SSSUUUの囲碁日記

広島県呉市のアマ三大棋戦広島県代表を夢見る碁打ちの日記(戯言)です


2017/7/16 研究会

2017年07月16日 20時01分27秒 | 棋譜
今日は、7月の研究会でした。

欠席者が多く、5人と少し寂しかったです。




1局目は、江田島のT島君。

僕の白番(黒1目コミ出し)です。

右上カケツギなので、白2と頑張る打ち方をしました。

実戦の黒3~白6なら、右上が固まり、左下も厚みが活きにくいので、白に不満なしかなと思います。

I城先生なら、黒3では、4に打つみたいです。なるほどね。

今回は、途中で手堅すぎる小さいヨセこそ打ちましたが、比較的冷静に打ち切ることが出来て、盤面ジゴで、コミ分の勝ち(白1目勝ち)。

T島君との対局は、彼が準優勝した朝日アマ以来、負けるイメージがついていて、早いうちに何とかしたかったので、とりあえず勝っておきたかった。




2局目は、東広島のM田さん。

僕の白番(黒1目コミ出し)です。

右辺のような兄弟喧嘩のような碁になったら、白は悪くなりにくいでしょう。

黒11は、16に打つかと思った。

I城先生は、黒21がカケツギになってないことに、信じられない様子でした(笑)。

白28は、流れでいえば、29と遮るところでしょうか。

6の左のキリに対し、怖気づいてしまい、28、30と妥協。

それでも、碁は白が打ちやすいとは思いますが。

この碁は、大差で白が良かったはずなのに、ヨセで自爆に近い手を打ち、細かくなりました。

それでも、なんとか盤面で1目残りました。コミを合わせて白2目勝ち。


序盤から終盤まで、安全運転で大差勝ちというのは、僕程度のアマでは難しいのでしょうが、もうちょっと丁寧にヨセなければなりませんね。

明日は、世界アマの予選。

調子が悪いとまではいきませんが、幽玄の大会といい、アマ本といい、波に乗れてない気がします。

焦っても仕方がないので、リラックスして、臨みたいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 甘い目論見・失意の敗退 | トップ | どうしても弱さが出る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL