SSSUUUの囲碁日記

広島県呉市のアマ三大棋戦広島県代表を夢見る碁打ちの日記(戯言)です


アウェイの洗礼

2017年03月26日 19時50分23秒 | 棋譜
今日は、中国本因坊戦の県大会でした。

会場は福山。
岡山へ行くよりは、随分楽ですが、それでも遠いもんは遠いですね(笑)。




僕の初戦は、東部地区代表、三原のM脇さんと。

M脇さんは、この大会は呉の代表とばかり当たります(笑)。

4年前の呉開催のときは、I黒さんと。去年の呉開催では、H原さんと当たりました。

いずれも呉が勝ち、アウェイの洗礼を浴びせたのですが、今回は僕が、まさにアウェイの洗礼を浴びてしまいました><




補足:白2(3の右)

僕の黒番。

中央黒がはっきりしませんが、下辺で大きく居直ろうとしたところです。

白2(3の右)が打ちすぎと後悔されていた手。

感触的には、中央白無理気味のように思えます。

しかし、結果は「後手で生き生き」という悲しい結末に。

おまけに、白46まで打たれるのでは、黒全然ダメ。

時間にも追われながら、必死にヨセましたが、7目半負けとなりました><




審判長のY松さんに言われたのは、この打ち方。

なるほど、白の全滅はなくとも、実戦よりは黒の良い未来が見える。

白2のときに、3の左へツケたらどうなるか、読みきれないけど、とりあえず言えるのは、実戦は最悪だということ。

左辺を白に頑張られた上に、黒の楽しみだった左下は、眼を簡単に間に合わされて、最悪ですよ。


仕方がありません。これが実力。

せっかく福山へ行ったので、最後まで観戦してきました。

N浜さんは、準決勝で惜しくもK賀君に敗れましたが、あの歳でもまだまだ強いです。感心します。

K賀君は、決勝の碁が少し、いや、かなり不本意な碁だったと思う。序盤から、かなり悪そうだった。

本命のY方さんが、優勝しました。

対局よりも観戦が多かったのが残念ですが、審判長のY松さんが毒舌ながらも気さくな方でしたので、楽しかったです^^
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

市呉

2017年03月21日 09時43分30秒 | 囲碁
日曜のセンバツの開幕戦。
市呉と至学館(愛知)の試合をTVで見ました。

市呉は、僕の母校ではありませんが、地元呉市の高校なので、いつも以上に応援に熱が入ります。

研究会のため、家を出るときは逆転されており、ああダメかなと思いましたが、対局中に同点に追いつき、更に延長戦で勝利。
呉支部も盛り上がりました。

2回戦は優勝候補筆頭の履正社(大阪)ですが、頑張ってください。


さて、もう日曜には福山で県大会があるのだが、案内がないというか、来ないというか。

場所が、備後本社というのは知ってるし、ナビもあるし、googleで建物も確認しているので、初めて行くことを考慮しても大丈夫だとは思うのですが。
裏の駐車場らしきところを、勝手に使ってもいいのかな。

去年、呉支部で県大会があったときは、福山の方が遅刻して不戦敗になってしまう、後味の悪いことがありました。
尾道と三原の2人は、かなり早い時間に着いていましたから、案内はあったのだと信じたいのですが。

中国本因坊戦の広島県大会は、会場が、広島→呉→福山の順に、1年ごとの持ち回り開催です。

広島は、呉の近所の地区なのもあり、僕にとって「準ホーム」ですから、全然問題ないのですが、福山は完全アウェイです。
しっかり、いろいろな意味で準備をして臨まなければなりません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/3/19 研究会

2017年03月19日 21時57分35秒 | 棋譜
今日は、3月の研究会でした。
新しく、広島からM野内君が加わり、8名の参加です。

1局目はO崎さんと。僕の白番(黒4目コミ出し)。
アマ大会や研究会では、僕のほうが成績が良いですが、直接対決では、いつも打ちにくい碁にされてしまう苦手な相手です。乗り越えねばなりません。

今回も序盤戦は良くなかったですが、勝負が終わるほどではありませんでした。
途中、黒の判断ミスで、断点を切断させていただいて、一気に勝ち碁になりました。

最後は、盤面で15目前後の勝ちでした。今回は、マシな碁が打てたように思います。

2局目は、I城先生に教えていただきました。

福山での県大会は、来週です。
置き碁とはいえ、強い方に教えていただきたいところです!




補足:黒14(35の左)、白43(54)、白115(118)

僕の3子置き碁。コミは黒2目出しです。

序盤から、両ガカリばかりになりましたね(笑)。置き碁とはいえ、結構珍しい。

白25は、先生らしい手。

実戦でも検討でも、気にしていなかった黒36ですが、今にして思うと、守るのは良くなかったかな?

黒48から黒56キリで、黒打ちやすいつもりでしたが、どうやら過大評価だったようです。

左上・左辺は、甘い打ち方になってしまった。

中央を過大評価してる故の打ち方です。

白85で、痺れました。

苦心の末の、黒86。

ここで、白の87と、すぐアクションを起こしたのが、厳しそうで、先生の失着でした。

中央付近に一手入れて、黒に85の一子を取らせるような展開にしなければならなかったようです。

白107も、黒108を打たれる前に、断点を出ていかないといけませんでした。
コウになるはずです。

黒108が打てて、なんとなくだけど一手勝ちかなと思いました。

黒122までで、やはり黒の一手勝ち。

黒中押し勝ちとなりました。久々に、先生を投げさせることが出来ました^^


さて、碁は上昇気流に乗ってるのですが、3点ほどショッキングなことが続いています。

仕事とプライベートの2点は書きません。

もう1点は、アマの大会のこと。

朝日アマの呉地区予選が廃止になってしまいました><

去年の参加人数が9人は、流石にまずかったようだ。しかも、代表枠が2枠。

代表自体は、僕とI黒さんでしたから、全然恥ずかしいことはないですし、県大会も初戦全滅はしていません。

しかし、そんなことは全然関係ないようですね。
やはり、参加人数はかなり大事な要素ということでしょう。

代表1枠で構わないから、存続できれば良かったのですが、わざわざ1枠のために、記者が記事を書くのもね...。

とりあえず、呉地区の人間は、広島地区へ流れることになるのですが、代表枠が気になる。

呉が広島へ流れてくるのですから、普通は、広島と備後で6:2なのでしょうが、僕の予想では5:3で折り合いをつけるのではないかと予想。

あと、毎日新聞のアマ本は、今年も呉地区予選があるようです。安心しました。
アマ本は、県本部が数年前からバックについていますから、簡単には呉地区予選が消滅しないのではないでしょうか。

中国本因坊戦は、今年の呉地区予選は、他の2地区と1枠あたりの人数が互角だったので、しばらくは安心でしょう。


地元での重要な地区予選が、1つ廃止になって残念ですが、時代の流れだと思って、受け入れるしかありませんな。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年・認定100問

2017年03月18日 21時47分48秒 | 囲碁
今回も、月刊碁ワールドの認定100問を、年末か年始に投稿しました。

結果は、95点。
簡単な問題を間違えて、広島県2位。

2年ぶりの広島県1位を逃しました><

間違えたのは.....

問9.....三間を守ってしまった。問題図までの手順を予想すると、たしかに守るのはおかしかったかもしれないな。実力だな。

問15.....僕の実戦感覚的に、どうしてもノビを選んでしまう。実戦で白にハネを許したら、多分、局後の検討でケチつけられそう(笑)。

問22.....たしかに、見たことある打ち込みだ。しかし、知識の有無もそうだけど、僕の実戦感覚的には、どうしても手が行かない。

問78.....普通に間違えた。実力不足。

問87.....これ!これなんですよ!高段なら、直観で打てるようなヨセ。当然、僕も直観ですぐわかります。ただ、先手とか、問題の意図のようなものを、深く考えすぎてしまいました。


解いてる最中は、98点はいける感触なんですが、実際は結構間違えてるんですよね。情けないです。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

楽観しながら粘ってる

2017年03月13日 12時33分45秒 | 棋譜
昨日の地区予選の棋譜というか、ハイライトです。




1回戦は、安浦のO谷さんとです。
この大会では、県代表が数回あり、幽玄も今は8段になってる実力者です。

今回は、僕とO谷さんの潰しあいと、I黒さん、M上さん、K畑さんの潰しあいが早々とあり、呉の元々の有力選手が代表決定戦までに、5人中最低でも3人が勝手に消える、なんとも勿体ない組み合わせとなりました。
その代わり、広大生同士でも潰しあいがありましたがね。

碁のほうは、白番でした。

難しい勝負だったと思うのですが、観戦者は口を揃えて、白が悪かったと言っていました(笑)。

黒が下辺の大きなヨセを打ったため、白はノゾキ(1の下)から勝負!

黒5のときがチャンス!白6で眼を奪いに行きます。

6の対して守っても、右辺でコウには出来ますから、無条件死というわけじゃないのですが、実戦は中央黒8子を譲ってくれましたので、白の勝ちを確信。

結果は、白3目半勝ち。

あれだけ得して3目半ということは、僕が悪かったようです。

かなり楽観しております。

結果論なのですが、楽観しながら打ちつつも粘ってる、という感じの碁でした。




補足:黒9(4の左)

2回戦は、海田のK松さんです。
赤旗名人戦では、毎年のように県大会へ進んでいる実力者です。

僕の黒番。

序盤早々、碁が動きます。
白が8と、利かしてきました。

別に、黒11と打って特別嫌なわけでもないのですが、黒9(4の左)と反撃しました。

18までは、一本道でしょう。

黒19~23で、白は抵抗を諦め、24~34と方針転換。

黒35は悩みました。
後手でも上辺を続けて打つか。
右上シマるか。
実戦の35か。

僕としては、左上で打ちやすくなったつもりでしたので、黒35を打って、右下の厚みとの連携を絶てば、勝ちやすい碁だと思いました。

右上も、大人しく言うことを聞きます。

しかし、今にして思えば、左上は過大評価だったみたいで、途中打ちにくくしていたようです。

勝負は、ヨセで大きく得して、最後は黒5目半勝ちとなりました。

あれだけヨセて、たったの5目半しか勝っていない。

どうやら、この碁も楽観しながら粘っていたようです><




代表決定戦は、広大生のO野木君。
初対戦です。

僕の黒番。

黒1のとき、白は3へノビれば、調子を与えませんでした。

黒7に対し、白ノビるのは、左下が怖いと思われる。

というわけで白8。

黒は、3の石を直接動いて良いことになるか微妙。
6の右にアテるのは、多分だけど論外。
7の右にノビるのは、左下白への圧力が乏しいので、白に上辺守られそう。

というわけで、黒9。

ここで、白は6の右にノビることも出来たかもしれませんが、10と守りました。

9に石が来れば、11のカケでしょう。

ここで優勢になりましたが、持ち時間が少なくなり、どんどん差が詰まりました。

1局と通すと、物凄いシーソーゲームだったと思います。

終局前は、相手も時間が怪しくなり、紳士なO野木君が、時計を止めてくださったのですが、多分、そのまま止めずに打ち切れば、白が半目くらい残ったようです。

物凄く運の良い、黒半目勝ちです。
この大会では、初の枠抜けです。

本当に紳士な方でした。

多分勝てていた代表決定戦の碁を、半目で落として、露骨に悔しがるわけでもなく、ふてくされることもなく、終始紳士な対応でした。

これは、お世辞じゃなく、本当に尊敬しました。

僕には、一生無理な対応かもしれません。最低でも、悔しがります。

O野木君の負けを無駄にしないためにも、2週間後の福山での県大会、全力で頑張ります!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ようやく枠抜け

2017年03月12日 23時53分36秒 | 囲碁
今日は、中国本因坊戦の呉地区予選でした。

前にも書いたとおり、呉の4つの主要大会で、唯一勝ち残ったことが出来ていない大会です。

今回、初めて2枠入りしました。
幸運があり、内容も喜べませんが、ほっとしております^^

2週間後、福山で県大会です!






今回の予選は、広大生3人や、広島地区代表クラスのY川さんも来ていて、いつも以上に枠抜けが大変だったはずです。

しかし、おかげで参加人数が19人。ほぼ20人と言えます。

19人も来るなんて、何年ぶりだろうか。

正直、いつまで呉地区予選が2枠でいられるか心配でしたからね。
いつもこのくらいいれば、大丈夫でしょう。




トーナメント表も、ベスト32のスペースを使うなんて、何年ぶりでしょうか。

代表は、僕とK畑さんになりました。

若い力の左ブロックと、実績のあるベテランの右ブロックになりました。

正直、I黒さん、M上さん、K畑さんが右端に固まったときは、呉の人間が代表取れるか心配でしたが(逆山も、僕が最近ヨレヨレなのでw)、結果的には一安心。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実戦不足

2017年03月04日 22時06分45秒 | 囲碁
碁の勉強そのものは、それなりにしてるつもりですが、実戦不足だ。
今日も、体調的に1局打つのが精一杯だった。意外にも、完勝だったけどね。

2月から、元々いた部署に戻り、夕方~深夜までの勤務と、深夜~朝までの勤務を1週間ごとに繰り返してるのだけど、後者の週はやはりキツイ。

幸いなのは、中国本因坊の予選のある12日と、県大会のある26日が、前者の週ということですね。

呉本因坊戦と、朝日と毎日の予選、中国本因坊戦の予選の4大会が、呉支部である主要大会です。
前者3大会は、ここ数年で五割以上の確率で負けずに大会を終われてますが、中国本因坊戦だけは、今でも呪われたように負ける。敗戦率100%です。

一昨年は、小ヨセの笑えるミス(先手のノゾキを打ったはずが、そこに断点がなかった)で、細かくなって大逆転負け。
去年も、中盤で手にしようとして、全持ち込みの悲劇(笑)。

いずれも、相手はM上さん。
強い人ですが、別に苦手な相手ではないのですがね。

また当たりそうな予感がします。

今年こそは県大会に進み、福山へ行きたいと思います。


そういえば、今週は中国新聞セレクトに、呉本因坊戦の棋譜が5日間載りました。

いつものように、楽しく読ませていただきましたが、ちょっとミスが多かったのが残念。

O谷さんの優勝回数7回は、実際は8回。
K畑さんの下の名前が違う。
僕は、2年ぶり3回目じゃなく、2年連続3回目の優勝。


ま、細かいことは気にするまい^^
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/2/26 研究会

2017年02月27日 14時24分49秒 | 棋譜
昨日は、2月の研究会でした。

8名の参加です。
呉から4人、広島から2人、東広島から1人、江田島から1人。

6連勤だったこともあり、少し疲れ気味でしたが、2子局を2局打ちました。




初戦は、I中さんと2子(白3目コミ出し)で対局。

左下は、確実に生きるなら三々入りなのでしょうが、白1、3を選択。

実戦は、白9まで大成功のワカレでしょう。

2子逆コミが、この程度で逆転にはなりませんが、これらの積み重ねで、置き碁は細かくなるものです。




僕が一番恐れていたのは、3の一子を取るワカレ。

これは、下手すると白はノックアウトかもしれません。

ただ、簡単に三々入りするのも、気が引けてね.....。




前図が一番厳しいのですが、実戦の図でも、黒8で、I城先生から指摘。

黒1と、こちらのほうへツギたいようだ。

なるほどね。

碁は、ポイントを積み重ねた白が、盤面では3目勝ちましたが、逆コミ3目なので、ジゴということになりました。




2局目は、江田島のT島君。2子(黒3目コミ出し)の手合いです。

黒が多少甘かったところこそあったものの、優勢を保っていましたが、黒2が敗着。

白3で、一瞬の逆転劇でした。

先日の、岡山での準決勝の序盤といい、有望な若手をハメようとしているわけじゃないのですが、上手くいってしまい、ごめんなさいという感じです><

局後、このミスをなしで整地まで行ったら、盤面黒4目、つまりコミを入れても黒が1目勝ちだったようです。

勝敗や目数やミスはともかく、この手応えは、幽玄7段には普通になれるでしょう。

まだ小5ですし、将来が楽しみですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第61回山陽本因坊戦2日目

2017年02月19日 20時57分24秒 | 棋譜
今日は、先週に引き続き、岡山へ行ってきました。

準々決勝からは、再抽選。

僕は、前回4位のY下さんとの対戦となりました。




補足:白72(71の下)、白122(117の上)

僕の黒番。
今大会、唯一の黒番での対局となりました。

左上は、まさか14、16と戦ってくるとは思わなかった。

まずまずの碁だったと思うけど、黒91は失着だった。

白92のマガリから、黒がマズい展開です。

91は、負ければ敗着だったでしょう。

左下で、白108が甘い手。
109と、切るしかなかったはず。

黒が左下で楽をした上に、白132も失着。手抜きで、黒生きています。

黒133は、「勝ちました」です。

最後は、黒19目半勝ちだったと思います。

初出場から、4年連続のベスト4進出です。いや、本当に出来過ぎです^^




準決勝は、中学生のM君です。注目の若手との対戦だ。

僕の白番。

右上、白8からの打ち方は、決して黒をハメようとしたわけではありません><
うまくいきすぎてしまいました。

白26は、悩んだんだけど、少し変だったかな。
どのみち、23の上の切りは狙えないし。

黒35には助けられたかな。

黒47からは、流石です。
多分、白はノックアウトされてもおかしくなかった。
白40は、生意気だったかな。

白76は、ビビッてしまった。
77の二段バネでいけそうだな。

76アテから、82に引っ張るのを警戒してたのだけど、下辺黒がもたないよな。

形勢は、ずっと悪いつもりで打っていたのだけど、意外にも白地多くて、ヨセ勝負に。

大きいところたくさん打たせていただいて、最後は盤面でも残りました。

白10目半勝ち。

しかし、結果とは裏腹に、僕のハートは折れ気味でした><

ま、とにかく2年連続の決勝進出です。




決勝は、大阪(岡山出身)のO野さんと。

前回準優勝VS前々回準優勝の対戦となりました。
といっても、相手のほうが格上です。激戦区の代表クラスですからね。

僕の白番。
このクラスの方が相手だと、せめて黒番が欲しいね><

序盤、右下のシチョウを睨んでの黒11は、当然理解できます。

僕がまだまだ弱かった頃に、シチョウのこと知らずに大ハマリしたことありますから(笑)。

白14に魅力を感じすぎてしまい、黒15を打たせたのは、今更ながら後悔。

68にハネて、15キリには、67アテた後、69にノビきる打ち方もあるみたいだ。
ここら辺は、完全に知識不足というか、勉強不足。

左下は、今話題のMasterが打ってた白44を打ってみた。

形勢悲観してる僕は、46から動きました。

意地でも白58を打つために、白56なんて損な手を打ったのに、59、61と切られるとは><

ツケコシみたいな行儀の良いキリばかり考えてるから、こんな簡単なことを見落とすのだ。

白94が、後悔の一手。

黒95で、形勢十分ですと言われてしまった><

もっと踏み込むべきだった。

黒の立場からすると、結構怖いらしい。

この碁は、多分12目半くらいの負けだと思われる。

実戦は、終局少し前の小ヨセでポカが出て(右上ダメ詰まりの後の26の石がアタリにされて、26の石を守れば隅が手になる)、泣く泣く石を捨てて、20目半負けまで広がってしまいましたが。

ま、勝敗や内容には関係ありません。

2年連続の準優勝です。

といっても、去年の準優勝とは、また別物ですが。
まあ、細かいことは気にするまい^^

しっかり切り替えて、3月の中国本因坊戦を頑張ります!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第61回山陽本因坊戦初日

2017年02月12日 21時23分09秒 | 棋譜
すっかり2月の恒例になった、岡山遠征に行ってきました。

4年連続の出場で、今回も8強入りすることが出来ました。

過去3年は、4位、4位、準優勝。

こ、今年こそは......と言いたいが、今回の参加者は特にレベルが高い。

元山陽本因坊&元中国本因坊のT田君、大阪のO野さん夫婦、過去に学生碁で活躍していたY田さんも出場されました。


さて、今回のトーナメントは、僕はシード権(前年度ベスト4以上)があるため、2回戦からの出場です。

4位、4位、準優勝ということは、3年連続シードなんだけど、実際に1回戦免除になったのは、これが初めてです。

去年までは、ただの組み合わせシードでしたから。

僕の山には、岡大囲碁部の現エースS平君がいるので、楽ブロックとは言い難かったのですが、対戦することはありませんでした。

S平君の思わぬ敗退で、気が緩んだと言われると、否定できないかもしれない。

昼食後の2回戦は、苦戦しました。




補足:黒13(22の左)、白16(15の右)

2回戦は、読み方がわからないけど、多分、K山さんという方。初対戦。

僕の白番。

右上、黒29までは、たまに見る打ち方。

とりあえず、白30にシマリました。

次の黒31にビックリ!

白32から反撃するものだろうという、固定観念があるのだけど、実戦は、白46まで、あまり白面白いとは思わない。

というか、白44は余計だったかな。

白38で、31の左にハネるのも、黒に右辺開かれて、居直られるのも嫌だしな。

上辺が窮屈になり、下辺白の勢力が消えて、苦戦しました。

碁は、大ヨセで黒のミスが続き、ボロボロになって、白中押し勝ちにこそなりましたが、反省しないといけません。




補足:黒31(30の右)、白44(51)

勝てばベスト8の3回戦は、K澤さんという方。去年は、8強入りされています。
あと、僕が初出場のときに、1回戦で対局した方ですね。

僕の白番。

黒23の後、単に三々を考えたのですが、工夫を感じないので、白24、黒25を交換して、三々入りしました。

もしかしたら、余計な工夫で、策に溺れてるかもしれませんが(笑)。

白が66と出たときに、黒67とオサえるとは思わなかった。

左辺で白が楽をした上に、地も大きいので、僕としては負けない碁だと思って打ちました。

中央を、87、91と分断されてきたときは、冷や汗をかきましたが、あとはほぼ完勝でしょうか。

最後は、盤面大差で、更に下辺黒が潰れてしまい、白中押し勝ちとなりました。


ベスト8は、岡山5、大阪2、広島1となりました。

他県からの刺客のようになっていて、毎年申し訳なく思うのですが、来週も頑張らせていただきます><





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第7回宮島本因坊戦

2017年02月05日 21時04分29秒 | 棋譜
今日は、宮島本因坊戦でした。

4年連続の出場です。
いつものように、東広島のF島さん、M田さんと共に、宮島へ行きました。

結果から言いますと、3人揃って初戦は突破したものの、2回戦で撃沈。

去年は準優勝した大会でしたから、不完全燃焼でしたね。





補足:黒13(28の上)、黒63(60の左)

2回戦で負けた碁です。
A富さんと。黒番。

左辺、左下の打ち方がマズく、黒は兄弟喧嘩のような碁形だ。

それでも、黒61からの反撃で、右辺で得して黒打ちやすくなったはずだ。

ただ、黒83はいけない。
白84と、耳に打たれると、雰囲気が悪い。

あと、85、86の交換も余計だ。
黒の薄みの足しになっていない。

それでも、実戦の最中は良いつもりで打っていました。

黒93、99、121と打てれば、下辺を白に打たれても、残しているつもりだった。

ですが、実際は微妙だった。

例によって、持ち時間(40分)がギリギリになり、ヨセられたのもありますが、まさか並べて盤面ジゴだとは思いませんでした。

つまり、まだまだ弱いということなのでしょう。

A富さんに、またも負かされた。
去年の朝日アマ県大会準々決勝では、持ち時間が長い(60分)こともあって、半目逃げ切りましたが、宮島ではいつもこんな感じで負けてるな。

気を取り直して、来週の山陽本因坊戦の初日を頑張ろうと思います。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

勝勢(多分)だけど、盤面広いとき

2017年02月01日 15時45分14秒 | 囲碁
今日の夜から、夜勤です。
しかも、久々の朝までの夜勤。(深夜までの準夜勤と、朝までの夜勤を一週間ごとに繰り返します)

昨日までは日勤だったので、朝~夕方までは自由なのもあり、幽玄で2局ほど打ちました。

2勝しましたが、2局目はかなり危なかった。




2局目の碁です。僕の黒番。

上辺は、部分的には白無条件死。
そして、左辺はフリカワリでした。

それらを考えると、黒は優勢、いや、勝勢だと思います。
た、多分だけどな!

しかし、勝勢を意識しつつも、次にどう打てばいいか悩ましかった。
盤面が、まだまだ広い碁だからな。

こういう碁は、負けまで緩んだりすることがある。




実戦は、上辺の僅かな味の悪さや利きも守る意味も込めて、控え目に中央を囲いました。

これで良かったのだろうか?

あるいは、下辺を割ったり、右下肩ツキとかのほうが良かっただろうか?

わからない。僕は弱いから。

実戦は、白に中央頑張られて焦ることになり、大慌てで下辺に入りシノギにいきました(笑)。

そのシノギも危うかったのですが、かろうじて生きて、ようやく勝利を確信。7目半残りました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

再び

2017年01月28日 23時22分25秒 | その他
今週は、日勤の2時間半の残業が続きました。
日勤になってからは、交代勤務のない仕事場でしたので、残業が多くなりやすいのです。

こんなに残業するのは、転職前の会社のサービス残業以来ですね。

ネット碁どころか、棋書勉強すら出来なかったので、さすがに今日のネット碁は、実戦不足がモロに出ましたね。
碁がフラついていました。

でも、仕事があることは良いことです。贅沢は言いません。

で、2月からなんですが、また異動になり、夜勤になります^^

個人的には、日勤のほうが好きですが、夜勤には夜勤のメリットがありますし、悲観はしておりません。

頑張ります!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/1/22 研究会

2017年01月22日 21時03分03秒 | 棋譜
今日は、1月の研究会でした。

途中参加も含めて、久々に9名集まりました。

呉から、sssuuu、I城先生、Wさん。そして、新加入のK下さんとI中さん。
広島から、S田さん、O崎さん、S村君。
江田島から、T島君。




補足:黒31(30の右)、黒65、71、77、83、89(54の右)、白68、74、80、86(92)、黒69(70の右)

初戦は、広島のS田さんとの対戦。
僕の白番で、黒2目コミ出しの手合いです。

S田さんらしい独特の布石に、僕も自分らしく地を取り、アマシの碁で対抗します。

左辺は大きいですが、36とポン抜けば、実利が好きな僕でも、やや白持ちです。

黒33では、30の下をアテなければいけませんでした。

黒53では、50の左をハネられると厳しかった。

黒59に対し、単に右下を守るのも癪なので、白60を打ちました。

しかし、すぐに黒65(54の右)からコウを仕掛けてくるとは思いませんでした。

白94と解消すれば、勝負ありとまでは言いませんが、多分白がやや打ちやすいでしょうか。

黒地が多く見えますが、中央黒に寄り付き、白が盤面4目残りました。
コミを含めて、白6目勝ちです。


棋譜は載せませんが、2戦目は、Wさんと2子白3目出しで打ちました。
力を出されて苦戦しましたが、最後は白中押し勝ちでした。




補足:白5(66の左)、白9(6の下)、黒10(1の下)、黒68(87)、黒74(71の左)、黒122(119の上)

3戦目は、研究会ダントツトップの点数を誇る、I城先生との3子黒2目コミ出しの手合い。

僕は、現在NO2の点数ですが、4子にどんどん近づいていきます(笑)。
僕自身が3子で打ち分けくらいしか勝ててないのもありますが、他の幽玄7段クラスの方々が3子でほとんど勝ててないので、仕方がありません。

昔のトップアマとはいえ、とても80歳の打つ碁とは思えない。

さて、僕の黒4が、早速甘そうな配石になった(笑)。
まあ、無意味とまではいかないから、まだまだ十分に打てるだろう。

黒32が、とてもマズかった。53あたりまで打たないといけなかった。
打った後に、速攻で後悔してるのだから、情けない><

別に、黒20の左へのツケなんて、そんなにビビらなくてもいいのだから。

黒40までは、気合で打った。

勿論、白41は厳しい。

この対局で、最大の失着は、黒54でした。

104付近へ、ハサんで戦う一手でした。

白65へ打たれ、黒は何をやっているのかわかりません。

右辺に黒がハサむか、白が守るかで、碁が全然違います。

先生曰く、白65に打つ展開になったことにより、3子のリードは、ほぼ無くなりました。

先生が後悔したのは、白93だけ。
右辺から打ち、右上黒を上辺に追い出すように打つほうが良かったようだ。

黒98からは、やけくそ気味の勝負手。

黒110は、下辺の二間トビを千切れないのなら、単に112でした。
おかしなことをしていますね(笑)。

こういう、下辺の白を取りにいかないと勝てない碁形を、3子も置いてる人が打ってはいけませんね。

この後も、いろいろやりましたが、最後は黒10目以上の負けでした。完敗です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

講師

2017年01月21日 23時46分12秒 | 囲碁
今日は、年末年始の連休後、初めての土曜日休みでした。

朝起きるのが楽なので、夜勤のときよりも土曜日を楽しむことができます。

久しぶりに、囲碁アミーゴに行きました。

若い初心者の方も複数人来て、楽しかったです。

実は、ブログには書いていませんでしたが、本日を最後に講師を辞めることになりました。
K西君も、先月を最後に辞めました。

といっても、出入り禁止ではなく、顔を出しに行くこと自体は全然OK。というか、歓迎されてるみたいですし、むしろ気楽になるかもしれませんね。

時代が変わる空気を感じますね。更なる発展を祈っております!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加