SSSUUUの囲碁日記

広島県呉市のアマ三大棋戦広島県代表を夢見る碁打ちの日記(戯言)です


運が良い男

2017年06月18日 21時06分08秒 | 棋譜
今日は、アマ本の呉地区予選。

去年は、3連敗したような内容で枠抜けしましたが、今回も、2連敗したような内容で枠抜けしました(笑)。

参加人数は、たったの9人。

参加人数は、大会の存続には関係するけど(今年の朝日アマは呉地区予選が無くなりましたから)、代表にはあまり関係ありません。
今の時代も、人数が多かった時代も、ほぼ同じ人が代表ですから。

しかし、今回の場合は別。
県代表多数のI黒さんと、仕事が忙しくなり始めるK畑さんが来なかったのが痛かったですね。

僕が若手のエースなら、I黒さんとK畑さんは、ベテランと中年のエースですからね。


さて、今日の悪いほうのハイライトです。




初戦の、東広島のM田さんとの碁。僕の白番。

形勢判断が難しい碁形だけど、中央は意外とガラガラに見えるし、左上にも御馳走が残っていますので、僕は打てるつもりでした。

しかし、白1が痛恨の失着。

そりゃそうだわ(笑)。受けるわけないよ。

一転して、窮地に陥りました><

しかし、碁は黒が時計を落としてしまい、時間切れ勝ちになりました。

なんという強運!




代表決定戦はM上さんと。僕の黒番。

息の長い碁になりそうな布石です。

黒1から、碁を動かしに行きました。
黒1では、8の打ち込みのほうが良かったのではないかという声もありました。

この対局は、黒7と白8の交換が致命的な失着でした。

魔が差したとしか思えません。

交換せずに、黒9のハサミツケ(4の下)を打たねばならなかった。

この失着は、「地を損した」だけのことではなく、全局へ影響しました。

何せ、下辺に開いてる黒の一団も、味が悪くなります。

交換が無ければ、黒は15の上に押していく感じが中々です。

下辺をイジメられて、その勢いで左辺もイジメられて、右辺もツメられて、あれよあれよと、碁は盤面でも足りなくなりました。




しかし、終盤で奇跡が起こります。

ヨセで、黒1に対し、白が応手を間違えて、下辺白を頓死に追い込みました!

黒中押し勝ちで、県大会進出を決めました。

さっさと、7の上にアテコミを打ってれば、白はこんな大惨事にはなりませんでした。

あと、白10は、11の右にアテて、コウにする以外になかった。

M上さんは完全に油断していて、局後に「どう打っても勝ちだと思っていた」と言われておりました。




代表決定戦の、検討の様子です。twitterからいただきました。

よく考えると、この時計、しっかり押さないと両方の時間が動くことがある、壊れてる時計だ。

押すところの蓋?が両方外れてるやつは、使ったらダメなの忘れてた(笑)。

今にして思うと、そういう意味でも危なかった。

1月の呉本因坊戦も、3月の中国本因坊戦の予選も、今回も、呉地区限定ではありますが、強運が続いています。

内容で言えば、こんなに勝ててるわけないのですが......。

本当に、僕は運が良い男だと思います^^

あと、もう1人の代表は、広大囲碁部のレギュラーの一角、T中君になりました。県大会は、共に頑張ろう!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 再々昇段 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL