ

2017年05月08日 11時52分36秒 | その他
昨日で、GWの9連休が終わりました。
今日から仕事です。

昨日は、結婚式の料理を除けば、初めてフレンチのコース料理をいただきました。




前菜(食べくさしでごめんなさい)




スープ




メイン(魚料理)




メイン(肉料理)




デザート(食べくさしでごめんなさい)


美味しかったです^^
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いち碁杯

2017年05月06日 20時52分21秒 | 囲碁
今日は、いち碁杯のアマ女流カップを観戦に行きました。

8人の女流アマのインストラクターのトーナメントです。

関東からの出場選手は、去年のペア碁選手権で対戦した、女流アマ日本一2回のO沢さん。
同じく、去年のペア碁選手権で日本ペア最上位に入った、S田さん。

関西からは、以前からO堂さんが友人だとおっしゃっていたF家さん。
立命館のK科さん。
他にも、F谷さん、U木さん、Wさん、Y本さんと、何度も聞いたことのある関西の女流アマの強豪が集結。

いち碁杯の、一般アマの方に出て、エアコンゲットを狙おうかと悩みましたが、この戦いが見たい気持ちのほうが上だった。




大盤解説は、準々決勝は、O沢さん対F家さん。
準決勝は、U木さん対K科さん。
決勝は、O沢さん対K科さん。




優勝は、O沢さんとなりました。

流石に強いです。




あと、次の一手クイズで正解して、瀬戸プロの棋書をゲットしました^^

ラッキー!




どんな問題だったかというと......(黒がK科さん。白がO沢さん。)

ここで、黒番の局面。

出された3択の手は......。(プロは、解説者以外は答えを知っています。)




平凡?本手?
とりあえず、これがA。




厳しく行く。これがB。




ま、これは強い人から見ると、選択肢にはなりませんね(笑)。これがC。




僕は、Bを選択。
正解のようで、安心しました。

黒1~3から、難しい碁になりました。

失礼ながら、意外にもBを選んだ人が少なく、棋書ゲットの確率が高くなりました。

これが問題集だったら、もしかしたらAかもしれませんが、僕はかったるい感じがしたので、Bにしました。

経験上、下辺と右辺の白が楽すると、右上が立派でも、意外と良くならないと思います。
左下と右下の黒地が、そこまで期待できず、右辺頼りになってしまって、アマされるような気がします。

とまあ、たまたま正解だったから、偉そうに書いてみました。
僕の見解なので、真に受けないでください(笑)。

解説のあった3局は、全て勉強になる碁ばかり。
とても良い1日でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/5/4 FF囲碁

2017年05月04日 23時45分40秒 | 棋譜
今日も、FFに行きました。

3局ほど打ちましたが、そのうち2局は強豪との対局です。




1局目は、帰郷してる若手に、2子で教えていただきました。
プロになるまでは、先で教えてもらおうかと思ってたけど、棋力的にはプロのようなものですし、置きました。

黒が丁寧に打っていたと思うのですが、左辺が薄くなり、白1のキリで悩みました。

実戦の白5までですと、細かくなる展開だろう。損をした。

黒2を利かさないと、1の右にアテて、グイグイ突破出来ないと判断したのです。

勿論、白は受けません。3とアテてきました。

ここで、黒はとりあえず5のツギで打たねばなりませんでした。

ここのミスが響き、2子のリードを守り切れず、黒2目負けとなりました。



補足:黒35(30の左)、黒37(26の左)

2局目は、岡山県トップクラスのK浦君と。
山陽本因坊戦では対局したことがありません。いつか戦いたかった打ち手です!

棋力的には、僕が黒番なのでしょうが、恐れ多くも互先(ニギリ)で教えていただくことに。

こういうときは、いつも白番が当たります(笑)。

黒55や、黒59を、K浦君は後悔していました。

しかし、僕も白62では、59の左を切らねばならなかった。

黒75も、白に眼形を与えてしまうことになり、後悔されていました。

白84に、黒85から無理やりキリに来るのは、想定外だった。

必殺のはずの白98は、地だけの問題で、手にすらないとは誤算だった。

白、下辺で苦しみましたが、頑張りました。

細かい碁のはずでしたが、ヨセが悪く、白7目半負け。
負けるにせよ、7目半負けするような碁ではなかったはずだが、仕方がない。

大物と互先で打てて、とても勉強になりました!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/5/3 FF囲碁

2017年05月03日 23時27分10秒 | 棋譜
今日は、FF(フラワーフェスティバル)に行きました。

初心者の男の子にルールを教えたり、8級の女の子と9子で打ったり、プロの指導碁を受けたりと、楽しい1日でした。

明日も行きます。






関西総本部の佐々木プロとの指導碁です。
3面打ち(4面のときもあった)の2子局でした。

黒22、白23の交換は、悪かった。
黒24は、25とノビたいのだが、臆してしまった。

左上黒が多少重くなりましたが、2子のリードが逆転には程遠いでしょう。

黒54は、打ってる最中は苦心の一手。基本的には、ツライ手のような気がする。

白61、63を後悔されていて、黒64~70までなり、黒有望になりました。

多面打ちの指導碁ということもあり、最後まで丁寧に打たせていただき、黒中押し勝ち。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

観戦と送別会

2017年04月30日 23時43分45秒 | 囲碁
今日は、朝日アマの県大会を観戦しました。
地区予選で負ければ、見に行くことはほとんどないのですが、夕方から広島市内で、会社の同僚の送別会があることもあり、見に行きました。

広島地区5人と、備後地区3人によるトーナメント。
結果は、事実上の呉地区代表とも言える、江田島のT島君が準優勝しました!

Y本君の壁は厚かったですが、大健闘です!
これなら、僕も負けた甲斐がありますよ(笑)。

優勝はY本君かもしれませんが、本大会のMVPはT島君でしょう!

さて、T島君の活躍は嬉しかったですが、危機感を感じました。

そりゃそうだ。
中国本因坊戦のときみたいに、ジュニアの大会と重なったりしない限り、6月のアマ本からは呉地区予選に出場するからだ。

呉地区は、I黒さんやO谷さんなど、県代表経験者達が衰えて、ここ3年前後は、消去法で僕の時代になってきた感じでした。

T島君の成長と、広大生の参加等で、地区のレベルアップは嬉しいことですが、県大会で戦う2人のうち1人は僕でありたい。

今回の出来事が、僕の棋力UPのきっかけになるのなら、感謝せねばなりませんね。


夜は、送別会で焼肉。

歳のせいか、夜勤のせいか、若い頃にあんなに食べれた焼肉が、そこまで食べれなかった。

食べ放題だから、ちょっと勿体なかったな。

あと、今回辞められた方は、囲碁初心者で、以前1度だけ呉支部で碁を教えたことのある方だ。
フラワーフェスティバルの囲碁ひろばに来れるかどうかわからないけど、とりあえず誘ってみた^^
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

若手

2017年04月24日 09時44分35秒 | 棋譜
昨日は、朝日アマの広島地区予選でした。

去年まであった呉地区予選が無くなって、広島:備後:呉の代表枠が4:2:2から、5:3:0になってしまいました。

今のところ、朝日アマだけですが、呉地区の人間は枠が欲しけりゃ、広島地区へ行かねばなりません。


抽選の結果、「3の組」に入りました。
アマ本で県代表経験のあるY川さんと、先週アマ棋聖を獲得したK西君が同ブロックにいますが、激戦区の広島地区のレベルを考えると、「比較的、楽な山」だと思います。

このブロックなら、呉地区予選と同レベルでしょう。

しかも、逆シード回避で、3勝で代表コース。



補足:白8(7の右)

1回戦は、S砂さんという方。

僕の白番。

黒1は、意地でも打ちたいかもしれません。

しかし、白2に黒3はマズイ。黒はマガリ(3の下)で生きですね。

結果的に、味良く大石GET。

白中押し勝ち。




2回戦は、H田さんという方。宮島本因坊戦で一度打ったことがあります。

僕の黒番。

順調な碁だったと思いますが、左辺の打ち方に問題があり、計画が狂いました。僕は、脆弱で悲しくなります。

多分、白4で左上付近に封鎖気味に打てば、ツブレは無くても、黒はツラかった。

左上で息を吹き返し、その後はヨセまくって、大差の黒中押し勝ちとなりました。

しかし、この碁は反省だな。




補足:白110(109の上)

さて、代表決定戦なのですが、K西君でもなく、Y川さんでもありません。
その2人を破った、同じ呉支部の研究会仲間、江田島のT島君です。

その2人に勝てるということは、僕より強い可能性も。

5月の研究会から、僕とは2子を卒業で、逆コミになる予定なのですが、考え直そうと思いました。

僕の白番です。

別に、みくびってたわけじゃないのですが、酷い目にあいました。

白42までは、そこそこの手応えでした。

白44は問題だった。

後に白50に戻るようではいけません。

黒65は問題のように思いますが、僕はもっと問題のある打ち方をしています。

白68は、実戦の最中はこの一手のように思ったのですが、固いところにトビマガリを打ってるし、これも問題だった。
単に、白70くらいだったか。

黒の勢いに、白が怖気づいています。
黒79、81に、白82ではダメだ。ここでも、問題だった。

81には、83と切り取るほうが良さそうだ。
利かしを気にして、82に石が行ってしまった。

黒101に、反発したのですが、うまくいきません。

返り討ちにするどころか、白のほうが味が悪くなり、形勢の悪化を拍車がかかります。

白128以降でも、必死のヨセが続くのですが、ヨセでもパンチを喰らいました(笑)。

白128の時点では、悪いながら並べる範囲の碁かもしれませんが、後に深いヨセの手を飲み込まれて、かなり大きな持ち込みになりました。

しかし、未練がましい僕は、整地まで行ってしまい、17目半負け><

こういうところは、ダメなものはダメなのだから、投げないといけませんでした。

野球でいうと、走攻守惨敗。
スコアでいうと、12-1くらいで負けた感覚です。

T島君が、短期間で急に強くなった可能性もある。

負けた腹いせじゃありませんが、僕の幹事としての権限で、研究会の点数は予定より上げさせていただきます(笑)。


負けたのは、本当に悔しいです。
負け方も酷かったので、会場を去った後も、何時間も凹んでいました。

でも、若手の囲碁仲間が活躍するところも、嬉しいものです。

あと、僕とT島君は、結果論ではありますが、事実上の呉地区代表決定戦でした。
県大会は、呉地区代表だと思って、応援(勉強)に行きます。(どのみち、30日は夕方から、広島で会社の同僚の送別会があるのだ)


さて、他の結果です。



1の組。
M月君とK西君の勝者が本命で、対抗がS村君だと思っていました。

碁の内容は見てないけど、S村君が代表に。
研究会仲間が、2人も代表入りしました。

T島君もそうですが、S村君も大人の大会では、初の枠抜けのようです。

2の組。
A富さんとY中さんが本命で、対抗がY岡さんかなと思っていました。

Y岡さん惜しかった。A富さんが代表に。




3の組。
今更ですが、K西君とY川さんの勝者を、僕がどう戦うかと思っていました。

結果は、書くまでもないですね^^
T島君のことを低く見過ぎていた。あの2人を整地まで行かせずに勝つのだから、凄い!

4の組。
文字通り、ここが「死のグループ」。

前回県代表で本命のY本君を筆頭に、前回準優勝のK賀君。広大囲碁部のO野木君とT中君。あとは、ベテランのT峰さん。S田さんやO崎さんも手強い。

僕とT島君以外の呉地区予選組で、代表決定戦に進んだのはT中君だけ。
あのY本君を相手にリードしていたらしいが、半目負けしたようだ。(T中君のtwitter情報)




5の組。
N浜さんとN崎さんが本命で、対抗がK松さんかなと思っていた。

K松さんは早々と負けたけど、やはり代表は、N崎さんとの一戦を制したN浜さんでした。


今回の県大会は、備後の3人も若いので、若手が6人もいます。

観戦が楽しみですな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

悔しい準優勝

2017年04月17日 11時06分49秒 | 囲碁


昨日は、かなやまでアマ棋聖戦がありました。

例年参加しているメンバーが何人も不参加ということもあり、Aクラスは、僅か10人ちょっとしか参加人数がいませんでした。

全国に繋がらない大会なので、選手層が薄いのは前から知っていましたが、少し寂しいですね。


僕は、1回戦シード。2回戦で廿日市のK玉さんと対局。白番でした。
一昨年のアマ本では、広島地区代表で県大会に進んでる方なので警戒していましたが、割と完勝でした。白番時間切れ勝ち。

早くも準決勝。同じ呉地区の、東広島のM田さん。黒番でした。
中盤で、小さい黒3子を取ってくれたため、打ちやすくなりました。
最後は、玉砕覚悟のシノギを潰して、黒番中押し勝ち。

早くも、決勝戦。

東広島のK西君との対局。

僕が勝てば、4年ぶり2度目の優勝。

K西君が勝てば、初優勝。
ちなみに、彼は3年連続準優勝中です。

また決勝で負けたら、イップスになるのではないかと嘆いていました(笑)。




僕の白番でした。

ボチボチの碁形かなと思っていたけど、黒1に、2のツギはあからさまにマズかった。
黒3で裂かれ形。

ここから、あちこちで白の苦戦が続きます。

なんとか潰れずに打ち続けられましたが、形勢逆転には至りませんでした。

最後は、半ば無謀な勝負手を打ちました。

黒優勢の局面が多かったとはいえ、考えないといけない局面が多かったため、黒も白も、持ち時間が危ないことに。

勝負手の潰れを確認して、投了しようとしたら、お互いの時計が落ちていました(笑)。

もしかしたら、黒の時計が落ちるのが早かった可能性もあります。

しかし、そんなことで異議申し立てしようとしても滑稽です。

素直に、負けを認めるしかありませんね。

僕にとっては、この大会は朝日アマの前哨戦という位置付けではありますが、やはり負けたくないものだ。
悔しい準優勝です。


K西君の実力を考えると、各種大会で優勝経験や、枠抜け経験がないのが不思議なくらいでした。
前から、彼の実力は認めています。
朝日アマでリベンジする機会があるといいな。

あと、今回はちょっと不安な面も。

夜勤の週だったとはいえ、たった3局しか打ってないのに、かなり疲れて、夜は頭痛がキツかった。

今週の朝日アマは、4回戦を覚悟しないといけないのに、こんなので大丈夫なのだろうか><

幸い、今週は準夜勤の週。
難しいことですが、出来るだけ仕事で疲れないように、1週間を終えたらいいなと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高血圧へ

2017年04月10日 18時03分00秒 | その他
加齢からか、仕事のストレスからか、今までは血圧の高いほうが100もいかなかったのに、先日の健康診断では120もあった。

思い起こしてみると、最近は頭痛がかなり少なくなった気もする。

ただ、数値は正常なのだけど、何年もしないうちに高血圧にならないか、不安ではある。

さて、今週は夜勤の週。
昼過ぎに2局打ったのだけど、酷いものでした。

サバけないし、頓死するしで、今日だけでなく、最近の碁は散々な出来です。

例えるなら、自分で計画したコースを歩いているのに、いつのまにか迷子になってる感じでしょうか。

次の日曜から、大会が2、3週間続くので、本番に向けて、なんとか調整していかないといけません。

今回のテーマは「マイペースで打つ」としておきましょう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/4/2 研究会

2017年04月02日 21時15分44秒 | 棋譜
今日は、4月の研究会でした。
8名の参加。

1局目、東広島のM田さん。白番(黒2目コミ出し)で、黒の無理を咎めて、白中押し勝ち。

2局目、広島のM野内君。2子(白3目コミ出し)。押されっぱなしで、勝った気がしませんでしたが、かなりヨセて、白4目勝ち。

3局目、広島のS田さん。白番(黒2目コミ出し)。中盤で、お互いに痛いミスが出ましたが、冷静になって丁寧にヨセて、白7目勝ち。




棋譜は、M野内君との2子局です。

右下の打ち方は、僕らしい打ち方ですが、置き碁の配石だと無理かのう。

黒は、右下から右辺にかけて、しっかり打っています。I城先生が褒めていました。

黒58で困りました。
2子をゲタで取られると、何やってるのかわからんので59に打ちましたが、多分、右辺は潰れコースだったと思います。

右辺は生かせていただきましたが、まだ苦戦は続きます。

黒70で、タケフに守るのは、流石に無理だろう。

白71と、3子を諦めることにしたのですが、黒72と、更に追及がきます。

黒76は、104が良いでしょうね。

黒104、106が、彼の実力から考えると、意外な緩着。

黒104では、104の上にケイマされたら、黒は負けない碁だったでしょう。

上辺のヨセもそうですが、中央にも白地がつき、最後は白が盤面7目の勝ち。

1局を通して、白がほぼ苦戦していたはずですが、ちょっとしたヨセの緩着で、白が勝ってしまってるという感じです。


結果はともかく、小学3年でこれだけの碁を打てるとは。

お世辞ではなく、才能を感じました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

半端な知識でハメ手

2017年04月01日 22時40分34秒 | 棋譜
夜勤明けの夜ですが、頑張って2局打ちました。

2局目の碁は、そりゃ酷いものだった。




補足:白20(19の右)

黒番の碁。

久々に、ハメ手?のような手にチャレンジ。

ただ、半端な知識でやると、酷い目に遭いました(笑)。

下辺の黒石が高いのはダメだ。

こりゃ、うっかりだ^^





うわわわわわわわわ......改めて、こりゃ酷い^^

気分は投了なんだけど、打ち続けました。

黒の変調というか、乱調というか、白もそれにお付き合いしてしまい、碁は黒9目半勝ちになりました。

碁は、勝ち切るのは難しいものです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加