SSSUUUの囲碁日記

広島県呉市のアマ三大棋戦広島県代表を夢見る碁打ちの日記(戯言)です


ボウシからの攻防

2017年05月20日 20時40分14秒 | 布石
朝まで仕事をして、今週の夜勤が終わりました。

夜の、幽玄での1局です。




僕の黒番。

布石早々ですが、白16に感心しました。

置き碁で、I城先生がこういう手をよく打ちますが、互先の碁だと、僕はほぼ打たれてないと思う。




右辺黒を上側にケイマで受けるか、右下黒をコスミかケイマで受けるか、悩みました。

しかし、善悪は別ですが、僕の一手は黒1からのツケノビ。

打ちすぎかもしれませんが、黒21と頑張ってみました。

中央黒はツライ形ですが、右下白も部分的には眼がありません。

実戦は、黒55で、白が投了されました。

右下の損は、下辺で寄りを戻せるかもしれませんが、右辺黒の好形(39、45)や、中央白の断点残りなどで、打つ気が失せたのかもしれませんね。




対局後に思いましたが、実戦の黒1とタケフにした局面。
白2と打たれたら、黒の雰囲気が良くなかったかもしれない。




黒1とダメを詰めるほうが良かったかな?

勝手読みかもしれませんが、例えば、こういうワカレになったりすると、黒がかったるいかなと思って、実戦のタケフにしたのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハメ手?の後の配石 | トップ | 2017/5/21 研究会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL